ピクシブ百科事典

十一面観音

じゅういちめんかんのん

十一面観音とは大乗仏教の尊格の一人、観世音菩薩(観音菩薩)の変化身の一つである。
目次[非表示]

概要

観世音菩薩の代表的な変化身「六観音」の一つ。六観音においては六道のうち修羅道の衆生を救う存在とされる。
梵名は「十一の顔」を意味する「エーカダシャ・ムカ」、漢訳仏典における名称はこの語義を訳したもの。
メインの顔の上に、冠のように小さな顔が並んだ描写・造形がなされる。さらに観音像の特徴として阿弥陀如来化仏も備える。
メインの顔を含めて十一面である例と、メインの顔と別に十一面を持つ(合計12になる)例とがある。
それぞれの顔は、仏菩薩としての境地や、衆生に対してとる態度を表している。
仏像仏画ではの上に立っていたり座したりしており、腕は二本で、下に垂れた右手には数珠を、左手には紅蓮(赤い蓮)が入った花瓶を持つ。
真言宗豊山派では右手に地蔵菩薩のように大錫杖を持つ造形がなされ、このタイプは総本山の名をとって「長谷寺式十一面観音」と呼ばれている。岩の上に立つデザインも、地蔵菩薩像にみられるモチーフである。

聖観音以外の変化身の多くにも言える事だが、十一面観音も密教系の菩薩である。しかし密教経典『千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼經』に収録された「大悲心陀羅尼」は宗でも広く唱えられている。

チベットの観音信仰でもポピュラーな変化身の一つである。千手観音と融合したような十一面千手観音菩薩の仏像や仏画が多く作られている。

ヒンドゥー教の方位神の一人「エーカダシャ・ルドラ」が原型とする説もある。

十一の面が象徴するもの

十一面観音


メインの顔と仏面、菩薩面は穏やかなものだが、それ以外は、励ましの意味を持つ狗牙上出面すらいかめしい。チベット仏教では神仏は寂静尊と忿怒尊に分けられるが、十一面観音はその両方の形相を合わせ持つ尊格と言える。

  • 仏面
頭頂に一つだけある顔。仏陀としての悟りの境地を表す。『法華経』の第二十五章として吸収された『観音経』によると、観音菩薩は相手に応じて様々な姿をとるが、その一つに「仏身」がある。
「仏身」をとれる事じたいが、観音菩薩が既に仏の範疇にある証とする見解もある(水野弘元『仏教要語の基礎知識』)。
  • 菩薩面
三つある顔。菩薩として、衆生のもとで救済を行う者としての性質を現す。
  • 瞋怒面
三つある顔。瞋怒(しんぬ)は「怒り」を意味する二つの漢字を合わせた仏教語。不動明王のような慈悲と厳しさを持った怒りで衆生を戒める顔である。
  • 狗牙上出面
三つある顔。唇の間から、犬の牙のような犬歯を剥き出しにした異様な形相であるが、清らかな行いをする人々を励ます意味を持つ。
  • 大笑面
仏面と同じく一つだけある顔。後頭部についた顔で、前からは見えない。衆生の悪を大笑いにより吹き飛ばす顔。悪への怒りが根底にあり、その笑顔は鬼神のようである。このため「暴悪大笑面」とも呼ばれる。

歓喜天との関係

暴れまわり、疫病を広め、人身御供すら要求した象頭の魔神ヴィナーヤカ(毘那夜迦)に苦しめられていた人々の祈りに応え、観音菩薩は十一面観音として降臨。彼を鎮めるため、そこから象頭の女神と変化して抱擁し合い、なおかつ相手の足を踏みつける事で調伏したという。
これが歓喜天である。十一面観音と抱き合った男女揃った姿で「歓喜天」と呼ばれる事が多い。
十一面観音に抑えられてなお、かつての荒々しい面を強く残しており、荼枳尼天と並び、素人が自己流で拝むには危険すぎる天部神とされる。
寺院で教わるやり方に従ったとしても、お勤めを疎かにしたりすると大変なことになるという。

十一面観音の化身(垂迹)とされる神

九頭竜権現は八大竜王の一人ヴァースキ(和修吉)とされるが、本地は弁才天ともされる。
このように女性の神との繋がりが深い観音であり、そのためか光明皇后の姿を模した十一面観音像(奈良県にある法華寺の本尊)もある。

真言・陀羅尼

  • オン ロケイジンバラ キリク

「ローケーシュヴァラ(ロケイジンバラ)」とは、「世において自在なる主」の意味。後に「ラージャ」をつけると菩薩時代の阿弥陀如来(法蔵菩薩)の師匠「世自在王仏」のサンスクリット名になる。ローケーシュヴァラはシヴァ神の異名でもあり、十一面観音と「(シヴァと同体とされる)ルドラ」の名を持つ方位神と結びつける仮説が現れるのも頷ける話である。

  • オン マカ キャロニキャ ソワカ
マカ(マハー)は「大きい」「偉大な」キャロニキャ(カルニカーヤ)は、悲(カルナー)の身体・化身(カーヤ)という意味。ここでの「悲(カルニ)」は「憐れみ」とも訳せる語である。相手を憐れみ、その苦しみを除きたいという気持ちである。
日本で生まれた『十一面観世音菩薩随願即得陀羅尼経』でも功徳が強調される陀羅尼でもある。
ちなみに中世にこの和製経典を普及させたのは、前述の真言宗豊山派の僧侶である。

関連タグ

聖観音千手観音如意輪観音馬頭観音准胝観音不空羂索観音

pixivに投稿された作品 pixivで「十一面観音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1763

コメント