ピクシブ百科事典

ミトラ

みとら

ミトラとはインド神話に登場する神である。
目次[非表示]

概要

契約」を意味する名を持つインドイラン共通時代に起源を持ち、この宗教文化より分裂したヒンドゥー教(バラモン教)、ゾロアスター教双方で聖なる存在とされる。
ゾロアスター教聖典アヴェスターではミスラ表記で登場し、中級神霊ヤザタの一人である。時代がくだって現れたパフラヴィー語ではミフルと呼ばれた。

紀元前14世紀のミタンニ・ヒッタイト条約文ではヴァルナインドラ、ナーサティア(アシュヴィン双神)、アグニと共に言及されている。

地中海世界ではギリシャ語形のミトラスの名で信仰された。バラモン教ともゾロアスター教とも異なる信仰の在り方は「ミトラス教」「ミトラ教」と呼ばれる。

仏教における弥勒菩薩(マイトレーヤ、メッティヤ)は名前が似ており、ミトラが語義に持つ「友」を意味としている。
このことから弥勒菩薩信仰がミトラ信仰の影響を受けたとする説もある。

インド神話のミトラ

契約とそれを結んだ「盟友」たちの守護神であり、友情と和合を司る神でもある。
天則を司る存在として、ヴァルナ、アリヤマンと共に掟を破った者に罰を与える。

ヴァルナと共に「アスラ」と呼ばれ、アスラの魔神化が進む『アタルヴァ・ヴェーダ』においてもそうである。
『リグ・ヴェーダ』においてヴァルナ・ミトラは「神々の中のアスラ」と称され、最も優れた「アスラ力」を持つという。

ミトラは太陽神であり、スーリヤ同様「アーディティヤ」とも呼ばれる。ヴェーダにおいては女神アディティの子「アーディティヤ神群」の一人。
アーディティヤ神群にはゾロアスター教側で悪魔ダエーワとされるインドラも含まれており、インド・イラン系宗教の東西分裂前の信仰の様子が伺われる。

メガテンシリーズのミトラ

真Ⅲでシジマの幹部悪魔「魔神ミトラ」として登場したほかソウルハッカーズやSJでは魔王ミトラス、堕天使ミスラ名義で登場。

関連タグ

ヴェーダ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミトラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5888

コメント