ピクシブ百科事典

MCチェケラ

えむしーちぇけら

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「ヘイ!YO!YO!YO! ヒューマギアと人間は生涯の仲間!」
「お前らとはもう絶交。俺の生き様、俺の自由。俺の愛で救う地球!」

演:副島淳

概要

飛電インテリジェンスが開発したラッパーヒューマギア。黒人風の容貌と大きなアフロヘアーが特徴。第28話に登場。

フリースタイルが得意で、日常でもラップで会話する。
しかし、ノリが良い反面、自己主張が強く曲がった事を嫌った性格であり、人間の命令をあまり聞かない一面を持っている。
ただラッパーとは、感情と本音のぶつけ合いによりお互いを理解し合い手を取り合う事を目的とした文化である事から、本質的には相手が自分へ心を開いてくれる事を強く信じる性分の様子。

だが、この世には心を開かず嘘と欺きで己を守る輩が存在しているのも事実であり、それに初めて出会い自分の性分を傷付けられて煽られた結果、ヒューマギア特有の純粋さも合わさって激昂。暴言を吐きながらの実力行使に走る様誘導されてしまった。

活躍

第28話

ZAIAとのお仕事5番勝負最終戦は、ヒューマギア自治都市構想を巡る住民投票においての「演説対決」で行われることになった。賛成派と反対派の代表が街頭演説で市民に訴え、その投票結果にて雌雄を決するルールである。ZAIAは当然反対派に付き、その代理人として市会議員の由藤政光を立ててきたが、法律で禁止されていて参政権を持たないヒューマギアには政治家型がいなかったため、同じように演説が得意ということでイズによってチェケラがスカウトされた。

対決本番では、オーソドックスな街頭演説でヒューマギア廃絶を訴える由藤に対し、これまで或人が接してきたヒューマギアとのエピソードを絡めたラップで「ヒューマギアは人類の仲間」とアピールし、若年層の人気をキャッチした。

その最中、由藤を支持する一般人の聴衆の中にZAIA社員が扮したサクラが紛れ込んでいることに気づいて由藤をマークし、後援会から賄賂を受け取る現場に或人とともに乱入して糾弾。その映像を、全国に生中継される公開討論番組の場にて暴露するが、ザイアスペックで偽装したアリバイ動画で潔白を主張し記憶にございませんとシラを切る由藤に激怒、或人の制止すら無視して食ってかかり、「汚え人間は滅びろ!」とまで叫んでしまう。さらに天津垓ゼツメライザーを渡され挑発されたことで怒りが頂点に達し、自らの意志で装着しドードーマギアになってしまう。

刃唯阿が変身したファイティングジャッカルレイダーと戦うも、対マギア戦に慣れた彼女には敵わず破壊され、しかもマギア化してから撃破されるまでの様子が多くの人々の眼前で繰り広げられた事も相まって、天津の想定通り「ヒューマギアの危険性」と「レイドライザーの有用性」を世間に知らしめるためのダシに使われてしまった。
そして、これがもとで自治都市構想は大差で否決され、お仕事勝負に敗北した飛電インテリジェンスはZAIAに買収されることとなってしまう。

なお、他のヒューマギア同様にデータのバックアップは行われたはずだが、破壊されて以降登場していないため、復元されたかは不明。
一連の行動がテレビで流されてしまった事や、「やっぱりラッパーなんかに任せるんじゃなかった」という台詞も踏まえると、あまりにも間が悪かったというべきか
暴れ出した経緯こそ異なるが、腹筋崩壊太郎と同様に公の場で暴れてしまった事や、お笑いと同じく人前で行う故イメージが命となっている職業である事から、彼と同じく悪評が消えるまでは再び活躍するのは難しいと思われる。

その後

ZAIA=垓側にして見れば、チェケラの暴走は滅亡迅雷.netを使っての飛電インテリジェンスのイメージダウンから始まってのお仕事5番勝負=ヒューマギアへのネガティブキャンペーン工作の一つのゴールになったと言える。
実際社会への影響はそれなりだった物の、シンギュラリティに達したヒューマギアは人間を脅かす』と言う命題を打ち立てられたので、いざ有事が発生してもこの命題で世論を煽っての大規模な実力行使でヒューマギアを全滅させられる下地が出来ている。
更に『人類を脅かす役』である滅亡迅雷.netの中核構成員を秘密裏に生かし、飛電を乗っ取った後前述の命題の元で実力行使の手駒としてレイドライザーを社会に流通させる事で準備を進めている。加えて恐らく、市議会議員として民意を先導出来る由藤を『ヒューマギアに脅かされた人間』として取り込んでいるとも思われ、いざとなれば瞬く間に包囲網が敷かれると考えられる。
そして第30話以降、飛電或人新しい会社を作ってヒューマギアを助け始めた事、『道具』として扱っていた者達の反抗により垓は屈辱を何度も味合わされるも、上の命題と思惑が最後の防波堤であるが故に悔しさを噛みしめながらも何とか引き下がっている。そして滅亡迅雷.netが復活・再始動したのを口実として、上の大規模実力行使のカウントダウンが始まっている。

その一方、ZAIAがネガティブキャンペーンの舞台装置として仕立て上げていた通信衛星アークは、チェケラの暴走に関わっていなかったが、総集編『プレジデント・スペシャル』内でチェケラの動向と顛末を観察していた事が発覚。その上で「悪意のデータを集め易かった」と彼を高く評価している。
現状では評価の詳細は伏せられてはいるが、まんまとZAIAの策略に嵌って『悪役』を押し付けられた上で破壊されたチェケラの顛末を見届けた結果、少なくともアークはこの時の自身がZAIAの兵器ビジネスの為に性格を設定された仮想敵=『道具』であった事を自覚した可能性が高い。
その後、秘密裏に修復されていたが拘束から脱して自身に再接続したのを皮切りに、滅亡迅雷.netを集結させたアークは自ら通信衛星より抜け出た上で仮面ライダーアークゼロへと変化、自ら人類絶滅を行うべく行動を開始する。その途上で仮面ライダー達と交戦した際、変身の器に使っていた滅亡迅雷のメンバーを滅からに変えて相手を牽制する卑怯な戦法を披露。その直後に「どうだった? 人間を騙し、弄ぶ……人間から教わった悪意の一つだ」とチェケラが嵌った境遇を連想させる発言を残している。

余談

演じる副島氏は本作がシリーズ初出演となる。NHKの情報番組「あさイチ」の火曜レギュラーとして、本作内でも見せた陽気な笑顔を振りまいている。日米ハーフだが、日本生まれ日本育ちのため、英語は話せないらしい。

第28話で使用されたチェケラのグッズ(キャップ、Tシャツ、タオルなど)はプレミアムバンダイにて限定販売される。
ちなみに本番ではチェケラもキャップを被る案があったが、副島氏のアフロが大きすぎて入らなかったとのこと(副島氏の身長は195cmで、アフロを入れると210cm)。

天津の挑発に乗った形ではあるものの、彼は初めて滅亡迅雷.netアークの干渉なく、自分の意思を持って人類に敵対しマギアと化したヒューマギアである。さらに彼の場合、天津にゼツメライザーを渡されるまでもなく「人類は滅亡せよ」と言い放っていた事もあり、放送当初より懸念されていた「自らの意思で人間への悪意に目覚めたマギア」の第1号となってしまったと言えよう(その時点ではプログライズホッパーブレードを応用したセキュリティ強化が完了しており、通信衛星アークの無線接続によってマギア化するのはありえない状況であった。加えて彼のモジュールの色は一貫して青=非暴走状態であったことも彼が自らの意思で動いていた事を裏付けている)。ちなみに第2号は第41話でアークの支配から抜け出すも「新たなアークを産み出さずヒューマギアに安息をもたらすため」人類滅亡を結論付けたである。
作中では『汚ねぇ人間は滅びろ』と吐き捨てているものの、皮肉な事に自分自身が汚いと評した人間の悪意に染まってしまっている。(これは他のアークマギアも同様か。)

このような事態になってしまった原因としては、チェケラ自身の性分もさることながら、彼の周囲の人間の不手際も一つの側面として否定できないと思われる。彼が自ら人間に敵対したのは討論会にてZAIA側の政治家の賄賂を暴露したことが発端だが、そもそも贈収賄は法律上立派な犯罪であり、本来ならば発覚した時点で速やかに刑事告発すべき案件。つまり、速やかに警察に逮捕させていれば、そもそもチェケラが暴れだす機会それ自体が無かったはずである
しかしながら飛電側は告発をすぐには行わず、世間へのアピールも兼ねる形で、その暴露を本来なら互いの思想をきちんと述べるべき場である後日の公開討論の、それも冒頭から行なってしまった。結果、公開討論の場はただのスキャンダル追及の水掛け論の場になってしまったばかりか、飛電側は相手に証拠捏造の時間まで与えることになり、結果として、シラを切る人間に怒りが頂点に達したチェケラは人間そのものに憎悪を抱き、天津の思惑通りZAIAの宣伝のために利用され、議論が深まらぬまま世間の論調も反ヒューマギアに傾くこととなってしまったのである。
ラッパーとして、あるいは演説を行うパフォーマーとしては優秀だったものの、人間が扱い方を間違えたばかりに利をもたらすどころか害にすらなってしまった、そういう意味ではチェケラもアークマギアたちと同じく、「人間に害をもたらす加害者にして害をもたらされた被害者」なのである。
あまつさえマギアと化したチェケラを破壊したのが「道具は使いよう」と口にしていた唯阿が変身するレイダーであったのだから、何とも皮肉な話である。

アズ(と通信衛星アーク)はチェケラのことをよく知っており、ラップバトルは悪意を集めやすいと語った。ちなみに、アークの接続ではなかったこと、アークが興味を持った個体という点では唯一の存在でもある。見方を変えれば、チェケラの選出そのものに無意識下でアークの干渉があったとも取れる発言になっている。(15話でイズが迅のパイプで貫かれるシーンを見るにこの時点でイズにアークが干渉しやすい土壌は作られている。)

また、この一連の流れは、ともすれば政治の世界にありがちな「社会をどうすべきかの討論の場が泥仕合の場と化し対立と分断が激化する裏で、一向に改善されない現実を悪用して利益を得る勢力が社会を席巻する」という状況に対する痛烈な風刺ともとれるかもしれない。

彼を演説対決の挑戦者に選んだのはイズであるが、このことから或人にとって最高の秘書型ヒューマギアであるイズもしょせんはAIで動く存在であり、細やかな点を見て采配することができないことがわかる。しかし或人はイズを信頼しきっており、MCチェケラが暴走してもイズにも非があったという発想すらしなかった。(前回のバトルでヒューマギアであるが故に重傷者を助けようとしなかった119之助を叱ったのとは対照的である。)

そういった意味では、このバトルにおける或人の最大のミスはヒューマギアに頼りすぎて、自分の目でヒューマギアの個性を考慮しなかったことなのかもしれない。
そして、前述の或人の欠点がのちに人間とヒューマギア双方の非による大きな災いの遠因となり、皮肉にもチェケラの後を継ぐ者まで現れてしまった。
更に皮肉だったのは、大きな災いに触発された大勢のヒューマギア達がチェケラと同じく人間に敵対し始めたという結果であろう。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン ヒューマギア
ドードーマギア

アナザーゼロワン「人類への反乱に成功したチェケラのIFと言える怪人。

リュウタロス:挿入曲の彼のバージョンはヒップホップ調。また、OP曲のカバーバージョンではソロのラップパートが有る等、ヒップホップやラップに縁がある。
テコンダー朴:作品内で一連の流れと似たような場面が存在した。
ファンタス星人レプリフォース:彼の行き着く先かもしれない存在。

















更にネタバレ
副島は2020年6月、番組の企画で顔も知らない父親について調査、「ウイリー・ドーシー」という俳優・モデルに行きついた。すでに故人であったが息子の「高橋マイケル」(元バスケットボール日本代表選手)がロサンゼルス在住しており、オンラインでの対面が実現した。更に高橋とのDNA鑑定の結果「生物学的な同一父系であると判断された」。
「ウイリー・ドーシー」は、仮面ライダーシリーズには「仮面ライダー」で ショッカーモロッコ支部・支部長モハメッド(第67話)、「仮面ライダースーパー1」でアメリカ国際宇宙開発研究所所員(第1話)を演じていたことから、「親子二代で仮面ライダーシリーズに出演」したことになる。
また、ザットの声を担当、NHKあさイチで火曜日に”共演”している日髙のり子(火曜日コーナー「クイズとくもり」で日高はナレーター、副島はレギュラーで出演。)がtwitterでコメントを寄せている。(1.2.

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MCチェケラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19031

コメント