ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


オオヤマツミの子。アシナヅチが男テナヅチが女の夫婦神である。
古事記では「足名椎命・手名椎命」、日本書紀では「脚摩乳・手摩乳」と記されている。
名前は手や足で優しくなでるという意味のほか蛇神ともされる。
(父のオオヤマツミは下半身がヘビの姿なのであながち間違いでもない)

登場は八岐大蛇の段。
クシナダヒメを除く娘を大蛇に食われ、とうとうクシナダヒメまで食われるというところで
スサノオが登場。「大蛇を倒したあかつきにはクシナダヒメを妻にしたい」という
スサノオの要件を飲み、スサノオに頼まれて酒を造ったという。
スサノオが大蛇を倒した後は約束通りクシナダヒメを嫁入りさせた。

その後、須賀の地に移住したスサノオはアシナヅチを宮の長としたという。



そのほか


アシナヅチとテナヅチはその後(?)子孫のタケミナカタのいる諏訪に向かう。
今は足長神社、手長神社にまつられており、手長神社は高島城の鬼門にもあたったため
諏訪藩の神社として信仰を集めた。

今であれば足長神社、手長神社の祭神はアシナヅチ・テナヅチであるが
それ以前から足長様手長様という土着神がいたとされその神と同一にされたと思われる。

アシナヅチ・テナヅチはオオヤマツミの子でありクシナダヒメの両親であり
スサノオの義両親であり大国主の先祖(一説には曽祖父)である。

関連する神々や氏族


・オオヤマツミ
父神。姿は下半身が蛇とされ、二人の名前の由来の一つと一致する。
また、酒造りの神でもある。

・クシナダヒメ
娘。8女にあたる。スサノオの妻で大国主の先祖(一説に息子)。

・スサノオ
クシナダ姫の夫。国津神の長。

・大国主
子孫。大国主の子孫で両神の子孫でもある須佐氏(稲田氏)は須佐神社社家。

・タケミナカタ
大国主の子。諏訪大社の神。


関連項目

出雲 日本神話 クシナダヒメ

コメント