ピクシブ百科事典

絶滅動物

ぜつめつどうぶつ

「絶滅動物」は、何らかの理由で種が絶えてしまった動物のこと。
目次[非表示]

この項目では17世紀以降に絶滅した動物について記載。

サオラバーバリーライオンキノボリカンガルークニマスなど、再発見された例もある。生きた化石も参照。

それ以前の動物については「古生物」、「恐竜」を参照。

絶滅動物の例

もうどこにもいない


17世紀以前

ジャイアントモア
ヒレナガゴンドウ(日本/北太平洋)

17世紀

ドードー鳥 コククジラ(大西洋)

18世紀

ステラーカイギュウ ジャイアントモア メガラダピス(17世紀以前に絶滅したとも)

19世紀

オオウミガラス クアッガ エピオルニス(17世紀に絶滅したとも)

20世紀

リョコウバト フクロオオカミタスマニアタイガー
ニホンオオカミ エゾオオカミ ニホンカワウソ ニホンアシカ
ヨウスコウカワイルカ(機能的絶滅?)

ちなみに

以前は、新生代に発生した氷河期などの気候変動が古生物、とくに大型動物の絶滅を引き起こしてきたと考えられていたが、とくに海外では近年「人類の拡散」がネアンデルタール人等の人類を含む大量絶滅を起こしたとする意見が主流派になりつつある。地球において大量絶滅は何度か発生してきてしまったが、今回のスピードは史上最速とされている…。

現在、大型動物の大多数がアフリカや南西アジアに限定されているが、これらの土地は他の地域よりも生物としての人間の歴史が古い場所であり、動物達が人間に対抗するチャンスがあったと思われる(それでも絶滅種もいるが)。また、アフリカ大陸における疫病が人類の過剰増大化を防いでいたという説もある。

厳密に言うと、人間、(より殺傷力の上昇した)石器、犬や猫を含む家畜、これらについてきた細菌類や病原菌、そしてこれらに免疫を持たないまま殲滅されてしまったのが他地域の動物である。そして、生態系が崩れると「共絶滅」が芋づる式に発生・・・というものである。大型動物は真っ先に狙われてしまうため、そこから崩壊が始まった生態系の該当部には、やはり大型動物が属していた。いずれにしろ、大型動物は繁殖力に優れている訳ではなく、人間による捕殺圧にかなり弱い。

現在まで生き残っている野生動物には夜行性になった種類が非常に多いのは、他ならぬ人間を避けるためである。

日本には、最後の氷河期から現代にいたるまで、ナウマンゾウマンモスヤベオオツノジカヘラジカトナカイ、ナツメジカ、カズサジカ、ウマバイソン数種、オーロックスバッファロー水牛)、ゴーラルサイガサイ、ヨウシトラ (ホラアナライオンやアメリカライオンの近縁種)、トラヒョウオオヤマネコ縄文時代まで生存)、ベンガルヤマネコ本州ヒグマ、エゾオオカミ、ニホンオオカミ、ニホンカワウソ、ニホンアシカ、ステラーカイギュウ、ヒレナガゴンドウなどが絶滅してきた。琉球諸島も含めれば、キョンやリュウキュウジカ、ミヤコノロジカ、南西諸島のイノシシ、オオヤマリクガメなどもいたとされる。

将来的に、これらの古生物達の絶滅の原因も旧説から一新される可能性があるかもしれない。ちなみに、オオツノジカやオオヤマネコ等は縄文時代まで生存していた。

ちなみに、これ以前にはデスモスチルス水牛、巨大ビーバーレミング、巨大レッサーパンダ、南方系のシカやゾウ、シフゾウバクなどもいた。

外来種の場合、ケラマジカ、一部の家畜 (野犬野良猫や馬や牛の一部)などは、結果的には本来の生態系のニッチを擬似的に復元しているが、キョンなどのように野生化した地域が本来の生息地域と異なっている場合もある。

自然復活が可能かもしれない事例

鳥や海洋生物等に関しては日本国外からの自然復活が可能な場合もある。コウノトリトキラッコシロナガスクジラ(実際は絶滅していたのか不明だが、最低でもロシアや東アジアの沿岸を回遊していた個体群は壊滅した)、チョウザメなどが良い例だろうか。

もちろん、これら以外にも、絶滅寸前の種類は数多く、有名なニホンウナギの他、ウバザメオサガメセミクジラコククジラなども非常に危ない状態となっており、個体群単位で見れば絶滅や絶滅寸前の事例は非常に多い

なお、ゾウアザラシがかつて日本に個体群を形成していたのかは不明であり、対馬のユーラシアカワウソが自然定着したのかも不明など、未知の部分も多い。

ジュゴンの場合はお隣の台湾でも絶滅してしまっているため、今後はフィリピン等からの移住が発生しなければ絶滅が確実となる。

ヒレナガゴンドウの場合は特殊で、コビレゴンドウが北方に進出してヒレナガゴンドウのニッチに入り「タッパナガ/シオゴンドウ」と呼ばれる形態を発現した。

東京のキツネなど、陸上動物においても地域単位の絶滅は、今後の対応次第では自然回復が可能と思われる。

ヒグマは、一度絶滅した礼文島には自力で到達する事が判明したが、今後本州以南に再定着するかは不明。九州のツキノワグマも同様。

関連タグ

動物 悲劇

pixivに投稿された作品 pixivで「絶滅動物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107105

コメント