ピクシブ百科事典

ペルセウス

ぺるせうす

ギリシャ神話に登場する英雄。 主神ゼウスとアルゴスの王女・ダナエの子で、のちのアルゴス王。 ゴルゴン三姉妹の末娘・メデューサを討ちとり、カシオペアの傲慢の犠牲となったアンドロメダを救った。 神話界における、元祖白馬の騎士。
目次[非表示]

ペルセウスとは、ギリシャ神話に登場する半神半人の英雄、及びキャラクター名である。ヘラクレスは子孫であり、腹違いのである。

概要

出生

 主神ゼウスアルゴスアクリシオスのダナエの子。
 男の世継ぎがいないことを心配して神託を伺ったアクリシオスだが、「孫に殺される運命にある」というお告げだったため、ダナエに絶対に男と出会わせないように青銅で出来たに幽する。しかし彼女を見染めたゼウスは黄金の雨に変化し、塔の壁や床の隙間から侵入して彼女と関係を持つ。
 こうして生まれたペルセウスだったが、アクリシオスも娘と孫を自らの手にかけることは躊躇したため、生後間もなくダナエとともに箱詰めにされてに流されてしまう。しかし運よくセリーポス島に漂着し、島の漁師・デュクテュスに助けられて親子はそこで暮らすようになる。

活躍

メデューサ退治

 しかし、デュクテュスので島の領主であるポリュデクテスがダナエに横恋慕し、恋路には邪魔だとしてペルセウスを抹殺しようとする。
 そこでポリュデクテスはペルセウスに『ゴルゴン退治』を命じ、あわよくばそのまま帰って来ないようにしようとする。
 一方、ペルセウスはアテナヘルメスの助力を得ることに成功し、ヘルメスからは空を翔ける力を持つの付いたサンダルタラリアを、アテナからは鏡のように磨かれたと、冥王神ハーデスがティタノマキア(巨神戦争)で使用した装備者の姿を消し去る「隠れ兜」を貸し与えられる。
 神々の加護を得たペルセウスは、ゴルゴン三姉妹の居場所を訊き出すために彼女たちをよく知るグライアイの元に向かい、彼女たちから半ば脅すかたちで情報を得る。
 そして死者の国の洞窟に向かい、兜と盾を上手く使って石化を逃れ、ハルパー三女メデューサの首を取ることに成功する。
 このとき、白銀の天馬ペガサスと黄金の天馬クリュサオルが、メデューサの飛び散ったから誕生したとされる。

アンドロメダの救出

 ペガサスを手なづけたペルセウスは、その背に乗ってセリーポス島を目指す道中のエチオピアで、岩礁に括りつけられた美しい乙女を発見する。彼女こそ、のちにペルセウスのとなるアンドロメダであった。
 彼女はカシオペアがその傲慢によって海神ポセイドンの怒りを買ってしまったことで生贄にされ、化けの餌食になろうとしていた。そこでペルセウスはメデューサの首を使って化け鯨を石に変えて(一説では三種の神器を使って失血死させることで)退治する。その功績から父王ケペウスから、彼女と結婚する承諾を得る。
 アンドロメダとの結婚を祝う宴の際、彼女の元婚約者のピネウスの妨害に遭うも、メデューサの首を使って石に変え、事なきを得る。

アルゴス王への道

 島に帰還するとダナエを我がものにせんと暴挙に出たポリュデクテスの軍勢を見つけ、彼らを首の力で石化し、母とデュクテュスを救出する。
 その後、ペルセウスは新たな領主にデュクテュスを推薦し、母とともにアルゴスに帰還する。
 ペルセウスの帰還を聞いたアクシリオスは、ペルセウスからの復讐を恐れてアルゴスから逃亡してしまう。結果、ペルセウスはアルゴス王として迎えられ、アンドロメダに迎える。
 彼女との間には、ペルセウス(ペルセース)、アルカイオスステネロスヘレイオスメーストールエレクトリュオンゴルゴポネという子供たちをもうけた。

神託の日

 あるとき、ラーリッサの街でおこなわれた競技会に参加したペルセウスは、円盤投げで投げた円盤が観客席に飛んでしまい、そこにいた老人に円盤が当たって老人を過失死させてしまう。じつはこの老人こそアクシリオスであり、アクシリオスは予期せぬかたちで神託を成就させてしまった。
 このことを恥じたペルセウスは、ティリュンスの王・メガペンテスと国土の交換を行い、ミデア、ティーリンス、ミュケナイの領主となったという。子孫として、曾孫にヘラクレスが誕生した(実は異母弟でもある)。

 その死後はその功績が称えられ、妻とそろって星座となった。

関連タグ

ギリシャ神話 ペルセウス座
英雄
メデューサ ゴルゴン(ゴルゴーン)
ハルパー アイギス タラリア
アンドロメダ カシオペア
ペルセウス(ダンボール戦機)
ペルセウス・ゾディアーツ
旧ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ペルセウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145196

コメント