ピクシブ百科事典

如来

にょらい

仏教における信仰対象の一つ。
目次[非表示]

修行の果てに悟りを開き、輪廻を脱出した存在。
仏教の開祖である釈迦も成仏したとされ釈迦如来と呼ばれる。
部派仏教が認める如来(ブッダ)は釈迦を含む過去七仏であるが、
大乗仏教ではさらに阿弥陀如来など数多くの仏たちの存在が語られるようになった。
如来は、成仏した後も弟子である菩薩たちと共に衆生を悟りへと
導こうと活動しているとされる。

如来は一つの世界に一人しか現れないとされ、大乗仏教でさえ
歴史的に確認できる人物としては釈迦如来しかいない。
如来たちは、それぞれに自分が受け持つ仏国土を主宰している。
釈迦如来の受け持つ仏国土は娑婆(サハー)世界といい、
我々が住むこの世界のことだと言われている。

如来十号

阿羅漢や菩薩と異なり、如来は十の称号を持つ。
これは阿含経からの伝統である。
・尊敬されるべき人、供養に値する者(阿羅漢
・完全な悟りを開いた者(正等覚者)
・明智と行いを備えた者(明行足)
・幸せなる者(善逝)
・世間を理解する者(世間解)
・衆生を訓練する者(調御丈夫)
・無上の者(無上士)
・人類と神々の師(天人師)
ブッダ仏陀
尊師(世尊)
さとりを開いたとされる仏弟子なども「阿羅漢」と言われるが、
彼らのような通常の阿羅漢が他の如来十号で呼ばれることはない。

如来たち

阿閦如来
阿弥陀如来
釈迦
大日如来
毘盧遮那仏
薬師如来

関連タグ

菩薩 明王 天部
仏像 阿羅漢

pixivに投稿された作品 pixivで「如来」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43649

コメント