ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

を司るであり、この世全ての悪を生み出した存在。
善神アフラ・マズダー世界の終わりまで戦い続けるという。

あらゆる害虫・毒性生物・猛獣、や嵐などの悪天候、欲望や憎悪の心を世に生み出し、この世を悪とに染め上げようと画策している。そのために多数の悪魔を率い、彼らに悪行を勧め、また人々の心の隙に付け入り悪を為すよう唆す。
特定の姿は持たないが、顕現する際はヘビトカゲのような姿を採るという。

世界の始まりにスプンタ・マンユと出会い、スプンタ・マンユが善を勧める事を決した際、逆にアンラ・マンユは悪を勧めることを決したとされる。
両者は「人間の善悪の彼岸」が決する終末の日まで、決して相入れることはない。

ゾロアスター教成立に伴い最古の悪神として名を知られるようになる存在。
古代ペルシャ(紀元前2000年代)でインド・イラン祖語系民族含む広義のアーリア人種において、開祖ザラスシュトラによって原イラン多神教派生として原ゾロアスター教が成立。その際、現地で信仰されていた神々はゾロアスター教義による宗教改革により神話の再構築に組み込まれた。その過程で位階や方向性を定められることになり、アンラ・マンユもそのうちの一柱となる。
ミスラ神、ヴァーユ神など、同じ時代に主権を握っていたものも、ヤザタ (Yazata) と称される中級の善神とされており、後年にはダエーワ(悪魔、または悪神)ともされる。同様にミスラの伴神、または部族単位における主神とされていたアーリマン(狭義アーリア人言語圏の神性)も、悪神と貶められた可能性が高い。
この点は古代インド神話でも関連が見られる。
悪意をもちながら強大なもの、二元論的一神教にあたるゾロアスター教において、教義を支える骨子でもある悪神という概念は、宗教的、共通意識的な敵対的存在という、宗教成立時の対外勢力を示しているともされる。

関連タグ

個別

ゾロアスター教 ダエーワ

別名・表記ゆれ

pixivでは同名のキャラクターを表すタグが多い。

外部リンク

アンラ・マンユ - Wikipedia

関連記事

親記事

ダエーワ いんどしんわではいいひとたちです

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アンラ・マンユ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29754

コメント