ピクシブ百科事典

ゾロアスター教

ぞろあすたーきょう

ゾロアスター教とは、古代ペルシア発祥の宗教である。
目次[非表示]

概要

古代ペルシア(現イラン)においてザラスシュトラによって伝えられた宗教

善悪二元論を特徴とし、聖典『アヴェスター』によると、
宇宙歴史は善神アフラ・マズダと暗黒神アンラ・マンユとの闘争であるとされる。
現存する宗教の中では世界最古のものの一つであり、現在もインドの西海岸ボンベイなどを中心にパールシーと呼ばれる信者がいる。

葬儀の方法は、「鳥葬」といって、遺体を決められた場所に放置し、鳥に遺体を啄まさせるという方法を採用している。教徒の間では、この方法が人間が自然に還るための手段として最適だとされているが、近年は衛生面からこの方法は不適切ではないかとも疑問視されている。

イランの慣習や伝統的なお祭りの由来には、少なからずゾロアスター教の風習が関わっている。

イスラム教を受容する前のペルシア人本来の民族宗教とも言える宗教であり、ペルシア人が次々とムスリム化していく中でも、その信仰は細々と守られ続けた。厳格なイスラム共和政を敷くイランの現体制下にあっても、少数派として残ったゾロアスター教徒の信仰は基本的に保護対象となっており、イラン議会にもゾロアスター教徒用の議席が確保されている。


関連タグ

文化 宗教 信仰
鳥葬 フヴァエトヴァダタ / 近親婚

MAZDA … 日本の自動車メーカー。「マツダ」の名前自体は創業者の名前からだが、スペルはゾロアスター教の最高神「アフラ・マズダー」から来ている。


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾロアスター教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86195

コメント