ピクシブ百科事典

ひょう

豹(ヒョウ)のイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

哺乳綱食肉目ネコ科ヒョウ属に属する猛獣。

解説

体長は130〜190cm、体重は30~80kg、尾の長さは100cm前後。
アフリカからアジア全土にかけての広範囲に分布し、多くの亜種が存在する。
飼い猫を除いたネコ科の動物の中では、もっとも広範囲に分布する種である。
英語では【(a) leopard/レパード】(特に黒豹を【(a) panther/パンサー】)という。

体色は黄土色ないし赤褐色で、花状の黒色紋がある。
地域に拠っては全身が黒色の個体も存在し、「黒豹」と呼ばれる。

panther


耳の裏にはトラと同様に野生の猫科の特徴である虎耳状斑がある。

体は柔軟で動作は敏捷、体格にしては脚はやや短めである。
足の速さはそれほどでもないが、ジャンプ力に富む。主に忍び寄りで獲物に近付き、一気に襲い掛かって仕留める。獲物はサルヤマアラシシカなど。
マウンテンゴリラの子供らを狙うこともあるが、大人のオスのゴリラに逆に殺されることもある。
人畜も容赦なく襲う獰猛さから、アフリカでは『ビッグ5』(ライオンゾウサイバッファローを含む五種の人気猛獣)の一種に分類されている。

大型のネコ科の中では木登りが得意で、獲物を捕らえると木の上に運び上げる習性をもつ。これは他の大型の肉食獣に、獲物を横取りされる危険を回避するためと推察されている。
群れずに単独で生活する。
繁殖期には3ヶ月ほどの妊娠期間を経て6~8頭前後の子供を出産し、半年から一年ほど育てる。
生殖可能になるのは、そこからさらに半年から一年後となる。

毛皮が高値で取引される為密猟が後を絶たず、個体数は生息地の広さに対して少なくなっており、絶滅寸前の亜種や既に絶滅した地域も多い。日本でも化石が発見されている。

よくジャガーと間違われるが、あちらの方が体格大きくががっしりとしており、また毛が短く斑紋の中心に黒い点が存在する。

文化との関わり

有史以来、ネコ科の猛獣としてはライオンと並び称される存在でもある。
特にヨーロッパでは 「その吐息は芳香を含み、これを吸ったものは魅了されてしまう。これに耐えうるのはユニコーンだけだ」 と言われてきた。(実際はそうした匂いなどないため、完全な空想である)
これが転じて、キリスト教では伝道師の象徴として扱われている。

ヒョウの斑紋を「豹柄」と呼び、女性向けの服やアイテムの意匠として用いられる。
またその柔軟で妖しげな姿から、異性に貪欲な女性へのイメージとして『雌豹』という言葉も存在するなど、女性を表す言葉として用いられる傾向にある。

豹変】という言葉も、豹に由来する。
これは『豹が毛の生え変わりでその文様を鮮やかにするように、君子は自らを省みて精進する』という良い意味で、中国の『易経』で用いられていた言葉である。
しかし、現在では「善良な人が一変して奇怪な様態になる」ことを指す言葉として誤用されることが多々あるので注意したい。

関連イラスト

炎
気配を断つ豹


関連タグ

動物 ネコ科 ネコ 猛獣 豹柄
표범 leopard
チーター ピューマ

ヒョウ属

黒豹(豹と同種) ユキヒョウ雪豹
ジャガー ライオン 

ヒョウモチーフのキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「豹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 940038

コメント