ピクシブ百科事典

ディオニュソス

でぃおにゅそす

ギリシア神話に登場する豊穣とブドウ酒と酩酊の神。
目次[非表示]

概要

 長母音を略さなければ「ディオニューソス」。古代ギリシャ語:ΔΙΟΝΥΣΟΣ, ラテン語:Dionysus, 翻字:Dionysos, 『若い』の意。ローマ神話では「バックス(Bacchus, 英語読みで『バッカス』)」と同一視される。この名は、ディオニュソスの別名の一つ「バッコス(ΒΑΚΧΟΣ, Bakkhos, 『騒々しい』の意)」のラテン語化である。
 豊穣とワインと酩酊の他、ブドウ栽培・祝祭・狂気同性愛異性装転生演劇等の神ともされる。オリュンポス十二神に数えられる事もある。
 以前は「新しい神・遅れてきた神」と考えられていたが、紀元前1500~1100年頃のミケーネ文書が解読された結果、他のオリュンポスの神々と同程度に古い神と判明した。起源は不明だが、ギリシャ土着の神やトラキアの神が挙げられている。
 アトリビュートは、テュルソス・蔦の冠・酒杯等。聖なる動物は、ライオンロバ等。聖なる植物は、ブドウシナモン等。戦車を引く動物は二匹の豹で、戦車には師のシレノス(シーレーノス)が同乗している事もある。同行者にはパン(パーン)・サテュロスマイナス(熱狂的な女性信者。複数形はマイナデス。他の呼称にバッケー(複数形バッカイ)・テュイアス(複数形テュイアデス)等)等。
 他、ディオニュソスの祭礼で上演されていた演劇が古代ギリシャ劇に発展した事、ドイツ哲学者ニーチェがギリシャ文化を「アポローン的/ディオニュソス的」という用語で解釈した事等が有名。

主な神話

二度の誕生

セメレの死

 一般的な神話では、ディオニュソスは主神ゼウスとテーベの王女セメレ(セメレー)の子とされる。
 ディオニュソスを妊娠していたセメレは、嫉妬に駆られたヘラ(ヘーラー)に唆され、ゼウスに神としての姿を見たいと願ってしまう。その結果、人間である彼女は、雷電を伴うゼウスの姿に耐えられず、焼死する。ゼウスはディオニュソスを救出し(救出はヘルメス(ヘルメース)に命じたとも)、太腿に臨月まで縫い込んだ。人間を母にもつディオニュソスが半神ではなく神とされるのは、二度目にゼウスから誕生した為と言われる。

ザグレウスの死

 オルペウス教等の神話では、まず主神ゼウスとペルセポネ(ペルセポネー)(デメテル(デーメーテール)とも)の間にザグレウスが生まれる。嫉妬に駆られたヘラの策謀により、ティターン族の手でザグレウスは八裂きにされるが、アテナ(アテーナー)(レア(レアー)またはデメテルとも)により心臓だけは保護された。ティターン達を斃したゼウスは、その心臓を飲み込んだとも、太腿に縫い込んだとも、或いは薬液にしてセメレに飲ませたとも云われる。こうして、ディオニュソスはザグレウスの心臓を自身の心臓として生まれたとされる。

幼年期

 ディオニュソスが生まれると、オルコメノスのイノ(イーノー)とアタマス(アタマース)に女児として育てさせるよう、ゼウスはヘルメス(ペルセポネまたはレアとも)に彼を託した。すると、ヘラがイノとアタマスを発狂させたので、ゼウスがディオニュソスをに変えて今度はニサのニンフ達の元へと運んだ。ゼウスは後に彼女達をヒアデス星団とし、恩に報いている。

流離と凱旋

 成長したディオニュソスは、ヘラによって発狂させられた後、各地を放浪する事となる。
 一般的な神話では、最初にエジプトを彷徨い、プロテウス王に温かく迎えられた。続いてシリアを通過し、橋を掛けてチグリスを渡り、ゼウスの遣わした虎に乗ってユーフラテスを越え、インドを五十年余り漂泊している。
 こうした放浪の間、ディオニュソスと同行者達(パン・サテュロス・信者達)は、敵対する人々に神威を示し、信仰を広めていったとされる。

エドニアの王リュクルゴス

 トラキアでは、エドニアの王リュクルゴスの迫害を受けた。その報いとして、エドニアは不毛の地となり、リュクルゴスは発狂し、自分の息子をブドウの木と間違えて殺してしまう(自分の脚を切断してしまったとも)。リュクルゴスが正気に返ってもエドニアの地は回復しておらず、リュクルゴスが死ぬまで元に戻らないと告げられた住民達によって彼は馬裂きにされたという。

テーベの王ペンテウス

 テーベの王ペンテウスは、従兄弟であるディオニュソスの影響を憂い、信仰を禁止して彼を捕らえようとした。しかし、ディオニュソスは市中の女性達を帰依させ、山中でペンテウスを殺させる。その信女達の中には、ペンテウスの母親もいたという。(エウリピデスの悲劇『バッコスの信女』)

ワインとイカリオス

 アテナイ(アテーナイ)に近いイカリア(イーカリアー)でイカリオス(イーカリオス)に厚遇されたディオニュソスは、返礼としてイーカリオスに葡萄の栽培とワインの製法を教えた。イカリオスは完成したワインを羊飼い達に振舞ったが、初めて飲む酒に興奮した羊飼い達は、毒を盛られたと勘違いしてイカリオスを殺してしまう。彼を捜しにきた娘のエリゴネ(エーリゴネー)は、彼を見つけて悲嘆の余りに首を吊り、飼犬のマイラも死ぬ。
 この事を知ったディオニュソスは怒り、アテナイの未婚女性達を狂気させてエリゴネの様に縊れさせた上、アテナイ人達がイカリオス父娘を祀るまで、彼等の間に疫病を流行らせた。
 また、ディオニュソスは、イカリオスを牛飼い座、エリゴネを乙女座、マイラを子犬座にしたとも言われる。

セメレの神化

 こうして世界中を放浪しつつ神性を確立した後、ディオニュソスは冥界の母親をオリュンポスに引き上げた。彼女は「テュオネ」と呼ばれる。

その他

The Midas Touch

 ディオニュソスは、泥酔して行方不明になっていた師シレノスを歓待していたミダス(ミダース)王に、お礼として「触れた物が全て黄金に変わるように」という王の願いを叶えてやる。しかし、食物まで黄金に変わってしまう事に困り果てた王の再度の願いに、王にパクトロス川で身体を洗うように教え、その能力を川に移してやった。それ以降、パクトロス川では砂金が採れるようになったという。
 この神話から、貨殖の才を "The Midas Touch" と呼ぶ。

ヘパイストスの帰還

 実母のヘラに疎まれ天上から落とされていたヘパイストス(ヘーパイストス)は、天上に黄金の椅子を贈る。しかし、その椅子は罠であり、まんまと座ったヘラは身動きが取れなくなってしまう。困った神々がヘパイストスを説得しようとするが上手くいかず、最終的に、ディオニュソスが酒に酔わせてオリュンポスまで連れ帰ったという。

アリアドネ

アリアドネ参照。

フィクションにおけるディオニュソス

メガテンシリーズにおけるデュオニュソス

仲魔としてソウルハッカーズで初登場、種族は狂神
真・女神転生Ⅲでは破壊神

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのデュオニュソス

CV:松風雅也
外伝ソード・オラトリアに登場。貴公子然とした美形の男神。
ロキ・ファミリアと協力体制を取りダンジョンで起きた異常事態に対処する。
酒の神というだけあって酒好きであり神々の間でも有名な酒マニア。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディオニュソス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79706

コメント