ピクシブ百科事典

木花咲耶姫

このはなのさくやびめ

ニニギノミコトの妻。
目次[非表示]

概要

日本の国土に天孫降臨したニニギノミコトの妻で、富士山の神様。山の神オオヤマツミの娘でイワナガヒメという姉がいる。

オオヤマツミは姉と一緒にニニギノミコトの妻にさせたいと思っていたが、ニニギは妹だけと結婚した。なぜなら妹は美人だが、姉はそうではなかったからである。古事記によると「甚凶醜(いとみにく)き」とあり、ニニギノミコトはそれに恐れをなしたとある。普通のブス不美人という程度では済まされない、人外レベルの不細工であったらしい。

オオヤマツミ曰く、妹は天孫にの花が咲くような繁栄を、姉はのような永遠の命をもたらすはずだった。だが、ニニギノミコトがイワナガヒメを拒絶したことで天皇の寿命は短くなり、やがて普通の人間と同じになってしまうことになる。

コノハナサクヤヒメは結婚後すぐに妊娠したためにニニギノミコトから国津神の子を身ごもったんだろと疑われ、天津神の子なら何があっても産まれるはず、と自分の居る産屋に火をつけて無事に出産した。この時に産まれたのが、火照命火須勢理命火遠命の三柱である。

富士山の神、火山の神、安産の神、子育ての神として、関東・東海・甲信地域(富士山を眺められる地域)を中心に分布する浅間神社に祀られる。

アカデミックな薀蓄

宮崎駿のネタ元である佐々木高明、中尾佐助は、「照葉樹林文化圏では、セレブは普通『姉妹は全員同じ人に嫁ぐのがデフォ』なのでこの伝承では、嫁はんの方はそっちのセオリー通りやったらしいけど ニニギはその習慣知らなかった」
という可能性を示唆している。
旦那の婆様は親が川で顔洗ってるときの左目から出て、サクヤ姫は産屋に火つけて生んだのであるが、「水で生んだ系と、火で生んだ系」が同系統で出るのは結構珍しいらしい。

コノハナサクヤヒメの「姫茶」

コノハナサクヤの「姫茶」


静岡県富士宮市のお茶「姫茶」のパッケージに萌えキャラとして描かれた木花咲耶姫がデザインされた。キーホルダーも作られているが
現地のJA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」
ではお茶限定で販売されている。キーホルダーとのセットは
秋葉原の同人ショップ「D-STAGE」で取り扱われている。

関連タグ

コノハナサクヤ
サクヤ

 漫画鬼灯の冷徹』では、が彼女と関連すると言う設定であるがアニメ版では(ry

pixivに投稿された作品 pixivで「木花咲耶姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272567

コメント