ピクシブ百科事典

閻魔

えんま

閻魔とは、仏教・ヒンドゥー教における地獄の王、死者の裁判官である。
目次[非表示]

閻魔大王閻魔王閻羅王とも。

もしかして

  1. 閻魔あい 『地獄少女』の主人公。
  2. 閻魔刀(ヤマト)『デビルメイクライ』に登場する武器。
  3. 閻魔天子 フリーゲーム『アールエス』の登場人物ラプソディアを指す。
  4. エンマ 土屋計原作、ののやまさき作画の漫画作品、および主人公の少女の名前。
  5. エンマ 『魔神英雄伝ワタル2』の登場人物。暗黒空間に住む妖精。
  6. えんまちゃん かがみふみをの漫画作品、および主人公の少女の名前。
  7. ドロロンえん魔くん 永井豪の漫画作品、およびそれを原作とするアニメーション。
  8. 閻王 『蒼天の拳』の主人公・霞拳志郎の通称。

概要

インド神話の冥府の神・ヤマが中国を経て日本に伝わったもの。

ヴェーダ」によればこの世で一番最初に死んだ人間であるとも、太陽神ヴィヴァスヴァットの息子として生まれながらも、冥界へ続く「祖霊の道」を見つけ定命の業を背負ってしまったが故に冥界の支配者となったとも言われる。元は祖霊の楽園・ピトリスを支配し、俗世のカルマから解き放たれた魂を導く存在だったが、後に俗世でダルマ(法)が失われ混迷の時代が訪れると死者の魂が増え、それらの質を問う必要性に問われたが為に自ら冥府の支配者になった、と伝えられる。

因みにヤマは、ペルシア神話では最大の英雄であり至高の名君・ジャムシードとして伝えられている(最も、後に悪神アハリマンの策略によりその地位を失う事になるのだが)。

ヴェーダ時代のヤマは緋の衣をまとい、美しい花飾りと冠を身につけ、索縄と杖を手にスイギュウを乗騎とする伊達者として描かれていたが、中国に伝来し道教と習合すると、現在良く知られる“笏を持ち、法冠を抱き、ゆったりした衣装(道服)を身に付けた”威厳のある姿が定着するようになった。唐代末期には、死後の裁きが十人の裁判官によって為されるという「十王信仰」が成立、閻魔王は第五審の担当と位置付けられた。また十王にその後の三審を加えて「十三王」と呼ぶ場合もある。

日本にも十王信仰が伝わり、閻魔大王は第五審の担当とされた他、インド仏教の思想も伝えられて地獄全体の王も閻魔大王であるとされるようになった。また、お地蔵様こと地蔵菩薩と同一であるとの伝承もある。閻魔堂と呼ばれる廟で閻魔大王像と共に三途の川奪衣婆の像が祀られていることもあり、閻魔の妻は奪衣婆であるとも言われていたりもする。
閻魔大王は奪衣婆懸衣翁が衣領樹の木の枝で量った罪業の重さ、真実を映し出す「浄玻璃の鏡」、死者の生前の行いをまとめた「閻魔帳」(人が生まれた時から共にいる倶生神が記録し、死後にまとめられ暗黒童子が読み上げる)の記録を基に、死者の魂が次に六道のどこに行くかを決める。

大きく目と口を開け、赤ら顔で怒りをあらわにしているが、これは子供を叱る親の顔でもある。
閻魔大王は亡者を裁く報いとして日に三度、地獄の鬼たちに取り押さえられ、ドロドロに溶けたを無理やり飲まされて体内を焼かれるという。
そのような苦痛を背負ってもなお大王が亡者を裁くのは、罪を犯さないように反省させることで一人でも多く衆生を救うためだといわれている。
一説に閻魔大王は地蔵菩薩の化身であるといわれている。閻魔大王は人間を深く愛しているからこそ、憎まれ役を引き受け辛い仕事をしているのかもしれない。

ちなみに、好物は裏表のないこんにゃく

フィクションにおける閻魔

pixiv内にタグがあるものに限定して記載する。

  • S.Y.K~新説西遊記~S.Y.K)  
  • エンマ - 十王の一人「閻魔王」。人界の秩序を守るため少女エンマを遣わす。
  • えんまちゃん - 人に悪行を唆す「悪玉」を回収するため、閻魔大王が娘の「えんまちゃん」を人界に遣わす。
  • ウソツキ!ゴクオーくん - 地獄からやってきた初代閻魔大王「地獄王(ジゴクオー)」ことゴクオーが主人公である。
  • ウルトラシリーズ - ウルトラマンタロウにえんま怪獣エンマーゴが、劇場版ウルトラマンXに閻魔獣ザイゴーグが登場。ただし、どちらも元ネタと違い邪悪な怪獣とされ、ここに書かれている一部の閻魔からは怒りを買いそうな奴らばかりである。
  • おじゃる丸 - エンマ大王おじゃる丸に笏を奪われて裁判に支障を来し、手下の子鬼トリオに奪還を命じる。
  • 黄門★じごく変 - 正義の裁判官であったが諸般の事情で現世へ侵略を開始、十王とともに支配を図るが。
  • ギャグマンガ日和 - 「天国の死闘-母をたずねて-」シリーズの主人公が閻魔大王。悪人に怯え、部下からは軽んじられるヘタレな青年。
  • ゲゲゲの鬼太郎 - シリーズに登場している。下記のドラゴンボール同様、巨大で強力な力を持っている。おそらく最もクローズアップされたのはTVアニメ第5シリーズ(2007年放映)で、中の人もドラゴンボールと同じである。容姿も、赤い皮膚に下顎の鋭い牙を覗かせる独特な見た目である。「地獄究極奥義」の本家本元で、その規模は鬼太郎の比にはならなく、不死身の初代ドラキュラを再び戦闘不能にさせ、血の池地獄の力を吸ったコウモリを含む西洋妖怪の軍勢を一瞬で凪ぎ払った。また、世界を滅ぼす力を持つヤトノカミを単独で封じ込めた。また、緊急時には地獄を単独で支えることも可能。また、同期では十三王も登場。
  • 東方Project - 四季映姫・ヤマザナドゥを参照。
  • ドラゴンボール - 身長が10メートル以上もある巨体の人物で、もちろん超強い。裁きは厳格(稀に気分が混ざるときもある)だが対応は柔軟で、死者にも肉体を与えたり、地獄に落ちるべき悪人も蘇らせて(例:ベジータ)一大事の備えにするなどの措置を取ったりする。
  • ファイアキング - 地獄に迷い込んだ主人公を人間界に送り返す。
  • 鬼灯の冷徹 - 身長がトトロくらいある巨体の人物。日本の地獄の王で、亡者を裁く人物として登場。一般の「閻魔大王」の設定に沿っているが、好好爺で、作者によると「理想の上司」。
  • 冥界落語
  • 桃太郎伝説 / 桃太郎電鉄 - 鬼たちのトップであり、潔い性格の大物。鬼たちから寄せられる信頼はとても篤く、桃鉄でも正統派かつ上位のCOMとしてプレイヤーにたちはだかる。
  • 幽遊白書 - 閻魔大王の息子であるコエンマが冥府の王として浦飯幽助を使う。
  • シャーマンキング - 地獄のコミューンの一つにて、五大精霊の一角スピリット・オブ・アースを護っていられる。

備考

  1. 検索窓を使用する場合、閻魔あい閻魔刀などが含まれてしまうため、「あい」「刀」などをマイナス検索することを推奨する。
  2. 現状では、「閻魔」・「閻魔大王」タグが付いた画像の大部分がギャグマンガ日和のファンアートである。ギャグマンガ日和(または略称の日和)タグを付けていない画像も多く、マイナス検索で同作のファンアートを除外することが難しくなっている。上記の通り多数の作品に同名キャラが存在するため、区別のためにも作品名タグを付けることが望ましい

関連項目

閻魔大王 閻魔王 閻羅王 ヤマ
地獄 冥界 冥府
閻魔様に舌で抜かれる
閻魔帳

他の記事言語

Enma

pixivに投稿された作品 pixivで「閻魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4830895

コメント