ピクシブ百科事典

ザイアスペック

ざいあすぺっく

『仮面ライダーゼロワン』に登場する企業ZAIAエンタープライズが販売している商品。
目次[非表示]

「ザイアスペックをかけると世界が変わる。」
「貴方の頭脳は1000%」

概要

ZAIAエンタープライズが販売する次世代インターフェース。
本体は片耳に装着するデバイスだが、データのディスプレイ表示などの為に眼鏡との併用が前提になっている。 眼鏡であればデザイン・種類は問わず、サングラスと併用している例もある。
使用すると人工知能と同等の思考能力を人間に与える事ができ、この商品の開発によりZAIAは企業として急成長したらしい。 作中でも「まるでヒューマギアになったようだ」と表されている。

飛電インテリジェンスの買収を企てる天津垓が持ちかけた「お仕事5番勝負」で飛電のヒューマギアと、どちらが優れているか競い合うことになる。

5番勝負編で装着している人間はザイアスペックの性能を過信している者が多く、「お仕事5番勝負」の1回戦の代表・立花蓮太郎と2回戦の代表・新屋敷達巳は特にヒューマギアの事を見下している傾向が強かった。もっとも3回戦代表の市森直人や4回戦代表の穂村武志をはじめ、ザイアスペック使用者でもヒューマギアを見下すような者ばかりというわけではない。

第34話と第37話では、アークによりザイアスペックがハッキングされ、人々が「人類滅亡」を叫んで暴走する事件が発生している。
また、垓はそれを逆手に取り、レイドライザーの販売を促進させる為にわざとザイアスペックを暴走させる事を企んでいる。

考察

人間に高い思考能力を与えるザイアスペックだが、下記のようにその安全性について考察する声が多く見られる。

  • 視聴者からは「人間の思考能力を、人工知能と同等にするのは本当に安全なのか?」「能力が上がった人間が現場に居ても、その人間の負担が倍増するだけなんじゃ……?」と、疑問を抱かれている。そもそも、これを推している当の天津自身、これを常着していないのが怪しさに拍車を掛ける(但し、天津にはそれ以上のインターフェースがあるので、ザイアスペックが不要なのだろうが)。
    • 現時点で天津がザイアスペックを装着していたのが、ほぼ全て機械に対して(主にに対して)干渉する時であり、天津が立花等と同様仕事上で装着している姿はほとんど確認できていない。
    • 人間には「肉体」の限界が必ずある上、幾ら思考能力が上がっても体が連動しない可能性もある。
    • 実現している似たような技術で、パソコンのオーバークロックがある。動作クロック(回路のメトロノームのようなもの)を本来以上の速さにする事で、処理速度を無理矢理上げるものだが、発熱や故障のリスクを伴う。もしザイアスペックの仕組みも、脳の処理速度を本来以上にする事で知能を向上させるものだとしたら、脳に激しい疲労を与えたり、何らかの障害を引き起こしたりする恐れがある事になる。
    • 「人手不足を補い、人間の仕事のアシスト・サポートをするヒューマギアと、使用者の能力を向上させるザイアスペックとでは、用途も目的も違う以上、優れているかの勝負は無意味なのでは?」との意見もあるが、『ゼロワン』の世界では既に「お笑い芸人としてピンで活動する」「漫画家が放棄したストーリーの考案を担う」「人間以上のバイタリティで部活の指導を行う」「華道の家元が恐怖する程の腕前の生け花を披露する」と言ったヒューマギアの存在が確認されており、最早用途も目的も違うとは言い難い状態なのは注意が必要である(但し、最後の例は反則に近い裏技を用いた結果とも言えるが)。
    • とは言え、ザイアスペックのアイデンティティーが、天津が掲げる理想=AIによる人類の進化だとすれば、やはり競合相手としては違うと言わざるを得ないのも事実である。
    • 似たようなシステムは平成ライダーで、仮面ライダーG3仮面ライダーG4として登場しているが、前者は訓練しないとまず扱えないシステム(原作の仮面ライダーアギト及び、ディケイドにおけるG3-Xは特に)、後者は装着者に死ぬ事前提の負荷を与える仕様の為、まず一般人に扱える代物ではない。用途こそ大幅に違うが、そんなシステムが一般家庭に普及したらどうなるかは、容易に想像出来るだろう。
    また、実は黒幕の計画に関わる非常に危険な代物である可能性も指摘されている。更にZAIAに精通している者ならば、ザイアスペックを操作が出来てしまう可能性も示唆された為、第三者の介入によって開発者の思惑を超えた代物になってしまう可能性も否定出来ない。

  • 尚、ヒューマギアへの対抗馬として劇中では売り出されているかのように思われるが、あくまでザイアスペックは人間の知能を補助する為の物であり、ヒューマギア特有の人間以上の怪力を活かした、「力仕事」は補完出来ないと言う弱点がある。
    • ただ、レイドライザー実装すれば、ヒューマギアと同等以上の怪力の行使が出来るものの、兵器としての使用を前提としている以上(亡に配布でもされない限り)は、まず一般人は手を出せる代物ではないと考えられ、ヒューマギアを購入してラーニングさせた方が、結局は安上がりな気もしないではない。

  • 『ゼロワン』の物語のキーワードとなっている、「シンギュラリティ」を提唱したレイ・カーツワイルは、意識をコンピュータにアップロードされた人間(ポストヒューマン)によって、最早人間とAIとの明確な区別が付かなくなると予言しており、本作におけるポストヒューマンの描写を、ザイアスペックは担っていると思われる。

  • 劇中ではヒューマギアを見下している人間が装着しているものの、作中の描写を見る限り、当初は純粋な願いや仕事に誇りを持っていた人間が装着している事が殆どであった(例えば、「新屋敷は『家族が快適に過ごせる広い家』に憧れて、不動産業界に入っている」等)。また、五番勝負の後半には、ザイアスペックに過度な信頼を寄せずに使用している検事の市森や、人命救助の為にヒューマギアとの共同作業で使用している消防士の穂村と言った、ザイアスペックも結局は使う人間の心持次第である事が描写されている。

  • レイドライザーで変身するレイダーのスペック紹介ページによれば、レイドライザーが各装置を制御して負の感情を刺激、理性や痛覚を薄れさせるとある他、レイドライザー装着者がレイダーに変身した際には、赤く発光する怪しい描写が見られた事から、この「各装置」にザイアスペックが含まれている可能性があった。
    • 後に、ザイアスペック未使用のレイダーの変身者も登場(おまけに、ザイアスペック使用者に、罪を擦り付ける事案も発生)した為、必ずしもレイドライザーに必須の装置では無い模様。とは言え、第30話以降に登場したバトルレイダーの変身者は、例外なくザイアスペックを装着している為、何かしらの補助装置になっている可能性は高い。

  • 第20話の時点で、ZAIAの代表は2人とも飛電代表のヒューマギアに対し、不正や暴言、暴力を振るう等、最終的に和解したとは言え、かなり悪質な振る舞いを見せており、テレビ報道はしていないが秘密裏の勝負でもない為、一般人にもそれなりに認知されている。更に言えば、消防士対決が本当の火災現場になり、真剣に人命救助をしなけれならなくなった際に見せた、天津の事の重大さを理解していないような、異常かつ非常識な言動がテレビで生放送された事実もあって、「これらの行動がザイアスペックのイメージダウンに繋がっていき、後述の案件にまで繋がったのではないか?」との声もある。

  • 第30話では、ZAIAに買収された飛電インテリジェンスは天津主導による「ヒューマギアを返却したらザイアスペックプレゼント」と言う、大盤振る舞いなキャンペーンを決行しているが、それに反してヒューマギアの不法投棄と言う案件が起きている。この事実から「一部のモラルに欠ける点があったユーザーのせいで、ザイアスペックも一般人にはあまり受け入れられてないのではないか?」との指摘がされている。
    • そもそも、ザイアスペックは汎用性こそあるものの、ヒューマギアと違って解り易い特化性がない=器用貧乏な面が否めない上、過去の愛用者のように使用者自身に相応の技量・知識が合わさって真価を発揮するツールである。
      • ヒューマギアのように人手不足を補えない上、後述のCMの内容も真っ当な商品の説明以上に、抽象的な言動ばかりが目立つインパクトだけが1人歩きしている側面も強い結果、一般人には「よく分からないけど凄いツールデバイス」にしか見えず、プレゼントされても困るのが実情なのではないかと推測される。

  • 第34話でのザイアスペックがハッキングされる事態に対して視聴者からは、ザイアスペックもヒューマギアと同様にハッキングされると解かれば、天津の立場が危うく、しかも「『人間』が暴れるとなれば、ロボットと違い『破壊』=『殺人』による対処が不可能な分、ヒューマギアがマギアになって暴れるより質悪い」との意見が挙がっている。
    • また、「強大な悪意に洗脳され暴れ出す」と言えば、かつて天津やレイダーの変身者達が忌み嫌い破壊してきた、マギアアークマギアの暴走と全く同じ状況が起きている事になる。「ヒューマギアが悪意によって人間を暴走させる」と言う、正に完全に逆転した状況であると言える。

  • 第34話で天津がザイアスペックの暴走したことには驚いていたが暴走そのものには驚いていなかった事と第37話で、ザイアスペックを意図的に暴走は可能な事を考慮したら今回はアークの復活とタイミングが重なったからレイドライザー販売のためにザイアスペックを暴走させることを提案したが、「アークの復活が無かったら元々その内意図的に暴走させる予定だったのではないか」という説が挙げられている。

余談

第17話でザイアスペックのコマーシャルのシーンがあった(冒頭のセリフはその抜粋)が、世界が変わると言う謳い文句で、某拡大鏡を想起した人が多数現れ、放送当日ツイッターでトレンド入りする事態になった。CMラストにはサウザーと同じ「Presented by ZAIA」がある。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン ZAIAエンタープライズ 眼鏡

ZAIAパンツ︰同じく製造している商品。

仮面ライダーG4:AIが人間の挙動を補助する繋がり。しかし、肉体の限界がある以上装着者は最終的には死に至る。

アルジャーノンに花束を:能力が強化された人間を扱った物語。こちらは外科手術で明確な副作用がある。
ナニカサレタヨウダ:こちらも強化された人間に纏わるモノで、表記からも分かる通り、えげつない内容である。
アルドリッチ・キリアン:映画『アイアンマン3』の悪役。人間の脳を拡張する薬物を開発して、AIを搭載する無人アーマーと互角の勝負を繰り広げた。
ギエン:『未来戦隊タイムレンジャー』のラスボス。元は数も数えられない程知能の低い人間だったが、肉体の機械化と同時に搭載された電子頭脳によって高度な知能を獲得するも、人格が破綻して言動が狂気的になって行き、やがて世界を滅ぼしかねない程の暴走に突き進んでしまう。
鬼塚豪:『遊戯王VRAINS』に登場するデュエリスト。主人公と共に世界の危機を救うも、その後の世間の評価から「主人公を超えたい」という思いが強くなり、AI内臓インプラントチップを自身の脳に埋め込む被験者になった経緯がある。
ゼロシステム:新機動戦記ガンダムWに登場するシステム。人間では最高性能引き出せない兵器を作った反省として、「機体が求めるレベルまで、パイロットの反応速度・情報処理能力を強制的に引き上げる」事を目的として設計されたが、常人には到底耐えられない仕様であり、使用した者に強い負荷を掛ける描写があった。
PXシステム:上記作品の外伝にて登場したシステム。人為的に極限状態に追い込み、使用者の潜在能力を引き出す機構で、リミッターを掛けないと最悪、使用者が死亡するリスクがあり、ザイアスペックにも同様の仕掛け(=使用者への負荷を減らす為のリミッター)があると推測される。
ロックマンゼクス:ロボットに近い能力を与えられた人間を扱った物語。こちらは法律で人間をロボットと同じ機械に変えてロボットの寿命を人間と同等にする事によって人間とロボットの共存を実現させている。

関連記事

親記事

ZAIAエンタープライズ ざいあえんたーぷらいず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザイアスペック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109821

コメント