ピクシブ百科事典

垂仁天皇

すいにんてんのう

第11代天皇。崇神天皇の皇子。3世紀後半に活躍された。
目次[非表示]

概要

第11代天皇。
3世紀後半に活躍されたと考えられる天皇で、当時は「天皇」ではなく「大王」と呼ばれたとされる。
幼いときからしっかりとしていて立派なお方で、壮年になると、並外れて度量が大きくなられた。
天性に従ってものごとを行い、歪めたり飾ったりされなかったという。

垂仁天皇2年、狭穂姫命皇后とし、を纏向の珠城宮に遷された。
纏向は現在の奈良県桜井市の北部であり、三輪山の西北麓にあたる。

天皇は父帝である崇神天皇同様、天神地祇を祀ることを怠りにならなかった。
垂仁天皇25年には、皇女の倭姫命(ヤマトヒメノミコト)に天照大神伊勢に祀らせる準備をさせた。
これが後の伊勢神宮の創祀となり、彼女が最初の伊勢斎王だったといわれる。

天皇はまた、崇神天皇の政策を踏襲して諸国に池や溝をたくさん開かせ、それにより農民は豊かになり、天下は太平になった。
こうした善政の他にも、垂仁天皇28年、天皇は「古えの風習といえども良くないことには従わなくてもよい(昔からの風習だからと言っても、人が不幸になるようなことなら別にしなくてもいいよ)」と仰って、以後の殉死を廃止させた。
その後、垂仁天皇32年に皇后の日葉酢媛命が薨去すると、野見宿彌(日本の相撲の元祖といわれる)が土偶をつくり、殉死する人の代わりにしたのが、埴輪の起源といわれる。

垂仁天皇の時代は海外との交流も活発に行われ、崇神天皇の時代に来朝した任那の王子・蘇那曷叱智(ソナカシラ)が帰国した。
また、新羅の王子・天日槍(アメノヒホコ)が来朝した。

系譜

崇神天皇の第3皇子。生母は御間城姫命(みまきひめのみこと)。垂仁天皇はヤマトタケルの祖父でもある。

皇居

は纒向珠城宮(まきむくのたまきのみや)。古事記には「師木玉垣宮(しきのたまかきのみや)」とあり、奈良県桜井市穴師周辺に比定されている。

実績


崇神天皇29年1月1日に誕生。
同48年4月、崇神天皇の予知夢により皇太子に立てられる。

垂仁天皇元年1月即位。
翌2年2月に狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。

同3年3月新羅王子の天日槍が神宝を奉じて来朝。

同5年10月、皇后の兄狭穂彦が叛乱を起こし、皇后は兄に従って焼死する (狭穂彦王の反乱)

同15年2月、丹波道主王の女たちを後宮に入れる。8月にその中から日葉酢媛と再婚とした。

同25年3月、天照大神の祭祀を皇女の倭姫命に託す

同27年8月、諸神社に武器を献納、神地・神戸を定めた。

同28年、殉死の禁令(元妻の二の舞にはしたくなかったのだろう)。代わりに土偶や埴輪が生産される。

同32年7月、日葉酢媛が他界。

同35年、諸国に多くの池溝を開いて、農業革命を起こす。

同99年7月、他界。140歳だった。
垂仁天皇は始皇帝の様に不老不死の薬を田道間守などに探させにいかせたという。ちなみに田道間守は不老不死の薬を見つけたのだが時すでに遅く、垂仁天皇は崩御。誠実な田道間守は泣き悔やんだという(ここでいう不老不死の薬はビタミンたっぷりのミカンである。なぜミカンが不老不死のくすりと定義されたのであろうか…)

御陵

菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ)に葬られた。現在、同陵は奈良県奈良市尼辻西町の宝来山古墳に比定される。

関連タグ

天皇 大王(日本) 
古事記 日本書紀 日本神話 日本史
伊勢神宮 倭姫命

垂仁天皇が登場する作品

※「狭穂彦王の叛乱」をモチーフにして書かれたライトノベル。「伊久米の大王」として登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「垂仁天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1245

コメント