ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

名前の「クシ」は「霊妙、素晴らしい」、「ナダ(名田)」は稲田を表す言葉であり、クシナダヒメは豊穣、豊かな稲田を象徴する女神である。日本書紀では「奇稲田姫」と表記される。

クシナダヒメはアシナヅチ・テナヅチの八人娘の末娘だったが、夫婦は毎年自分の娘をヤマタノオロチに生贄として喰われていた。既に七人の姉が犠牲となり、とうとうクシナダヒメも生贄となる時期を迎えたところに、高天原を追われて出雲の肥の河に降りたスサノオがやってくる。

アシナヅチ・テナヅチ夫婦はスサノオに毎年の生贄の事を話し、それを聞いたスサノオはヤマタノオロチ退治を請け負う代わりにクシナダヒメを自分の嫁にする事を要求する。
クシナダヒメは原文で「童女」と表記されるようにまだ年端もいかない娘だったが、夫婦がこれを了承して娘を差し出すと、スサノオはその場でクシナダヒメをに変えてしまう
命を助けてもらえる…と思いきや次の瞬間にはあろうことか無生物にされてしまって、本人も両親もさぞ驚いたことであろう。
このとき櫛になったことから、古事記では"櫛名田比売"と表記されるという(クシになったヒメ→クシナダヒメという言葉遊びとする説もある)。

スサノオは櫛に変えたクシナダヒメを自らの髪に挿し、アシナヅチとテナヅチに指示して八つの酒槽に満たした酒を用意させ、ヤマタノオロチが酔いつぶれた所を切り殺す。
スサノオがヤマタノオロチと戦っている間も、クシナダヒメは櫛にされたままスサノオの髪に挿さっていた。

この後、スサノオは出雲の須賀の地に新居として須賀宮を建てる。このとき大地からが湧くのを見て、
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」
という歌(出雲神詠)を詠んだという。

こうしてクシナダヒメはスサノオの妻になったとされるが、原文ではクシナダヒメ本人は櫛に変えられた場面を最後に一切登場しなくなり、櫛から元の姿に戻ったのかどうかすら触れられていない。
一応、妻に迎えられているのでヤマタノオロチ退治後に元の姿に戻されたとする説が有力ではあるが、ずっと櫛のままだったと解釈する説もある。
現代語訳された作品では、クシナダヒメが元の姿に戻る描写が追加されることもある。特に漫画・絵本・映像作品などの場合は、命を救われたはずのヒロインがいつまでも櫛にされたままでは絵面的にも不自然なためか、最後は元の姿に戻されていることが多い。

その後、二柱の間に八島士奴見神が生まれている。上述のように櫛に変えられたクシナダヒメが元の姿に戻ったかどうかは不明なため、スサノオに娶られたクシナダヒメ自身が身籠ったのか、それともクシナダヒメの変化した櫛からスサノオが生み出したのかは定かではないが、系譜上はスサノオとクシナダヒメの間の唯一の子にあたる。その五代後裔が出雲神話の中心人物大国主神である。

ヤマタノオロチ退治で、クシナダヒメは氾濫する荒々しい河川(ヤマタノオロチ)が治水の技術(スサノオの力)によって制御された事による、稲田の生産を意味するといわれる。

一方クシナダヒメに、ヤマタノオロチ(水霊)に仕えた古代の巫女の姿と考える説もあるらしい。またクシナダヒメを父母であるテナヅチとアシナヅチの名の意味と絡めて、「やまとなでしこ」の語源とする説がある。

余談

クシナダヒメが櫛に変えられた理由は諸説あるが、単に姿を隠そうとしただけでなく「スサノオが生命力と呪力を得るためだった」という説がある。古来より新たな生命を生み出せる女性は生命力の源泉と考えられており、櫛には呪力が宿るとされていた。また、櫛の素材として使われるも生命力の溢れるものとされていた。

つまり、女性であるクシナダヒメを竹製の櫛に変身させることで

  1. 元が女性であったことによる「女性の生命力」
  2. 形状が櫛に変化したことによる「櫛の呪力」
  3. 材質が竹に変化したことによる「竹の生命力」
を併せ持つことになり、スサノオはこの櫛を身に着けてヤマタノオロチに対抗する力を得ようとしたと解釈するのである。

別の説として「婚姻の暗示」とする説もある。両親であるアシナヅチ・テナヅチの名には「手足を撫でる」の意味があり、クシナダヒメは両親から手足を撫でられながら育てられた娘ということになる。こうして育てられた娘を両親の撫でる手足のない櫛の形に変えてしまうことで、「お前たちの娘を、これより我がものとする」というスサノオの意思表示と解釈するのである。
また、日本では求婚する際に相手に櫛を贈る習慣があり、クシナダヒメ自身がこの「櫛」になってスサノオに贈られたとする説もある(ただし日本でこの習慣があったのは江戸時代のことであり、この説は後付けともいえる)。

女神転生シリーズ』のクシナダヒメ

スサノオ&クシナダヒメ


初出作品は「女神転生Ⅱ」で、種族は「妖魔」。
それ以降は「女神」や「地母神」、「国津神」に分類される。

ゲームでは他の女神族の例にもれず、回復スキル持ちが多く、「真・女神転生」のMP吸収・分配スキルやエストマの所持、「真・女神転生Ⅲ」の会話・マップ自動スキル等変わった能力を持つ。

当初のデザインはキクリヒメの色違いだったが、「真・女神転生Ⅲ」以降は黒髪で灰色の肌、櫛があしらわれた緑色の衣服に身を包んだ姿で登場している。



関連タグ

日本神話 国津神 女神 地母神 

関連記事

親記事

国津神 くにつかみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クシナダヒメ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クシナダヒメ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599273

コメント