ピクシブ百科事典

カーマ

かーま

カーマとはインド神話に登場する愛欲の神である。
目次[非表示]

概要

カーマという語はサンスクリット語で、肉体的な快楽、悦楽、官能、愛欲を意味する。
仏教における魔王マーラの異名の一つでもある。
これを名とするカーマはまたカーマデーヴァ(愛欲の神)とも呼ばれる。
ラティ(愛)、プリーティ(喜び)という妻(両者は同一の存在とも)がいる。
ヴァーハナ(騎獣)はオウムであり、サトウキビで作った蜂蜜が連なった弦を張り、先端をで飾ったを持つ。

有名な『カーマ・スートラ』は神としてのカーマではなく、愛欲を意味するカーマを取り扱ったものであり、カーマ神にまつわる神話は書いていない。

シヴァとのエピソード

不死身のアスラ・ターラカに神々が悩まされていた頃、シヴァの子がターラカを倒せるとブラフマーに告げられた神々はシヴァに子作りをさせようとカーマを差し向ける。
今回のターゲットはあくまでシヴァであったが、彼とその配下が地上に降り立つだけで、あらゆる衆生が愛欲に心を支配され性交しまくったという。
それは聖者や苦行者ですら迷わせるほどであった。

カーマは苦行していたシヴァの瞑想を一瞬だけ揺るがすことはできたものの、シヴァの怒りを買い、第三の目から放たれた灼光によりカーマは肉体を滅ぼされてしまう。
アナンガ(体無きもの)となったカーマはクリシュナの息子プラデュムナとして生まれ、人としての生涯を終えたカーマはやっと肉体を取り戻したという。

関連タグ

エロス キューピッド 愛染明王
デビルサバイバー2セプテントリオンの『アリオト』を打ち落とすためにシヴァとカーマの封印を解き、上記のエピソードに由来する方法で落とす。<このイベント後カーマは通常、シヴァは条件付きの悪魔合体で、仲魔にできる。)

pixivに投稿された作品 pixivで「カーマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60730

コメント