ピクシブ百科事典

景行天皇

けいこうてんのう

第12代天皇。垂仁天皇の皇子。3世紀末から4世紀前半にかけて60年間在位。
目次[非表示]

概要
御名は大足彦忍代別尊(オオタラシヒコオシロワケノスメラミコト)。
垂仁天皇が崩御(他界)され、景行天皇元年に即位した。

翌景行天皇2年、播磨稲日大郎姫命(ハリマノイナビノオオイラツメ)を皇后とし、皇后は大碓皇子(オオウスノミコ)と小碓皇子(オウスノミコト)という双子をお産みになった。
弟の小碓皇子が、日本神話で有名な日本武尊(ヤマトタケル)である。

景行天皇は3世紀末から4世紀前半にかけて活躍されたと考えられる天皇で、熊襲蝦夷をはじめとする、朝廷に従おうとしない全国の首長や族長の平定に遺された。

古事記』や『日本書紀』によれば、その大半は皇子の日本武尊によって成し遂げられたと伝えられるが、天皇御自身も熊襲平定のために出征されたことが記されており、雄々しい天皇である。

景行天皇60年11月7日、志賀(滋賀県大津市)の高穴穂宮で106歳で崩御された。

系譜

垂仁天皇の第三皇子、母は日葉酢媛命(ヒバスヒメノミコト)。
古事記によれば記録に残っている御子が21人、残らなかった御子が59人、合計80人も御子がいたことになっている。

皇居

都は纒向日代宮(まきむくのひしろのみや、現在の奈良県桜井市穴師と思われる)。

実績

垂仁天皇37年1月1日に立太子。景行天皇元年7月に即位、翌2年3月3日に播磨稲日大郎姫を皇后に立てる。

九州巡幸

景行12年、熊襲が背いたので、これを征伐すべく、8月に天皇自ら赴く。周防国の娑麼(さば、山口県防府市)で神夏磯媛から賊の情報を得て誅殺した。


関連タグ

天皇 日本武尊
高穴穂神社

pixivに投稿された作品 pixivで「景行天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704

コメント