ピクシブ百科事典

崇神天皇

すじんてんのう

第10代天皇。開化天皇の皇子。崇神天皇元年即位。現時点で実在の確かな最初の天皇。
目次[非表示]

概要

第9代開化天皇が崩御された翌年、崇神天皇元年、皇太子であった御間城入彦五十瓊殖尊(ミマキイリビコイニエノスメラノミコト)が即位された。

崇神天皇は「御肇国天皇」(はつくにしらすすめらみこと)とも呼ばれていた。
※「御肇国」とは「はじめて整った国を治める」という意味であり、初期国家の君主にふさわしい呼称である。
ちなみに、初代神武天皇もまた「始馭天下之天皇」(はつくにしらすすめらみこと)と呼ばれたが、「始馭天下」は「はじめて天下を治める」の意味であり、初代天皇の意味である。

崇神天皇のおられた実年代は3世紀と考えられる。

崇神天皇10年の詔で「民を導く本は教化にある」と仰せられたように、教化を政治理念とされた。
そのために徳をもって統治されたが、それでも思われるようにならないときはに祈られた。

また、天照大神倭大国魂神を天皇の御殿の内に祀られたが、神の勢いを恐れられて、天照大神を大和の笠縫邑にお祀りし、倭大国魂神を渟名城入姫命(崇神天皇の皇女)にお預けして祀らせた。

天皇は、遠い国の人々を教化するために、大彦命を北陸へ、武渟川別を東海へ、吉備津彦命を西道(山陽道)へ、丹波道主命を丹波へと、4人を将軍に任命して全国各地に派遣された。
有名な四道将軍の派遣である。

天皇は財政にも力を注がれ、人民の戸口調査を行い、「弭調」(ゆはずのみつぎ:獣肉や皮革などの狩猟生産物)、「手末調」(たなすえのみつぎ:絹や布などの手工業生産物)というを課せられて、天下は平穏になったといい、他にも善政を行われた。

系譜

開化天皇の第二子。母は伊香色謎命(いかがしこめのみこと)。
父兄に彦太忍信命(磐之媛の祖)。異母弟に彦坐王(神功皇后の祖)。

皇居

都は磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや、奈良県桜井市金屋の志貴御県坐神社が伝承地)。『古事記』には、「師木の水垣宮(みづかきのみや)に坐しまして、天の下治めらしめしき」とある。
 
 →纏向遺跡のページ参照。

実績


崇神天皇3年9月、三輪山西麓の瑞籬宮(みずかきのみや)に都を移す。

崇神天皇6年、疫病が流行。疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移した(伊勢神宮)。

崇神天皇10年9月、大彦命を北陸道に、武渟川別を東海道に、吉備津彦を西道に、丹波道主命を丹波(山陰道)に将軍として遣わし、従わないものを討伐させた(四道将軍)。
途中、武埴安彦(たけはにやすびこ、孝元天皇の皇子)の叛意を知り、大彦命が引き帰って闘うという事態が発生するも、大彦命の力により謀反は抑えられた。

崇神天皇11年4月、四道将軍が地方の賊軍を平定させて帰参、その様を奏上した。

崇神天皇12年9月、戸口を調査して課役を科す。天下平穏となり、天皇は御肇国天皇と褒め称えられる。

古事記には天下を統一して、平和で人民が豊かで幸せに暮らすことが出来るようになり、その御世を称えて初めて国を治めた御真木天皇「所知初国之御真木天皇」と謂う、と書かれている。

御陵

山邊道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)に葬られた。現在、同陵は奈良県天理市柳本町の柳本行燈山古墳(前方後円墳・全長242m)に比定される。

関連タグ

天皇 日本史 纏向遺跡

pixivに投稿された作品 pixivで「崇神天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 747

コメント