ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導分岐

1.インド神話に登場する神。
2.インドの弾道ミサイル。
3.黒執事の登場人物。インドの王子ソーマに仕える執事。→アグニ(黒執事)
4.デジタルデビルサーガ アバタールチューナーのキャラクター。
5.悪魔城ドラキュラ蒼月の十字架に登場するボスキャラ。
6.サガフロンティアに登場する銃器メーカー。

インド神話のアグニ

アグニは火神であり、ヴァイシュヴァーナラ(普遍的な者)の名でも崇められる。
太陽、電光、祭火等、全ての火を象徴する存在で、浄化とも強く結びつき、天則(リタ)を犯す者、悪魔を焼き払う神でもある。

アグニの祭火と浄化の力は重要視され、前者は神と人の仲介者、後者はアグニが大地を一度焼き払うことでその地を人の居住可能な場所にするというアーリア人の歴史と絡めて語られる。

また、アスララクシャーサ等の悪魔を焼き払う神であり、シヴァがアスラの建てた三つの城塞を破壊する時に使った神箭の鏃にアグニの力が込められた。

「リグ・ヴェーダ」では讃歌がインドラに次いで多く、全編五分の一をしめる。
アグニは祭場で燃える火を意識して、黄金の顎と歯、炎の髪、二面の顔、三枚(七枚)の舌を持ち祭火に投じられた供物を味わうとされる。供物の中でも特にギーというバターを好む。

こんな逸話がある。ある時アグニは「神として様々な立場の問いかけに誠実に解答しなければならない」義務を守って仙人ブリグを怒らせ、不浄な食べ物以外は口に出来ない呪いを掛けられた。

後にアグニが「神の誓い」を尊守しただけと知ったブリグは、アグニの炎に「浄化」の力を与え、この世のあらゆる不浄な存在を浄化出来るようにした。この事から、アグニは人間に捧げられた供物や、死体から穢れを取り除き、神々の下まで運ぶ仲介者の役割を担う様になった。

ブラフマーの創り出した蓮華から誕生した逸話もあるが、原人プルシャの口から生まれた、創造神プラジャーパティによってリグ・ヴェーダと共に創られたという話もある。またアグニは天地両界に属する者として雨や水脈から生まれる、木や鉄石の摩擦から生ずる等、二重の出生を持つ存在とされる。誕生後、両親を焼き殺したという日本神話のヒノカグツチにも似た異伝も持つ。

人間に対して体内における消化、憤怒、思想の火とも結び付き、信者を保護し子孫繁栄をはかる恩恵の神であり、闇を除去する光、霊感、思想の源泉としても讃えられる。
神像として赤い体牡羊に乗る姿で表される。

アグニの起源は、印欧語族の文化で重要視された“炉の火”が祓魔の力を持つとして神聖視され、供物を投じられて奉仕された事が始まりとされ、薪木・香料・動物の脂肪が捧げられた。語源もラテン語の“イグニス(ignis)”と同じで、ゾロアスター教の火神アータルと同一視される。

時代と共にローカパーラ(護世神)南東の守護神の座を保つだけになり、仏教に吸収されてからは十二天の一つ、火天となった。火天は赤い体、白い髪、四本の腕を持つ火中に座す仙人の姿で、右に三角印と数珠、左に水瓶と杖を持つ。阿耆尼(あぎに)とも書かれる。

創作での扱い

「真・女神転生」のアグニ

シリーズ一作目に初登場、種族は天魔。それ以来長らく出番がなかったが『D×2』で再登場する。

「デジタルデビルサーガ」のアグニ

アグニらくがき


主要キャラの一人、ヒートが変身する悪魔。その姿は赤い体と四角錐の棘が身を鎧い、
双頭と頑健な体躯を備える。ウルトラ怪獣パンドンに酷似している。

戦闘では、両手の指の間から生ずる三本の鉤爪で攻撃する。
ショルダータックルも得意で、勝利時にドラミングする等、荒々しさが目立つ。

五代ゆう著「クォンタムデビルサーガ」では、周囲の温度を超高熱に上昇させる能力を持つ『上位アートマ』とされる。

なお『真・女神転生』では種族”天魔”、ヒノカグツチの色違いで青い炎に包まれた巨人。

「悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架」のアグニ

ダリオの魂と融合して炎の力を強化した悪魔。鏡の中に居る為先に別のボスを倒さないと倒せない。
因みに、次作のギャラリーオブラビリンスにもボスとして出演している(ストーリーとは無関係で倒さなくてもクリア可能)

「サガフロンティア」のアグニ

作中に名前だけ登場する、ハンドガンが主力商品の銃器メーカー。本社はマンハッタンにあるらしい。社名を冠したハンドガンが複数登場するので、多くのプレイヤーが知っているだろう。

関連タグ

インド神話 赤肌 多腕
火神 火属性 火天

関連記事

親記事

デーヴァ でーゔぁ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アグニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565540

コメント