ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物⇒ヘファイストス
Fate/GrandOrder』⇒ヘファイストス(Fate)

概要

鍛冶で、同時に『鍛冶』という『』と密接に関連する職業からの神」でもある。象徴も火箸や金床、金槌といった職人らしいものが揃う。
ゼウスヘラの第一子であるが、ゼウスの浮気にキレたヘラが一人で生んだとの伝承もある。
性格は真面目で、仕事を愛する硬派職人気質。派手さこそ無いものの、非常に優れた技術を持ち、ゼウスの盾アイギスを始めとする多くの道具を作っている。(後述)

工房には、鍛冶の技能を持つサイクロプスを雇っている。彼らはかつてゼウス/ポセイドン/ハデス最大の武器を作っており、これ以上ない仕事仲間といえよう。

本人の容姿は醜く、生まれつき足が曲がっていたが、妻は美の女神アフロディーテ、または美と優雅を司る女神達の一柱アグライアだったと伝わる。一般的にはアフロディーテが有名だが、天界での妻がアフロディーテ、地上での妻がアグライアという説もある。

母ヘラにはその容姿のせいで嫌われ、出生後すぐに山から投げ捨てられる。その時に足を折ってしまい、一生足が不自由になってしまった。その後、海の女神テティスエウリュノメーに拾われて育てられ、無事天に帰る。だが、相変わらず彼を嫌っていたヘラには中々認知されず、神としての地位を得られなかった。その為、彼は自作の椅子を上手く使ってヘラを拘束し、自分を認知させた上、アフロディーテとの結婚も承諾させている。

別の説では母に嫌われてはおらず、ヘラとゼウスの夫婦喧嘩で母をかばった際、ゼウスの怒りを買って地上に叩き落された結果足が不自由になったとされている。この場合、ヘパイストスの椅子に拘束されたのはゼウスである。

また、戦闘能力も高い方で、決して消えない炎を使って大河を蒸発させて河の神スカマンドロスを降参させたり、斧を使ってゼウスの頭をかち割った。
また、ゼウスの頭をかち割った際に生まれたのが知恵の女神アテナである。

結婚

こうして一組の夫婦が誕生したが、ヘパイストスは真面目で、仕事好きなので家には殆どいない。一方アフロディーテは、美しいが刺激を好む性格で、恋愛に関しても奔放。こんな二人が上手く行くはずも無く、アフロディーテは夫を嫌い、粗暴でも美男子のアレスと不倫してしまう(アレスはヘパイストスと父母を同じくする、兄弟同士であり、火や鉄との縁が深いという共通点がある。ある意味、この二神は同一神ではないかという人もいる。内なるエネルギーを闘いや破壊に向けるか、内向的に創造活動へと向けるかの違い)。

妻を愛していたヘパイストスもこの兄弟による寝とられには怒り、ベッドに細工して二人がアレしてる状態で動けない様にした。これをアフロディーテに片思いしていたヘルメスに見せ、彼が周囲に触れ回った結果、アレスとアフロディーテは繋がったまま他の神へ晒し者にされた。

ヘパイストスは二人を裁くようゼウスに迫ったが、自身が浮気者のゼウスが偉そうな事を言えず、お茶を濁されている内にポセイドンの説得で二人は解放される事になった。
堪えかねたアレスは早々に退散したが、アフロディーテは平然としていたらしい。

最終的にヘパイストスはアフロディーテと離婚、アレスから賠償を受け取っている。この時もポセイドンが仲介しているが、アフロディーテはお礼に一晩アレしたらしい。

因みに、ヘパイストスは離婚する直前、一度アテナに迫っているが、欲求不満だったせいで、アレが暴発して地面にアレをこぼしてしまい、しかもそこから子供が生まれている。結局フラれた彼だが、その時できた子供はアテナに育てられた。

ブサメンでもを磨けば偉くなれる」という希望と、「偉くなっても女にはモテない」という絶望を突き付けている。

一部書籍では後にアフロディーテの侍女である三美神の一柱アグライアーと再婚したともされており、希望を捨ててはいけないという事かもしれない。

彼の作った道具

自律稼働型の椅子で、脚には黄金の車輪が付いている。

ゼウスの雷霆は、一般的にキュクロプスの作とされる。

  • アポロンの金の矢/アルテミスの銀の矢
弓矢が得意な彼らに合わせて作られた矢。
金の矢には相手を苦しませずに一瞬で殺し、銀の矢は女性を一瞬で殺す能力がある。

トロイア戦争の英雄アキレウスの装備一式。槍はトネリコ、鎧は青銅で出来ている。
また、盾にはギリシャの宇宙観を表した装飾が成されている。

ヘラクレスが12の試練の一つ「ステュムパーリデスの鳥退治」で使用した鐘で一度鳴らせば周囲に鳥たちが一斉に空に舞い上がる程の大音量が鳴り響く。

アテナの持つ最強の盾ないしは胸当て。
詳しくはリンク先参照。

伝令神ヘルメスや英雄ペルセウスの使用した武器で、
不死身の敵にも有効とされた鎌または剣の一種。


アーサー王伝説に登場する刀剣で、威力だけならエクスカリバー以上。
この刀剣を使っている間、アーサー王はガウェイン卿にエクスカリバーを貸し与えたとも。

ボクシングの得意なディオスクロイの一人ポルックスの為に作られた鉄の義手。
ポルックスは両腕を切断してこの義手を装備し、大軍勢を相手に無双したという。

黄金でできた胸当て。

ヘリオス神が乗っている4頭立ての馬車で太陽そのものとも解釈される。

  • 装飾品
実は武器だけでなく、装飾品を作る事も出来た彼は、
テティスハルモニアといった女神の婚姻の際には首飾り等をプレゼントしている。

  • 見えない網
浮気をした妻とその浮気相手を縛り上げた見えない糸で編まれた網。へファイストス以外が解除する事が出来ない強力な力を持っており、シャルルマーニュ伝説ではカリゴランテという巨人の手に渡って彼が狩に使用していたが、アストルフォの策(?)によって自分が引っかかってしまい、彼の手に渡っている。

  • 黄金の椅子
自分を捨てたヘラを成敗した豪華絢爛な椅子で、座った物を捕縛してしまう力を持っている。


また、道具は勿論、ギリシャ神話のスーパーロボットタロスや人類最初の女性パンドラを作り出しているので、実質「彼に作れないものはない」レベルの技巧を誇る。ただし、医療の神でもあるケルト神話鍛冶神の様に医薬品を作った記録はない。

創作におけるヘパイストス

タワーマンション


関連タグ

ギリシャ神話 オリュンポス十二神 サイクロプス 火属性
鍛冶 職人

ウルトラマンヒカリ/ドラえもん/木手英一:他作品の似たポジションの人たち。

関連記事

親記事

オリュンポス十二神 おりゅんぽすじゅうにしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘパイストス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 490891

コメント