ピクシブ百科事典

馬頭観音

ばとうかんのん

馬頭観音とは観音菩薩の変化身のうち、主要な六観音の一。
目次[非表示]

概要

ヒンドゥー教の維持神ヴィシュヌの化身の一つ「ハヤグリーヴァ」が
仏教に取り込まれた尊格。チベット仏教では「タムディン」と呼ばれる。
観音と結び付けられたのは仏典の漢訳の際のことであり、別の
大乗仏教の伝統であるチベット仏教では、特に観音の一相とはみなされない。
またの名を「馬頭明王」といい、チベット仏教でも明王に対応する
役割を持つ「忿怒尊」の一柱である。このため柔和な面持ちが主である
観音菩薩の変化身のうちで唯一、激しい形相をしている。

専ら密教経典で言及される尊格であるが、酪農家、畜産業者や精肉業者など
動物と関連の深い職種の一般人の間でも広く祀られている。
六道のうち畜生道の生類を救うとされ、競馬場でも事故で死んだを弔うため
馬頭観音像が建てられることが少なくない。

化身(垂迹)とされる神・人物

須佐之男(小菅山権現)
オオヤマツミ(横山大明神)
味耜高彦根命
霞権現
馬頭御前(太郎大明神)

関連タグ

聖観音 千手観音 如意輪観音 十一面観音 准胝観音 不空羂索観音

pixivに投稿された作品 pixivで「馬頭観音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7433

コメント