ピクシブ百科事典

女神

めがみ

女神とは、女性の神のこと。
目次[非表示]

女神について

女神信仰の興りは正確な数値は定かではないが、少なくとも2万年前には世界各地で平行進化的に各々の地母神崇拝を発展させてきた。文字を発明する以前の時代から、灌漑農業を発見する以前の時代から、人類は誰に言われたわけでもなく人として当然の感情として、手乗りサイズの小さな女体像を作り、そのノウハウを後世に伝えた。人類最古の信仰である。
詳しくは地母神のページを参照。
その匠の遺伝子は、現代でもフィギュアの原型師に受け継がれている。

中東で最も広く信仰されたイシュタルは、ユーラシア大陸各地の地母神信仰に多大な影響を与えた。下記リストの神々の信仰形態や神話上のエピソードを少しでも手に取れば、いかにイシュタル信仰から多くのものを学んだかが窺えるだろう。

ヒンドゥー教ではデーヴィーたちへの信仰が盛んである。男神たちと同様に様々な相や化身を持ち、それぞれ配偶神の相や化身と神話において深く結びついている。

また、仏教ではもともとインド土着のバラモン教ないしヒンドゥー教の神々のほとんどを天部と呼びさほど特別視しないが、弁財天吉祥天などの女神が仏法の守護神として取り込まれている。
阿羅漢は女性でもなれるが如来男性しかなれないとされるため、女の如来は存在しない。もっとも、そんなことは一般的に認知されるはずがなく、絶世の美女を「生き如来」と表現する歴史は古い。
菩薩には女性もおり、ターラー多羅菩薩)は女性の尊格である。
観世音菩薩は男性の尊格であるが、法華経に記された三十三身(化身)には女性も含まれており、東アジア及び日本では女性的な容姿で描かれることも多い。

ローマではギリシャ人が信仰した神々を引き継いで信仰したが、実はポエニ戦争前後からエジプト由来のイシス信仰も伝来しており、彼女を祀ったイセウム神殿は現在もオベリスクを遺している。

欧米において近代に興ったペイガニズム(新異教主義、異教復興主義)やニューエイジにおいても女神は重要な存在である。
ペイガニズムではヨーロッパ各地の神話から、ニューエイジでは世界中の神話から引用される。
ニューエイジにおいては前述の観音菩薩は当然のごとく女神として扱われる。

ちなみに、男性のことは男神(だんしん)と呼ばれる。

女神の一覧

ギリシャローマ

ギリシャ神話とローマ神話の神は対応関係にあるものがあるため、対応する女神はセットで記述する。


北欧神話


神道

漢字表記も読みも色々なので独断と偏見で記載


仏教

  • 弁財天(弁才天、弁天):七福神の紅一点
  • 鬼子母神(きしもじん):夜叉、元は食人鬼であったが仏道に帰依し子供を守る女神となった


ヒンドゥー教系


エジプト神話


アイヌ


シュメール神話


その他


創作物に出てくる女神


関連タグ

 神様 神話

pixivに投稿された作品 pixivで「女神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15270154

コメント