ピクシブ百科事典

オオヤマツミ

おおやまつみ

日本神話で山を支配する神。後に山、海の両方を司る神とされた。漢字表記は大山積神、大山津見神(古事記)、大山祇神(日本書紀)。
目次[非表示]

概要

日本神話に登場する
古事記』では、神産みにおいてイザナギイザナミとの間に生まれたとされる。
日本書紀』では、イザナギカグツチを斬った際に生まれたとしている。

「オオヤマツミ」の「ツ」は助詞「の」に当たる古い語、「ミ」は神霊の意を表す。よって、神名は「偉大な山の神」の意。
一方、オオヤマツミは別名を「和多志大神(ワタシオオカミ)」といい、海の神としての性格も持ち合わせている。「ワタシオオカミ」の「ワタ」は「」に当たる古い語、「シ」は「司る」ことを意味している。
つまり、この神はを司る機能を兼ね備えた神であり、一般に山と海に神徳を発揮する有力神として広く信仰されてきたのである。
オオワタツミ「解せぬ」

神話

神話にオオヤマツミ自身についての記述はあまりなく、オオヤマツミの子と名乗る神が何度か登場する。

イワナガヒメとコノハナノサクヤビメ

降臨した天孫ニニギノミコトに対し、オオヤマツミは娘のイワナガヒメ)とコノハナノサクヤビメ)の姉妹を嫁がせる。しかしニニギは醜いイワナガヒメを実家に帰し、美しいコノハナノサクヤビメとのみ結婚してしまう。
オオヤマツミはそれを嘆き、「姉妹2人を嫁がせたのは、天孫がのように繁栄し、のように永遠でいられるようにと誓約を立てたためだった。イワナガヒメを帰されたことで、天孫の御子の命は、木の花のようにはかないものとなろう」と告げた。このため、天孫の子孫(天皇)は普通の人間と同じく短命になってしまったという。

造酒を司る神

娘のコノハナノサクヤビメがニニギノミコトとの間に子を産むと、オオヤマツミは大層よろこび、狭名田の茂穂(“よく実った米”の意)で甘酒天甜酒 / あめのたむざけ)を造り、天地の神々に振る舞った。これが酒造のはじめとされ、オオヤマツミは「酒解神(サケトケノカミ)」、コノハナノサクヤビメは「酒解子神(サケトケノコノカミ)」と呼ばれ、造酒の神としても祀られることとなった。
山の神は豊作の神でもあり、その穀物からつくられるの精霊は山の神の分身ということにもなる。そこで穀物から酒を醸造した始まりとされる神話が生まれたと思われる。

※狭名田 … 日本最古の水田。ニニギノミコトがはじめて水稲を作ったといわれている。場所は現在の鹿児島県霧島市

オオヤマツミの子とされる神

※「天」と「国」は対語で、男女陰陽と同様であり、対神である事を示す。「サ」は接頭語。


オオヤマツミを祀る神社

全国の大山祇神社山積神社 / 大山積神社 / 大山津見神社含む)。
その他、全国の三島神社三嶋神社)はオオヤマツミの神霊を勧請したもの。オオヤマツミを主神とする三島系の神社は一万余を数える。

代表的な神社としては、三島神社や大山祇神社の総本社とされる大山祇神社愛媛県今治市大三島)や、これも三島神社の総本社とされる三嶋大社静岡県三島市)が有名である。

これ以外の神社として、大山阿夫利神社神奈川県伊勢原市)や梅宮大社京都市右京区)でも主祭神として祀られているほか、浅間神社等にも配神されていることがある。

別名・表記揺れ

大山津見神 / 大山津見 大山祇神 / 大山祇 大山積神 大山祇御祖命 和多志大神 酒解神

関連タグ

神話 日本神話
 信仰 山岳信仰

オオヤマクイ大山咋神) … オオヤマツミの孫で、同じく山の神とされている。
高崎くす子 … オオヤマツミの娘という設定のキャラクター。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「オオヤマツミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2077

コメント