ピクシブ百科事典

天照大神

あまてらすおおみかみ

日本神話に登場する太陽を神格化した神で、皇室の祖神の一柱、日本総氏神ともされる。
目次[非表示]

曖昧さ回避→天照アマテラスアマテラスオオミカミ

解説

太陽を神格化した女神である。
月の神月読尊須佐之男に当たる、三貴子の一柱。
イザナギ左目から生まれたとされる。

別称はオホヒルメノムチ(大日孁貴神)。
オホは尊称、ヒルは日、メは女、ムチは高貴な者、貴く偉大な太陽の女という意味である。
この名を日の妻または巫女と読む説は、中国現存の最古の辞書「説文解字」に「孁、巫也」とあるという間違いから始まっていると思われる。実際は「孁、女字也」とあり、似た字の「靈、巫也」と誤読した可能性が高い。歴史研究会の機関誌ですら「説文解字に孁、巫也とある」と誤った引用をしており、原本に当たらない孫引きの繰り返しが広まっている。

天照大神は日本神道における神々の世界・高天原(たかまがはら)の最高神であり、広く崇拝されているのみならず、『古事記』『日本書紀』などで重要な役割を担う存在。
本地垂迹説では十一面観音大日如来が本地とされる。両部神道では胎蔵界大日如来であると同時に梵天、さらに日天子とされる。

天照大神に関する最も有名な話が「天岩戸伝説」である。
誓約で天照に勝ち調子に乗った弟神スサノオは暴れまくった。そのショックで天照は天岩戸に閉じこもり結果、高天原と葦原中国が闇に包まれてしまう。神々が岩戸の前に集まり宴会を開いて気を引き、気になって岩戸を少し開いたところを無理やり引きずり出した。そして世界に光が戻ったという皆既日食にまつわる話。

男神説

書物や史跡の中には男神とするものも存在し、上記の大日如来説とも関連して男性神として描かれることがしばしばあった。また、オオミカミを両性具有神、女性的志向をもった神として描写する書物も存在する。その多くが男性優位社会の強かった中世に考えられたとも言われ長らく否定されていたが性的少数者がクローズアップされるようになり注目された。

性別に関しては、過去の文献では女神と分かるように描かれており、一般的には女神とされる。『日本書紀』では女神と明記されている。『古事記』では性別に関しての明記はないが、男装する際に御髪を解き角髪に結び直す、つまり平素には男性の髪型をしていない、機織り部屋で仕事をすることなど女性と読み取れる記述が多い、別名に女性と読みとれる言葉があることなどから女神であると読み取れるがその反面上記の男神説が出るなど未だに曖昧な部分も多く伊勢神宮などでは古くから男神としても祀られている。

太陽を女・月を男とみる神話は世界にも多いく、北方に集中しているが台湾にもある。

仏教における天照大神

日本の法華信仰では『法華経』の守護神とされた。月の一日ごとに法華経を守護する神々チーム「三十番神」の一員であり、彼女は各月の10日を担当する。
三十番神の概念は天台宗にはじまり、日蓮宗にも取り入れられた。天照大神の名前は日蓮題目曼荼羅にも記されている。

漫画における天照大神

記紀神話ないしは、それをモチーフにした漫画に多く登場する。高天原の主宰神らしく、美しく神々しく描かれることが多い...のかというと、意外とそうでもなかったりする。

  • 石ノ森章太郎氏の『マンガ日本の古典』シリーズ。前半のヒロインだが、使えない息子や部下に振り回される。
  • 小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』、『天皇論』シリーズなど多数作品に登場。人間味を帯びたタッチで描かれる。
  • 安彦良和氏の『ナムジ』。敵勢力の指導者・ヒミコは天照大神をイメージしたキャラとして登場。幾度となく主人公の前に立ちふさがるライバルで陰のヒロイン。
  • よしだもろへ氏の『いなり、こんこん、恋いろは』。眼鏡をかけた小太りなおばちゃん。色んな意味で物議をかもした存在。
  • こうの史代『ぼおるぺん古事記』。ストーリーは原作に忠実(というか原文をそのまま絵解きしている)なのだが、アマテラスの風体は巨大な真ん丸い顔で目が細く三頭身に描かれている。最初は奇怪に見えるが、しだいにマスコットキャラのように可愛らしく見えてくるので不思議。
  • 水木しげる氏の『水木しげるの古代出雲』。須佐之男大国主命(いずれも可愛らしいか美男子)が善玉なため、悪役として妖怪じみた風貌に描かれている。
  • 久松文雄氏の『まんがで読む古事記』。可能なだけ漫画的なアレンジを削いで、原文に忠実な描写を心懸けて描かれているためか、基本的には凛々しい女性として描かれている。
  • 原秀三郎氏の『マンガ古事記 神話篇』(作画は阿部高明氏)。涼やかな瞳がチャームポイントの美形。猜疑心を持ったために須佐之男に報復されてひどい目に逢うが、彼を庇う優しい人格者で描かれる。イケメンの息子二人と可愛い孫に恵まれている、人間味ある雰囲気の女性。

その他にも…

  • 登場人物の名前を一文字ずつ取って「天照大神」とする物もある。例えば「咲-Saki-」の登場キャラクター「江衣」「宮永」「星淡」「代小蒔」の4人で成立する。登場人物の多い作品では、割りと成立しやすいかも…?
  • 伊勢市の観光PRキャラクター、はなてらすちゃん
  • pixiv上では多くのユーザーによる素敵な絵が多い。一方、エロく描いた罰当たりなものや引きこもりワガママ描写をもとにした風刺、いじられの対象になっている作品も多い…だがそれがいい。両性具有者、男の娘という説などを参考にした絵も存在する。


関連タグ

天照大御神 アマテラスオオミカミ 天照 アマテラス
日本神話 女神 三貴子 神道 伊勢神宮 太陽神 天城雪子 天岩戸

関連外部リンク

天照大神 - Wikipedia
天照大神とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「天照大神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482639

コメント