ピクシブ百科事典

オシリス

おしりす

エジプト神話における大地と冥府の神。 最初期の神族・ヘリオポリス九柱神の一柱であり、地上を飢餓と食人習慣から救った有能な王。 だが、その才能に嫉妬した弟・セト神によって謀殺され、その末に冥府の王となった。 最初にミイラになった人物ともされる。
目次[非表示]

オシリス【Osiris】とはエジプト神話の神である。

概要

生産を司る農耕神にして、死後の世界にて死者の審判を執行する冥府神
女神ヌトと大地の男神・ゲブのあいだに生れた四兄弟の長男。
妹である復活の女神イシスを妻とし、息子に天空神ホルスがいる。

容姿

ファラオとしての王冠包帯で巻かれたミイラの体を持ち、肌は大地を表す茶褐色、もしくは新緑を表すとされる。

統治者としてのオシリス

飢餓と食人の悪習に侵されたエジプトを、知恵の神トトと協力して救い、農耕や小麦粉の生産を広め、パンワインの製造を人々に伝種したという。
類い稀でな治世で人々から親しまれる王であったが、その才能を弟であるセトに妬まれて謀殺されてしまう。

冥府神への転身

ある時、セトはオシリスの誕生日の祝いに自分の館にオシリスを招き、あるゲームを提案する。
それは「目の前に用意したを体のサイズの合う者に贈る」というもので、皆、酒が入っていたこともあって意気揚々と参加した。
誰のサイズにも合わなかったが、最後にオシリスが入ると見事に一致。
そしてそのタイミングを見計らって、全員がオシリスの入った棺に一斉に蓋をし、溶けた鉛を流し込んで殺害に及んだ。つまり、これこそセトの計略だったのである。

棺はナイル川に流されるも、それをイシスが探し当てて、復活させるべく一時的に川岸の茂みに隠した。しかし、これにセトが気付いき、復活を阻止すべく肉体を十四に分割して再びナイル川に投げ入れる。これをまたイシスが拾い上げて繋ぎ合わせるものの、男根だけは大魚に呑まれてしまったため、完全な復活を果たすことができなくなってしまう。
その後、地上の険悪な様相に疲れたこともあり、オシリスは冥府に留まってその地を統括し、魂を裁定する裁判官として冥府神となった。

のちに、彼の仇は息子であるホルスによって勝ち取られることになる。

最初にミイラとなったファラオ

イシスのおこなった復活の儀式というのが、ずばりミイラ作りの原典であり、そういった意味ではオシリスは最初にミイラにされたファラオであるといえる。

関連タグ

エジプト神話
冥王 閻魔
イシス セト ホルス

創作関連

オシリスの天空竜(遊戯王)
ダニエル・J・ダービー・・・スタンドの名前がオシリス神(ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース)
※なお、ダジャレなのかコレに引っかけたイラストも多い

吉永さん家のガーゴイル

オシリスさんを海草怪獣にしてみた


CV:浅野るり

 エジプト錬金術師・ヒッシャムの創り出した人造植物
 食用に開発されたはずだったが、自己防衛のためにビーム出したり毒液を撒き散らしたり地中を移動したりできるように開発されている。
 ヒッシャムがガーゴイルの持つ賢者の石を欲しがって来日した際にはガーゴイルと対決するものの、アッサリ焼き潰されてしまう。しかし、ヒッシャムの再改造により人間美女に酷似した第二形態進化した。
 声帯が存在しないため、胸元に埋め込まれた携帯電話で意思疎通を行う(アニメでは伝わりにくいため、携帯電話に仕込まれた音声合成ソフトで直接喋っていた)。
 食用に開発されたため痩せた土地でも育つうえ、こんな外見ながら肥料日光だけで生きていける。また、再生能力に非常に長けており、が引き千切られてもすぐに再生する。
 体内で万能薬(パナケア)を精製可能であり、いかなる薬や毒をも作り出すことが可能。本人もいかなる毒を浴びてもバイオライダーの如く瞬時に解毒できる。
 あと結構美味い。

pixivに投稿された作品 pixivで「オシリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 398136

コメント