ピクシブ百科事典

カルナ

かるな

古代インドの英雄叙事詩「マハーバーラタ」に登場する不死身の英雄。または、キャラクターの名前。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. 古代インドの英雄叙事詩「マハーバーラタ」に登場する不死身の英雄。
  2. トリガーハートエグゼリカ」のキャラクター。→カルナ(トリガーハートエグゼリカ)
  3. ゼノブレイド」のキャラクター。→カルナ(ゼノブレイド)
  4. Fateシリーズ」に登場するサーヴァント。1をモチーフにしている→カルナ(Fate)


概要

Sleepful Maharathi Karna



パーンダヴァ5兄弟と敵対するカウラヴァの中心的人物の1人。
優れた弓の使い手であり、大英雄・アルジュナを宿敵とする。

誕生経緯

カルナは、母親であるヤドゥ族の王シューラの娘・クンティーがクル王・パーンドゥの妃となる以前に、太陽神スーリヤとの間に生んだ子である。

弓の名手だったパーンドゥは、リシ(聖仙)が変化した鹿を知らずに射殺してしまったために、性交をすると死んでしまう呪いをかけられていた。
そのため、彼の最初の妻になったクンティーは、リシのドゥルヴァーサから任意の神を父親とした子を産むマントラを授かっていので、クンティーは夫にその事実を告白し、許しを得てダルマヴァーユインドラと交わり、それぞれユディシュティラビーマアルジュナの三人の子供を授かった。

しかし、クンティーは結婚するより以前、マントラを授かった直後に好奇心からスーリヤを呼び出してしまい、スーリヤの子を生んでいた。

これがカルナであった。未婚での出産の発覚を恐れたクンティーは、生まれたばかりのカルナを箱に入れて川に流してしまった。カルナは御者アディラタに拾われ、ラーダーという養母に育てられた。

(Wikipediaより、抜粋編集)

関連タグ

マハーバーラタ
アルジュナ

pixivに投稿された作品 pixivで「カルナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6061196

コメント