ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

閻魔

えんま

閻魔とは、仏教・ヒンドゥー教における地獄の王、死者の裁判官である。
目次 [非表示]

閻魔大王閻魔王閻羅王とも。


もしかして

  1. 閻魔あい:『地獄少女』の主人公。
  2. 閻魔刀(ヤマト):「デビルメイクライ」に登場する武器。
  3. エンマ:土屋計原作、ののやまさき作画の漫画作品、および主人公の少女の名前。
  4. エンマ:「魔神英雄伝ワタル2」の登場人物。暗黒空間に住む妖精。
  5. えんまちゃんかがみふみをの漫画作品、および主人公の少女の名前。
  6. ドロロンえん魔くんメ~ラめら永井豪の漫画作品、およびそれを原作とするアニメーション。
  7. 閻王:『蒼天の拳』の主人公・霞拳志郎の通称。
  8. 閻魔エマ:『円満解決!閻魔ちゃん』のヒロイン。
  9. 閻魔分身獣:ザイゴーグが背中の棘から生み出した怪獣たちの総称
  10. 閻魔旱魃:台湾の人形劇「霹靂布袋戲」の登場人物
  11. エンマ大王(妖怪ウォッチ):「妖怪ウォッチ」シリーズの登場人物。妖魔界の統治者。
  12. 紅閻魔(Fate):「Fate/GrandOrder」に登場するセイバーのサーヴァント。
  13. かいけつゾロリシリーズ』てんごくとじごく、じごくりょこう、たべられる!!に登場するキャラクター
  14. 閻魔(ONEPIECE):『ONEPIECE』に登場する武器。

概要

インド神話の冥府の神・ヤマが中国を経て日本に伝わったもの。

日本での呼び名「エンマダイオウ」は英語ではEmma DaioEmma Daiohと表記する。Enma DaioEnma DaiohEnma DaiouEnma Daiooなどの表記揺れもある。

中国では閻羅王と書いてイェンルオワンもしくは閻王と書いてイェンワン、韓国ではヨムナデワンもしくはヨムラデワン、ベトナムではジエムヴオン、チベットではシンジェもしくはシンジェチョギェルと呼ぶ。


ヴェーダ』によればこの世で最初に死んだ人間であるとも、太陽神ヴィヴァスヴァットの息子として生まれながらも、冥界へ続く「祖霊の道」を見つけ定命の業を背負ってしまったが故に冥界の支配者となったとも言われる。元は祖霊の楽園・ピトリスを支配し、俗世のカルマから解き放たれた魂を導く存在だったが、後に俗世で法が失われ混迷の時代が訪れると死者の魂が増え、それらの質を問う必要性に問われたが為に自ら冥府の支配者になった、と伝えられる。


ヴェーダ時代のヤマはアグニの友とされた。これはアグニの司る火に火葬の火も含まれるためである。ヒンドゥー教においては緋の衣をまとい、美しい花飾りと冠を身につけ、索縄と杖を手にスイギュウを乗騎とする神として知られる。穏やかで気品のある王侯のような顔で描かれる一方、鬼神の如き恐るべき形相をした存在として描写されることもある。

仏教に取り入れられると、ヤマが元々持っていた多面的な表現もまた取り入れられるようになった。漢訳仏典を教典とする東アジアの大乗仏教においては穏やかな姿で水牛に乗る焔摩天と忿怒相をした閻魔とに分かれている。チベットやネパールの仏教における夜摩法王はもっぱら水牛や鬼神の形相をした忿怒尊である。


中国に伝来し道教と習合すると、現在能く知られる“笏”を持ち、法冠を抱き、ゆったりした衣装を身に付けた威厳のある姿が定着するようになった。この変化は、文化間の相互作用が宗教的象徴や表現にどのように影響を及ぼすかを示す例である。この姿にも忿怒相バージョンと穏やかな相のバージョンが存在する。

朝鮮においては唐服かつ穏やかな相、日本においては唐服かつ忿怒相の姿が一般的。中国の笏はインドにおける法杖(ダンダ)と同様、裁判官など法的権威の象徴であり、唐風の「閻魔大王」の笏はインド神話の「ヤマ・ラージャ」が持つダンダを置き換えたものと言える。


唐代末期には、死後の裁きが十人の裁判官によって為されるという「十王信仰」が成立、閻魔王は第五審の担当と位置付けられた。また十王にその後の三審を加えて「十三王」と呼ぶ場合もある。


日本にも十王信仰が伝わり、閻魔大王は第五審の担当とされた他、インド仏教の思想も伝えられて地獄全体の王も閻魔大王であるとされるようになった。また、日本限定であるがお地蔵様こと地蔵菩薩と同一であるとの伝承もある。閻魔堂と呼ばれる廟で閻魔大王像と共に三途の川奪衣婆の像が祀られていることもあり、閻魔の妻は奪衣婆であるとも言われていたりもする。

閻魔大王は奪衣婆懸衣翁が衣領樹の木の枝で量った罪業の重さ、真実を映し出す「浄玻璃の鏡」、死者の生前の行いをまとめた「閻魔帳」の記録を基に、死者の魂が次に六道のどこに行くかを決める。

また、生前に多くの嘘をついているとここで閻魔様に舌を抜かれると言われる。


大きく目と口を開け、赤ら顔で怒りをあらわにしているが、これは子供を叱る親の顔でもある。

閻魔大王は亡者を裁く報いとして日に三度、地獄の鬼たちに取り押さえられ、ドロドロに溶けたを無理やり飲まされて体内を焼かれるという。

そのような苦痛を背負ってもなお大王が亡者を裁くのは、罪を犯さないように反省させることで一人でも多く衆生を救うためだといわれている。

一説に閻魔大王は地蔵菩薩の化身であるといわれている。閻魔大王は人間を深く愛しているからこそ、憎まれ役を引き受け辛い仕事をしているのかもしれない。


森の閻魔大王

「森の閻魔大王」とされる御方もおられる。


フィクションにおける閻魔

pixiv内にタグがあるものに限定して記載する。


その他名前が閻魔大王であるものは該当項目やエンマ大王を参照。


備考

  1. 検索窓を使用する場合、閻魔あい閻魔刀などが含まれてしまうため、「あい」「刀」などをマイナス検索することを推奨する。
  2. 現状では、「閻魔」・「閻魔大王」タグが付いた画像の大部分がギャグマンガ日和のファンアートである。略称の日和タグを付けていない画像も多く、マイナス検索で同作のファンアートを除外することが難しくなっている。区別のためにも作品名タグを付けることが望ましい

関連項目

閻魔大王 閻魔王 閻羅王 ヤマ

地獄 冥界 冥府

閻魔様に舌で抜かれる

閻魔帳 閻魔賽日


他の記事言語

Enma

関連記事

親記事

十王 じゅうおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6803648

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました