ピクシブ百科事典

神仏

しんぶつ

神と仏。神々と仏菩薩を合わせて呼ぶ語。
目次[非表示]

概要

日本においては、神仏習合の思想に基づき、日本神話などの神々と、仏教の尊格(如来菩薩明王天部)とを一体として捉える概念となっている。宗教としての「神道仏教」という意味もある。

仏教誕生当初から、教えの中で神と仏が同時に存在したが、両者の立場は厳密に区別されている。
阿含経の一部である『ドナ・スッタ』では仏陀は「神でも人でも魔でもない」と記される。
如来十号の一つである「天人師」とは「神々と人々の師」という意味である。
仏教においては神々もまた、輪廻転生に囚われた迷える衆生であり、仏から一方的に導かれる立場にあった。
しかし大乗仏教が発祥すると、特定の神々は実は如来や菩薩の化身であった、とする説が生まれる。
例えば中国における天台宗の祖の一人である天台智ギの説では、月天子は勢至菩薩日天子は観音菩薩明星天子は虚空蔵菩薩の化身である。
中国神話の神々もまた、仏菩薩と結び付けられた。中国仏教の護法神太山府君道教東嶽大帝と習合しているが、彼らは薬師如来地蔵菩薩の化身ともされている。
道教の世界観を基にした神怪小説『封神演义』においても、文殊広法天尊(文殊菩薩)など、仏教の菩薩たちが仙人として登場している。

歴史的な詳細は神仏習合記事を参照してほしいが、日本においても奈良時代ごろから、神道の神々が仏教の菩薩号や如来号を求めているという信仰が生まれ、また仏教側も守護神として神道の神々を求めるようになった。が化身となって日本各地に神としての姿を現すという論理、すなわち「本地垂迹説」である(義江彰夫『神仏習合』)。

義江によれば、この動きは鎌倉時代に全盛期を迎えた。『沙石集』が伝える伊勢神宮社官の主張によれば、アマテラス大日如来でもあり、伊勢神宮の内宮と外宮は胎蔵界と金剛界の大日如来をそれぞれ表わしているという。熱田神宮の『神祇官私記』によると、イザナギ熊野権現であり、イザナミ白山権現であるという。『長秋記』が引いた熊野社先達の説明によれば、その熊野の神々は阿弥陀如来を始めとした諸仏に対応付けられている。また、寺社記事にもあるとおり、延暦寺の守護神はオオヤマツミにして釈迦如来興福寺の守護神はタケミカヅチにして不空絹索観音、そして八幡宮が祀るのは神としての応神天皇すなわち八幡大菩薩となっていたのである。こうして中世における日本神話の諸テキストは、古代の古事記日本書紀に仏教の観点を加えた新たな解釈によって読み替えられていった。これを中世日本記という(義江彰夫『神仏習合』)。

神仏という概念は室町時代戦国時代と日本的な神道および仏教信仰のあり方として継続していったが、吉田神道国学の誕生によって動揺し、明治時代の神仏分離令によって終わりを告げることになった(その詳細は神仏習合記事参照)。

神仏の分類

「如来、菩薩、明王、天部」

漢訳仏典を用いる諸宗派で用いられる分類。正確には天部以外も最後に「部」がつく。
如来とは釈迦如来阿弥陀如来といった仏陀。菩薩は仏陀程ではないが高い悟りに達しており如来の補佐として衆生を救う存在。
明王は密教経典特有(ただし、密教以外の宗派でも信仰される)の尊格で、苛烈・厳格な姿をとり迷える衆生を強引にでも仏道に帰依させる存在。
五大明王のように仏の化身・分身であることが多いが、大元帥明王孔雀明王のように本体となる仏菩薩が明瞭でない者もいる。
天部とは如来や菩薩と異なり、悟りを得ていない神々および超自然的存在のこと。一般的な神(デーヴァ)だけでなく夜叉ヤクシャ)竜(ナーガ)なども含まれる。

「グル・デワ・ダキニ」

チベット仏教における分類。グルは導師、尊師と訳される語で特にチベット最古の宗派ニンマ派の祖パドマサンバヴァをさす。
デワはデーヴァ、漢訳仏典を使う諸伝統における「天部」であるが、デワには「明王」にあたる尊格も含まれる。
デワの中でもヘールカと呼ばれる尊格は仏陀に等しい存在とされる。
ダキニは女夜叉ダーキニーが語源だが、ここでは男性の仏尊と対となる女尊やパドマサンバヴァの女性弟子イェシェ・ツォギャルを指す。
チベット仏教では穏やかな姿をした「寂静尊」と鬼神の如く荒々しい「忿怒尊」という種別もある。

その他

pixivでは『聖☆おにいさん』のイエスブッダを描いた作品にこのタグがつけられているケースもある。

聖典



関連タグ

信仰  神道  仏教
神仏習合 巫僧

pixivに投稿された作品 pixivで「神仏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148163

コメント