ピクシブ百科事典

地蔵菩薩

じぞうぼさつ

地蔵菩薩とは仏教における菩薩の一人。
目次[非表示]

概要

地蔵( 地蔵菩薩 )は、仏教における菩薩の一人であり、もともと『地蔵十論経』のなかに「よく善根を生ずることは、大地の徳の如し」とあるように大地そのものを呼ぶ語だったものが、バラモン教の大地の( または豊作女神 )プリティヴィー信仰とあいまって擬人化、「地蔵菩薩」という仏教の修行者として誕生したとされる。

図像表現

日本をはじめとする東アジアでは不空訳『地蔵儀軌』に記された、坊主頭に衣と持物のみのシンプルな姿が一般的。この形式の地蔵菩薩像の持物は錫杖と宝珠が基本。
他の菩薩のように豪華絢爛であったりカラフルな衣装を纏った姿を表現した仏画や仏像も存在する。

チベット仏教では、如意樹の枝と鈴を持つ姿が伝わっている。

特徴

役割

この菩薩は観世音菩薩と並んで数多くの御力を発揮する菩薩とされ、「釈尊入滅から弥勒菩薩来迎の56億7千万年のあいだ、一切の衆生を救い続ける」という使命を負った菩薩である。

別名

十界( 迷いの六道と悟りの四界 )のあらゆるところに赴いて人々を救いに出ることから、またの名を無辺身菩薩( むへんしんぼさつ )とも称される。この辺りについては六地蔵というかたちで表わされる( 生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すという六道輪廻の思想を現している )ことが多く、この時には持物がさまざまに変化する。

虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩と対なる名前を持つ( 「虚空」を意味するアーカーシャは「天」の意味もある )ものの、現在に至るまで対として祀られる例は少ない。

閻魔との関係

この菩薩は地獄に赴いて救済を行うとも言われ、中国では十王信仰と結びつき、閻魔大王と同一視された。

お地蔵様

江戸時代以降、道祖神と習合したこともあり、行路安全を願うため多くは道端に祀られるようになり、また祀られている場所は事故や行き倒れ等の不幸があった場所で死者を供養するために建立された場合も多く、「お地蔵様」の愛称で親しまれている。

子供の守護者

また“子供の守護者”しても信仰され、観世音菩薩と並んで水子( みずこ/流産・堕胎によって死んだ胎児 )の供養の主催者としても崇められている。

御真言

この菩薩の大乗仏教の宗派で用いられる呪術的な語句( マントラ )は次の通り
オン カカカ ビサンマエイ ソワカ

御利益

五穀豊穣、身体健護、病気平癒、救財、水子供養、安産、子授け、子供守護、先祖供養……等々があげられ、さらに役小角が感得したと伝わる日本独自の変化身「勝軍地蔵」は勝利、戦勝もご利益とする。

pixiv上での注意

「地蔵」の名を冠するキャラクタータイトルが存在し、これは「地蔵の名称を持つキャラクター等」にあるが、仏教の地蔵のイラストを探す場合は「地蔵菩薩」「お地蔵様」「地蔵尊」で検索するか、仏教関連タグといっしょに検索するのが望ましい。

化身・垂迹とされる神

天児屋根命( 春日大社・三宮 )
イザナミ( 愛宕神社 )
鴨玉依姫命( 日吉大社・樹下宮 )
智明権現( 天台宗大山寺 )
水分神( 吉野水分神社 )
赤山大明神( 天台宗赤山禅院 )

関連タグ

菩薩 観音菩薩 虚空蔵菩薩
閻魔 不動三尊 道祖神
道端
矢田寺成美

地蔵の名称を持つキャラクター等

鏖地蔵( ぬらりひょんの孫 )
地蔵亜美( オオカミさんと七人の仲間たち )
疋殺地蔵( BLEACH )
天つき地蔵( ドラえもん )

pixivに投稿された作品 pixivで「地蔵菩薩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3414

コメント