ピクシブ百科事典

目次[非表示]

レイドライズ!

概要

仮面ライダーゼロワン』第18話から登場した新たな敵怪人。
各個体の名称は「(使用プログライズキー名)+レイダー」という法則で、そのため個体名が非常に長い。

黒いフードの人物からレイドライザーを与えられた人間が、レイドライザーにプログライズキーを装填することで変身する。
使用されるプログライズキーは原則的に本作の仮面ライダーが用いるものと共通規格であり各1個ずつしか存在せず、量産品はバトルレイダーのみとなっている。

レイドライザーに備わっている「レイドレギュレダー」の機能により変身者の負の感情や悪意が増幅され、付与された「ライダモデル」の能力で破壊衝動に駆られるままに暴れ回る。
戦闘力はマギアよりも遥かに高く、劇中でレイダーと交戦したマギアは全くと言っていいほど歯が立たずに打ちのめされ、ゼロワンのハイブリッドライズでは正面から太刀打ちできない上に個体によってはアサルトウルフシャイニングアサルトホッパーにも匹敵する。
レイドライザーを再度操作することでプログライズキーに対応した必殺技「○○ボライド」を発動することも可能。

主に黒いフードの人物が目を付けた人間を変身させていたが、第26話で登場したスカウティングパンダレイダーのように自らの意思でレイドライザーを手に入れ変身した個体も登場した。
また、レイドライザーを市販し誰でも変身できるようにする計画であることが語られている。こうした民間人への販売を想定しているためか、変身者の身の安全を守る機能は高く、仮面ライダーやマギアと異なり変身解除されても変身者に怪我や後遺症が無いことが描写されている(ただしメタルクラスタホッパーの暴走を除く)。

初登場時から長らく変身者がレイダー化する際の決まった掛け声はなかったが、第28話で唯阿ファイティングジャッカルレイダーに変身した際に変身時の掛け声が「実装」である事が判明。
後にZAIAの傘下に入ったA.I.M.S.の隊員達もバトルレイダーに変身する際は必ずこの掛け声を発している。
マギアに近しい存在に「変身」する仮面ライダーに対し、マギアから身を守るべく一般の人間が自衛のため鎧と武器を身につける、と言った意味合いだろうか。

Vシネ「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」にて、ヒューマギアであるソルド達がレイダーと同型の姿に変身するが、こちらはソルドマギアと呼ばれ、「武装」の掛け声で変身。
プログライズキーのみで変身するため腰にゼツメライザーやレイドライザーは装着していない。

一覧

名称プログライズキー変身者職業登場話
クラッシングバッファローレイダークラッシングバッファロー立花蓮太郎華道第18話
スプラッシングホエールレイダースプラッシングホエール新屋敷達巳不動産仲介業第19、20話
ダイナマイティングライオンレイダーダイナマイティングライオン鳴沢益治刑事第21、22話
ストーミングペンギンレイダーストーミングペンギン二階堂輝男ペンキ屋第23話
スカウティングパンダレイダースカウティングパンダ京極大毅ZAIA開発部主任第26、27話
ファイティングジャッカルレイダーファイティングジャッカル刃唯阿ZAIA社長直轄開発担当第28~33話
バトルレイダー(インベイディングホースシュークラブレイダー)インベイディングホースシュークラブ栄田、尾野(第30、31話)志田、出川(第32、33話)伊東、永福(第33話)A.I.M.S.隊員第30~33話、35話~


特徴

マギアのようにほとんどの個体が「モチーフの生物の目」と「ライダーのような複眼」の計4つの眼を持つが、色がそれぞれで異なり「モチーフとなった生物の目」が飾りに近かったマギアと違い、レイダーは全てが目として機能しているように見える。

外見もマギアのように機械的だが、モチーフの絶滅動物の姿や特徴を全面的に押し出したマギアに対し、レイダーはモチーフの現生動物の要素は顔と固有武装だけに抑えられている。
パイプのような器官の他に、銃火器やブースター、照準器付きゴーグル等、使用されるプログライズキーの能力に因んだ装備を外付けしたようなデザインの個体も多く、マギア以上に戦闘に特化した姿となっているのも特徴(バトルレイダーのみ例外で、「ライダモデル」由来の要素はカブトガニを模した胸部装甲のみ)。

なお、素体部分がエイムズショットライザーで変身する仮面ライダーの造形と酷似しており、使用アイテムのレイドライザーに関してもプログライズキーの装填方向や構造がショットライザーに似ている点から関連性を疑われており、バックル基部パーツに至っては完全に同一である。第27話においてレイドライザーの開発元はZAIAエンタープライズジャパンであることが判明。
天津垓曰く、「民間人専用の対ヒューマギア装備」として開発したもので、上記の攻撃的なデザインもレイダーが「兵器」という商品である事を強調しているためと思われる。

「プログライズキーをベルトにセットして変身する」という変身プロセスは、『ゼロワン』における仮面ライダー達と同じで、スーツの共通項もあり、いわゆる擬似ライダーとも言える(ライダーとの相違点はキーを展開しない事)。
そうすると「同じくベルトで変身するマギアも擬似ライダーなのではないか」と言う事になってしまうためか、レイダーもキッパリと『怪人』として扱われている(そもそも擬似ライダー自体が"ライダー寄りの怪人"位であり、客演では普通に怪人扱いされる事が多いのだが)。
擬似ライダーとして考えた場合その多くは専用アイテムや量産型アイテムに簡易化されフォームが固定されるのに対し、1種を除いて量産ではない仮面ライダーと完全に同一規格のプログライズキーを用いているため性能の劣化が少ないと言える。また、キーによって姿が変化する点も実質的なフォームチェンジ対応とみなすことも可能(実践はされていない)。
一方で、オーソライズどころかフォースライズすら用いないためライダモデルを装着する仮面ライダーとはキーごとの固有外装の仕様は大きく異なっている。なお一部のキーは劇中ではレイダーのみの使用だが、ゼロワンが使用した場合の設定画も公開されているものも存在する。

対策

一度乗っ取られたら破壊する以外に無力化する術が無いマギアと異なり、こちらは外装を破壊すれば無傷で元の人間の姿に戻り、正気を取り戻すことができる(過剰なダメージを受ければ人間も負傷している)。

一方で人類滅亡のために行動し続けるマギアに対し、こちらは負の感情を増幅されただけで理性は残っているため、任意で変身を解いて日常生活を送ることができる(ただし、クラッシングバッファローレイダーの変身者である立花蓮太郎は心が完全に崩壊した上、理性を保てなくなる等、個人差がある模様)ため、変身を解除されると逃げられてしまう点や、変身者を誤解させるといった策略が使えるといった厄介さも持つ。
また、レイドライザーにより負の感情を増幅された場合、外した状態でも増幅されたままであり罪を重ねるため、変身状態で倒すしか根本的な解決手段とならない。

何より、ほとんどのケースで変身者は自らの意思で自発的に変身しており(異常なまでの感情に侵されていたのは新屋敷のみ、立花は制御できず暴走、鳴沢と京極は最初から悪意を持っていた)、後にレイドライザーの市販予定があったことも踏まえると、一度は変身解除させてもまた手に取れば変身できてしまうという問題は消えない。
よって根本的な解決には、単に変身を解くことだけでなく、変身者が悪意を持った原因を突き止めそれを排除する、メンタルケアが最重要となっている(負の感情の暴走により痛みや恐怖心を抑えているので、「兵器」という商品としては増幅されたままの方が好都合だが)。ただし、ZAIAの管轄下にあるレイダーは負の感情を増幅されることなく、あくまで「ヒューマギア破壊」という職務のために変身している。

余談

  • 児童誌やテレビ雑誌での発表時は「レイド」と表記されていた。恐らく、レイドライザーと混同した為と思われる。


  • 上述した通り、それぞれが非常に長い個体名を持つためか、OPテロップなどでは「(動物名)+レイダー」と表記される傾向にある(例:ファイティングジャッカルレイダー→ジャッカルレイダー)。

  • 公式サイトの各レイダーのページのアドレスによると、綴りは「raider」である。英語で「襲撃者」の意味であり、「ライダー/rider」とは綴りが非常に似ている単語である。

  • ライダー怪人では珍しく、放映中の作品に関わらず設定画が公式サイトで公開されている。マギア以上に擬似ライダーとしての側面が強いためと思われる。

  • 「実装」の掛け声は撮影現場で考案されたもの。レイダーへと初変身した唯阿の決意を表す言葉として、唯阿役の井桁弘恵氏が練習を重ね発したとのこと。また工学分野に置いて実装とは、「特化した機能を実現する」ことを意味する。



  • 『公式完全読本』によれば、デザイン上のルールとして以下の法則が挙げられている。
    • A.I.M.S.の技術を利用してZAIAが開発したという設定から、素体をA.I.M.S.ライダーと同一の物にし、体色はマギアが黒、バルキリーらが白ということでグレーにする
    • マギアの複眼要素を排する(ただしスプラッシングホエール等の例外あり)
    • マギアの身体に配置されたケーブルをパイプに変える(武器にもパイプのディティールを用いている)



Pixivでは

各種のプログライズキーを使用したレイダーのイラストが投稿されている。
オリジナルレイダーを参照。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン プログライズキー
擬似ライダー
生物 絶滅危惧種

マギア:上記の通り、「ゼツメライズキーとゼツメライザーで変身する」「変身者がヒューマギア」「変身したら自力では二度と元に戻れない」など、レイダーとは真逆の要素を持つ。
仮面ライダーアバドン:ある意味レイダーの発展型と言える存在。ネタバレ注意。

ダークレイダー「○○レイダー」を冠しているが、こちらは仮面ライダーの相棒である。

オリジナルレイダー:二次創作タグ。

フォルスロイド・・・・こちらもヒーローの疑似型とされている敵つながり。しかもヒーロー側と使うアイテムが同じという点も共通。シリーズに登場するレプリロイドのモチーフになった動物にはプログライズキーになっている動物もいる。
東京ミュウミュウ:正義側ではあるが、こちらはメンバーのモチーフが絶滅危惧種で構成
されている
ナメクジラ:同じく人工知能に関連した人間の怪人。

平成ライダー
アナザーライダー

令和ライダー
マギア/レイダーメギド/新型メギド

関連記事

親記事

レイドライザー れいどらいざー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイダー(仮面ライダーゼロワン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイダー(仮面ライダーゼロワン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167281

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました