ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

レイドライズ!インベイディングホースシュークラブ!

"Heavily produced battle armor

   equipped with extra battle specifications."


「実装!」


CV

役者1(役名)役者2(役名)登場話
橋渡竜馬(栄田)竹中隼人(尾野)第30、31話
榮男樹(志田)岡田和也(出川)第32、33話
潮見勇輝(井東)永徳(永福)第33話

スーツアクター

榮男樹(栄田、35〜37話)、神前元(尾野、出川、永福)、鍜治洸太朗(志田)、久田悠貴(井東、37話)、藤田慧(35話)

データ

  • 身長:対象となる人間により異なる
  • 体重:対象となる人間により異なる
  • 特色/力:強固な装甲/捕縛力

概要

仮面ライダーゼロワン』第30話「やっぱりオレが社長で仮面ライダー」から登場。


A.I.M.S.の隊員がレイドライザーインベイディングホースシュークラブプログライズキーを使って変貌したレイダー

正式名称はインベイディングホースシュークラブレイダーだが量産されているレイダーという事もあり、通称として「バトルレイダー」の名がつけられている。


飛電インテリジェンスを乗っ取った天津垓の事実上の私兵であり、天津の意向に沿ってヒューマギアの破壊を実行する。


ゼロワンまとめ36偶像殲滅太郎

カブトガニを模した胸部が特徴で分厚い強固なモノコック構造の装甲は身体の損耗率を低く抑えられる程の防御力を持つ。また、レイダーでは珍しく足にも装甲が備え付けられている。

生身で使用するのに難儀する短機関銃「トリデンタ」や捕縛などに使用する拘束具「ハーケンストリンガー」などの多彩な武装を備えており、味方のサポートや暴走したヒューマギアの鎮圧に特化している。

レイドライザーを操作することでトリデンタにエネルギーをチャージし、紫色のエネルギー弾を放つ「インベイディングボライド」を発動する。

また、腕の装甲から赤いエネルギー状のバリアを生成し、相手の攻撃を防御するガード技としても使用可能でゼロワンのプログライズホッパーブレードの斬撃をも通さない強固さを誇る。


ZAIA傘下に入ったA.I.M.S.の象徴的存在であり、指揮官に当たる存在の的確な指示の下連携して行動することでゼロワンを追い詰める「兵士」らしい活躍も見せた。

一方で、システム実装時には仮面ライダーシステムが度重なるアップグレードで強力なフォームに進化していたことや不破諫はそもそもライダー資格者に選ばれたA.I.M.Sトップクラスの戦闘スキルを持つエースであることなど、数的優位はあるが性能や実戦経験の差で苦戦する面も目立った。


とはいえA.I.M.S隊員が弱いわけではなく、烏合の衆が変身した仮面ライダーアバドンに対してはこの姿を使用するまでも無く人間のまま銃器で制圧している

バトルレイダーにとってはせっかく大活躍が可能な場面を変身の必要すらないという形で出損ねた結果ではあるが……


活躍

  • 第30話「やっぱりオレが社長で仮面ライダー」

新生A.I.M.S.の隊長に就任した刃唯阿に連れられる形で、隊員の栄田尾野が実装。

唯阿の変身したファイティングジャッカルレイダーと共にに襲いかかるが、「ZAIAをぶっ潰す」ことを新たな目標とした不破ランペイジバルカンに横槍を入れられ敗北、迅を取り逃がす。

その後、イズを破壊しようとする仮面ライダーサウザーと共に襲い掛かるが、ゼロワンの「メタルライジングカバンダイナミック」により変身解除に追い込まれた。


  • 第31話「キミの夢に向かって飛べ!」

前回と同じ2人の隊員が天津垓に率いられ登場。

ヒューマギアの特許引き渡しを或人が拒否すると、飛電製作所を叩き潰すべく実装。サウザーの指揮の下、連携してメタルクラスタホッパーを相手取るが、或人の言う「夢」にヒューマギアの未来を見出したが乱入、放たれた斬撃を食らって変身を解除されてしまった。


  • 第32話「ワタシのプライド!夢のランウェイ」

A.I.M.S.隊員の志田出川が実装する個体が登場。

モデルヒューマギア・デルモの存在を確認すると実装、の人格に支配されたバルカンアサルトウルフと共にデルモ破壊を実行しようとするが、メタルクラスタホッパーの「ファイナルストラッシュ」を受けて変身解除。迅の介入でバルカンが連れ去られたこともあり、その場は撤退した。

この隊員たちはファッションショー会場の舞台裏にも登場。実装はしなかったが、逃げるデルモをジャッカルレイダーと共に追い詰めた。


  • 第33話「夢がソンナに大事なのか?」

第32話と同じ隊員が変身する個体が登場。

唯阿に率いられテニスコーチヒューマギア・ラブチャンとイズを廃棄しようとするが、メタルクラスタホッパーの「プログライジングストラッシュ」を食らって変身解除してしまう。


その後、天津垓の密命を受けた、別の隊員の伊東永福が実装する個体が登場。使命を果たさず引き上げようとした唯阿を襲うが、現れたランペイジバルカンに邪魔され撤退した(なお、最初の2名はサングラスを残して姿を消しており、サングラスの周囲には薬莢が散らばっているが……)。

天津に率いられ飛電製作所に再び現れるも、メタルクラスタホッパーの「ファイナルストラッシュ」を食らって変身解除してしまった。


  • 第35話「ヒューマギアはドンナ夢を見るか?」

大勢のA.I.M.S.の隊員が実装した個体が複数登場。

垓に率いられて滅亡迅雷.netを殲滅すべく、が率いるトリロバイトマギアの大群と交戦するが、によってザイアスペックをハッキングされて操られてしまう。

トリロバイトマギア共々サウザーに襲い掛かったが、結局激昂したサウザーの「ジャッキングブレイク」を食らって一掃され、消耗したサウザーも滅に倒されて滅亡迅雷.net殲滅作戦は失敗した。


  • 第36話「ワタシがアークで仮面ライダー」

放映されたCMにて一般市民(主婦)が実装した個体が登場。

ザイアスペックの暴走は否定できないことで、あらゆる脅威から防衛するために、レイドライザーとインベイディングホースシュークラブプログライズキーを一家に1台の一般発売を開始した。


  • 第37話「ソレは誰にも止められない」

A.I.M.S.の隊員が実装した個体が2体登場(実装シーンはなし)。

仮面ライダー亡からの宣戦布告を受け、サウザーと共にアークと滅亡迅雷.netを叩くべく出動。滅とと交戦するが「スティングカバンシュート」と「ゼツメツカバンショット」を受けて戦闘不能になった。


インベイディングホースシュークラブプログライズキー

ハード!


カブトガニのデータイメージ「ライダモデル」が保存されているプログライズキー


余談

  • 命名法則の関係から『ゼロワン』で登場した怪人のみならず、今までのライダー怪人の中でも特に長い正式名称を持っている。作中でも「バトルレイダー」で一貫しているため、正式名称で呼ばれる事は基本的にない

  • 主兵装である短機関銃「トリデンタ」の名称はカブトガニの学名「Tachypleus tridentatus」に由来するものと思われる。


  • 後に兵士型ヒューマギア「ソルド」が変身するソルドマギアの1体としてベルト以外をほぼそのまま使う形で再登場している。設定上は別の存在になるため、ゼロワン内で二度目の改修がされたようなものと言える。



  • バトルレイダーに変身するA.I.M.S.の隊員たちは名前の頭文字を並べると、アルファベット順になっているという規則性がある。

 栄田(さかえだ) →A(栄の音読み「えい」より)

 尾野(おの) →B((尾の音読み「び」より)

 志田(しだ) →C(志の音読み「し」より)

 出川(でがわ) →D(出の訓読み「で」より)

 井東(いとう) →E(井の訓読み「い」より)

 永福(えいふく)→F(「えいふ」の読みより)


  • A.I.M.S.の隊員たちの演者の内、今作のライダーや怪人のスーツアクターを担当している演者が数名おり、その内永福を演じた永徳氏は今作では仮面ライダー迅や仮面ライダーサウザーなどのスーツアクターを担当。

  • 第36話で登場した主婦の変身したバトルレイダーはトリデンタが装備していないが、おそらく民間用品であるために法律上の問題で短機関銃を付けられなかったのだと思われる。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン  戦闘員

レイダー  レイドライザー

インベイディングホースシュークラブ  カブトガニ

A.I.M.S.


バトルマギア:上記の通りスーツの改造元。

ソルドマギア:腰のベルトを除くバトルレイダーのほぼ流用が登場する。

アガスティアベースの衛兵ロード・オブ・ワイズ:頭部以外を流用。


クリス・ヴェクター:トリデンタのデザインは本銃がモデル。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77595

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました