ピクシブ百科事典

天照大神

あまてらすおおみかみ

日本神話に登場する太陽を神格化した神で、皇室の祖神の一柱、日本総氏神ともされる。
目次[非表示]

曖昧さ回避→天照アマテラスアマテラスオオミカミ

名称

古事記』と伊勢神宮では「天照大御神」、『日本書紀』では「大日靈貴神」(おおひるめのむち)、「天照大神」と表記し、神宮では天照大御神の他に「天照皇大御神」や「天照坐大御神」と表記し、文献や神社によっては「大日女尊」、「大日霊」、「天照姫命」とも。
歴史的に「あまてるおおんかみ」や「あまでらす」とも呼称されてきた。

解説

太陽を神格化した女神とされ、皇室の祖神として皇族から深い崇敬を受けている。
月読命須佐之男命に当たり、三貴子の一柱として須佐之男命、大国主神に並ぶ重要な神とされる。

古事記では黄泉から帰ったイザナギが禊によって顔を洗った時に左目から生まれ、日本書紀では天下を治める子を作ろうという事でイザナギと契ったイザナミから生まれたとされる。一般的には前者の誕生説話が有名。

天照大神に関する最も有名な話が「天岩戸伝説」であり、以下古事記に沿って記述する。
父伊邪那岐命に大海原を治めるよう命令された須佐之男命であったが、死んだ母(伊邪那美命)に会いたいと泣き喚き、大人になっても海を治めなかったため伊邪那岐命に追放されてしまう。黄泉への旅立ちに際して、別れのために姉である天照大御神の治める高天原を訪ねるが、天照大御神は国を奪いに来たものと疑い、男装・武装して弟を待ち構えた。
須佐之男命は身の潔白を証明するために、互いの物実を交換して子供を作るという誓約を提案した。これによって須佐之男命の剣を噛み砕いた天照大御神の吹く息から宗像三女神が、天照大御神の勾玉を噛み砕いた須佐之男命の吹く息から五柱の男神が産まれた。この時誓役の勝利の条件を事前に宣言していなかったが、須佐之男命は「女神を産んだのは身の潔白さの証明」と無理を押し通して誓約で天照大御神に勝った。
しかし調子に乗った弟神須佐之男命は暴れまくった。最初は弟を擁護する彼女であったが、遂に機織り小屋の天井から皮を剥いだ馬を投げ込み、それによって機織女が死んでしまう。それを見て畏れた天照大御神は天岩戸に閉じこもり、結果高天原と葦原中国が闇に包まれてしまった。
これに困った八十万の諸神達は、天の賢者である思金神の作戦に従って岩戸の前に集まり、天宇受売命が乳房や陰部までさらけ出して踊り狂うと、その可笑しさに大笑いした。天照大御神は自分が隠れて世界が暗闇に包まれているのにも関わらず、愉快そうに笑い声が聞こえることを不審に思った。彼女が気になって岩戸を少し開いたところに、天津麻羅と伊斯許理度売命が精錬・鋳造した八咫鏡と勾玉を掲げた榊をかざし、鏡を不審に思って更に岩戸を開いたところを天之手力男神に無理やり引きずり出され、岩戸は布刀玉命によって塞がれた。そして世界に光が戻った、という世界的に見られる射日神話&招日神話の一つである。

その後、罪を問われて罰を受け天から追放された須佐之男命は、降臨先の出雲で八俣遠呂智を退治するなど英雄的な面を見せる。そして出雲で子を産み、その子孫が大国主神であった。大国主神は葦原中国の国造りを行ったが、それを見ていた天照大御神は自分の子孫こそが葦原中国を治めるのに相応しいと考え、自分の子供を使者として次々に送り込んだ。交渉は難航したが、最後に建御雷神を派遣し、やっと国譲りがなった。
国譲り(聞こえは良いが、実際は武力による奪取)によって大国主神を退けた後に、孫の邇邇芸命三種の神器を授けて地上へと降臨させた。彼女の5世孫(天照大御神→天忍穂耳命邇邇芸命火遠理命鵜草葺不合命若御毛沼命)が初代天皇にあたる神武天皇である。
その後崇神天皇の御代に倭大国御魂神との神威の衝突を避けて皇居外で祀るようになり、垂仁天皇の時代に伊勢に鎮座、現在は八咫鏡を御神体として伊勢神宮に祀られている。

雄略天皇の御代には彼の夢元に現れ、「私一人では食事を安らかにできない(つまり一人飯が寂しい)から、丹波国の比治の真奈井に鎮座する御饌神、等由気太神(豊受毘売神、豊受大神)を私の近くに呼び寄せなさい」という今までの独善的、若干のナルシズム的な印象とは打って変わった可愛らしい神勅を下し、これによって伊勢外宮が創建された。

別称はオホヒルメノムチ(大日孁貴神)。
オホは「偉大な」という意味の尊称、ヒは「日」、ルは連帯助詞「の」、または「日」の動詞化「ヒル」、メは「女」、ムチは「高貴な者」の意で、「偉大な太陽の女の貴人」という名義である。
この名を日の妻または巫女と読む説は、中国現存の最古の辞書「説文解字」に「孁、巫也」とあるという間違いから始まっていると思われる。実際は「孁、女字也」とあり、似た字の「靈、巫也」と誤読した可能性が高い。歴史研究会の機関誌ですら「説文解字に孁、巫也とある」と誤った引用をしており、原本に当たらない孫引きの繰り返しが広まっている。

天照大神は神道における神々の世界・高天原(たかまがはら)の最高神であり、広く崇拝されているのみならず、『古事記』『日本書紀』などで重要な役割を担う存在。ただし最高神扱いされたのは明治時代のことで、天皇主権を形作る上でその宗教的権威を構成するために新たに作り出された観念によるものであり、本来神道における最高神は存在しない。
本地垂迹説では十一面観音大日如来が本地とされる。両部神道では胎蔵界大日如来であると同時に梵天、さらに日天子とされる。

男神説

中世の書物の中には男神とするものも存在し、上記の大日如来説とも関連して男性神として描かれることがしばしばあった。
また東アジアの太陽を奉じる人々(古代朝鮮の王族など)は、基本的に太陽神を男性神として捉えており、皇室と朝鮮・大陸王族の同族性(太陽神信仰、巨石信仰、鳥神のトーテム、高、久士布流など地名の共通)を考えると、本来は皇室の男系祖先だった人物を神格化した男性神がその原像であったとする説がある。伊勢神宮に仕える斎宮が未婚処女の女性皇族に限られていたことも、前述の説の証左になると考えられる(天照大御神が百合であったのなら話は変わってくるが)。
性別に関しては、記紀では女神と分かるように描かれており、一般的には女神とされる。『日本書紀』では女神と明記されている。『古事記』では性別に関しての明記はないが、男装する際に御髪を解き角髪に結び直す、つまり平素には男性の髪型をしていない、機織り部屋で仕事をすることなど女性と読み取れる記述が多い、別名に女性と読みとれる言葉があることなどから女神であると読み取れる。伊勢神宮などでは古くから女神として祀られており、伊勢神宮の儀式をまとめた皇太神宮儀式帳には女神とあり、記紀で性別のハッキリしていない月読尊も男とされている。これは古事記、日本書紀編纂の命令が出た時点では既に女神として考えられていたもので、7世紀後半から8世紀初頭にかけて突然性別が交代したわけではない。

一方内陸アジアや北アジア、東南アジアや東アジアでは太陽が女で月が男とする考え方の方が古いとする説もある。「太陽が男で月が女は若い層であり、インド・モンゴル・中国では早い時期に逆転されしまったが、日本は古いまんまである。」(出典:東北宗教学)とのことである。

仏教における天照大神

日本の法華信仰では『法華経』の守護神とされた。月の一日ごとに法華経を守護する神々チーム「三十番神」の一員であり、彼女は各月の10日を担当する。
三十番神の概念は天台宗にはじまり、日蓮宗にも取り入れられた。天照大神の名前は日蓮題目曼荼羅にも記されている。

漫画における天照大神

記紀神話ないしは、それをモチーフにした漫画に多く登場する。高天原の主宰神らしく、美しく神々しく描かれることが多い...のかというと、意外とそうでもなかったりする。

  • 石ノ森章太郎氏の『マンガ日本の古典』シリーズ。前半のヒロインだが、使えない息子や部下に振り回される。
  • 小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』、『天皇論』シリーズなど多数作品に登場。人間味を帯びたタッチで描かれる。
  • 安彦良和氏の『ナムジ』。敵勢力の指導者・ヒミコは天照大神をイメージしたキャラとして登場。幾度となく主人公の前に立ちふさがるライバルで陰のヒロイン。
  • よしだもろへ氏の『いなり、こんこん、恋いろは』。眼鏡をかけた小太りなおばちゃん。色んな意味で物議をかもした存在。
  • こうの史代『ぼおるぺん古事記』。ストーリーは原作に忠実(というか原文をそのまま絵解きしている)なのだが、アマテラスの風体は巨大な真ん丸い顔で目が細く三頭身に描かれている。最初は奇怪に見えるが、しだいにマスコットキャラのように可愛らしく見えてくるので不思議。
  • 水木しげる氏の『水木しげるの古代出雲』。須佐之男大国主命(いずれも可愛らしいか美男子)が善玉なため、悪役として妖怪じみた風貌に描かれている。
  • 久松文雄氏の『まんがで読む古事記』。可能なだけ漫画的なアレンジを削いで、原文に忠実な描写を心懸けて描かれているためか、基本的には凛々しい女性として描かれている。
  • 原秀三郎氏の『マンガ古事記 神話篇』(作画は阿部高明氏)。涼やかな瞳がチャームポイントの美形。猜疑心を持ったために須佐之男に報復されてひどい目に逢うが、彼を庇う優しい人格者で描かれる。イケメンの息子二人と可愛い孫に恵まれている、人間味ある雰囲気の女性。

その他にも…

  • 登場人物の名前を一文字ずつ取って「天照大神」とする物もある。例えば「咲-Saki-」の登場キャラクター「江衣」「宮永」「星淡」「代小蒔」の4人で成立する。登場人物の多い作品では、割りと成立しやすいかも…?
  • 伊勢市の観光PRキャラクター、はなてらすちゃん
  • pixiv上では多くのユーザーによる素敵な絵が多い。一方、エロく描いた罰当たりなものや引きこもりワガママ描写をもとにした風刺、いじられの対象になっている作品も多い…だがそれがいい。両性具有者、男の娘という説などを参考にした絵も存在する。
  • 現代ではスピリチュアリストによる目撃例も多く、「無上の愛」の存在とされる。


関連タグ

天照大御神 アマテラスオオミカミ 天照 アマテラス
日本神話 女神 三貴子 神道 伊勢神宮 太陽神 天城雪子 天岩戸

関連外部リンク

天照大神 - Wikipedia
天照大神とは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

三貴子 みはしらのうずのみこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天照大神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 613610

コメント