ピクシブ百科事典

スーリヤ

すーりや

スーリヤとは、インド神話に登場する太陽神の一人である。
目次[非表示]

概要

無限の大女神アディティの息子たち「アーディティヤ神群」の一柱。
『リグ・ヴェーダ』ではアーディティヤ神群の一人ではなかったものの、
単数形で「アーディティヤ」と呼ぶ場合、それはスーリヤの異名であった。
後にヴィシュヌ等と共にアーディティヤ神群に加えられた。

空を遍く照らす日光の要素が強く反映された太陽神で、司法神であるヴァルナミトラの「」として下界を監視し、地上の人間全員の行いを漏らさずチェックする。
太陽のも象徴されているのか、火神アグニの別名「ジャータ・ヴェーダス」とも呼ばれる。
アグニもまた「裁く神」としての性質を持つ神である。

地平線から太陽が姿を現す時、彼は夜の闇を追い払い、生き物たちに力を与える。
日の出の太陽を象徴する事から、同時刻に活躍する暁の女神ウシャスとの繋がりも深い。
『リグ・ヴェーダ』ではウシャスの後にスーリヤが現れるのを「若い娘を若い男が追っかける」様子になぞらえている。
このためか、ウシャスがスーリヤの正式な妻とする説もある。

チャリオットが存在する文化の太陽神らしく、彼も戦車に乗る。彼が乗る戦車を引くのは七頭の栗毛の牝馬たちである。

別の太陽神ヴィヴァスヴァットと同一視される事もあり、その場合ヤマ閻魔)の父ということになる。

仏教にも取り入れられ、漢訳仏典では「日天」と呼ばれる。ウシャスがモデルとされる摩利支天を眷属としている。

家族関係

妻:サンジュニャー、チャーヤー、ラグイー、プラバ、ウシャス
サンジュニャーはヴィヴァスヴァットの妻として『ヴィシュヌ・プラーナ』に登場する。チャーヤーは同プラーナの説話においてサンジュニャーが自身の影として作り出した分身のような存在。
子:カルナ、スグリーヴァ、アシュヴィン双神
カルナは『マハーバーラタ』でパーンドゥ王の后クンティーにマントラ(真言)の力で授けた子。スグリーヴァは『ラーマーヤナ』に登場するヴァナラ(猿)族の王の后との子。医神であるアシュヴィン双神は『ヴィシュヌ・プラーナ』ではヴィヴァスヴァットが馬の姿でもらした精液から生まれた。馬の姿の妻が産んだとするプラーナもある。

関連タグ

インド神話の太陽神:ヴィシュヌ ヴィヴァスヴァット サヴィトリ プーシャン

pixivに投稿された作品 pixivで「スーリヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1586

コメント