ピクシブ百科事典

超サイヤ人3

すーぱーさいやじんすりー

超サイヤ人3(スーパーサイヤじんスリー)とは、漫画『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変身形態。
目次[非表示]

概要

漫画『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変身形態「超サイヤ人」の強化形態。「超サイヤ人2」の更に上位の段階であり、その強さは「2」の4倍とされ、原作におけるサイヤ人の最強形態でもある。

これまでの超サイヤ人同様に髪と瞳が変色し、金色のオーラを纏うところまでは同じだが、「3」では更に髪が腰のあたりまで伸び、眼窩上隆起が起き眉毛が消えた強面(ゴテンクス曰く「悪人面」)になる。なお、変身が解けるとこれらの特徴は元に戻る。

原作でこの形態になったのは天界で修行し体得した孫悟空と、合体戦士であるゴテンクスの二名のみだが、後年の一部ゲームタイトルでは他のサイヤ人たちもこの形態に到達した姿が登場している(後述)。今のところ、前述の特徴から大きな変化があるのは『ドラゴンボールヒーローズ』『ゼノバース』の女サイヤ人(目元部分の変化がおきない)、ラディッツ(地面につくほどに髪が伸びる)、ナッパ(髪は生えず、髭が伸びる)の3人。

戦闘力の倍増こそ凄まじいが、エネルギーの消耗が激しいという弱点もある。そもそも、この形態は、あの世の住人となった悟空が編み出したものであり、あの世限定の強化形態とも言える。

劇中での活躍

悟空が魔人ブウ(元祖)との戦いで、変身した際に初登場。ブウと互角の戦いを展開するが、悟空の目的は「トランクスドラゴンレーダーを回収するまでの時間稼ぎ」だった為、トランクスがレーダーを回収したことを察すると、戦闘を中断・撤退した。だが、変身の影響で現世に滞在可能な「時間エネルギー」を著しく減らしてしまい、本来の24時間と経たずに、あの世に戻る事になってしまった。
その後、老界王神の命と引き換えに完全復活した悟空は魔人ブウ(純粋)戦でも、超サイヤ人3で戦い、ベジータが時間稼ぎをしてくれている間に気を高めて、ブウを倒そうとするが、エネルギー切れにより超サイヤ人3が解けてしまう。

同様に、ゴテンクスも変身していられる時間は短く、魔人ブウ(悪)を追い詰めるものの、すんでのところで変身が解けてしまい、とどめを刺すに至らなかった。修行中トランクスは変身が解けるとフュージョンまで解けるというような発言をしていたが、魔人ブウとの戦いではフュージョンは解けずに普通の状態へと戻った。

このように原作では勝ち星0の変身となっているが、劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では悟空が肥満体のジャネンバを、劇場版『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』ではゴテンクスが通常状態、悟空が変身状態のヒルデガーンを倒している。

ドラゴンボールGT』では究極ドラゴンボール編では一度も登場せず、ベビー編では満を持して悟空が変身したが、肉体が縮んだ影響で身体への負担がより倍増しすぐ解除されてしまい、2回連続で敗れてしまった。その後は超サイヤ人3より強くエネルギー消費も抑えられた超サイヤ人4が登場したことにより、一切登場しなくなった。

ブウ編後が描かれる劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』及び『ドラゴンボール超 破壊神ビルス編』では超サイヤ人3の悟空が破壊神ビルスと戦った際には二発でやられてしまった。その後も“未来”トランクス編で超サイヤ人2の未来トランクスを倒したぐらいしか見せ場はなく、全体的に不遇な扱いとなっている。
なお新たに登場した超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ブルーと比べ、どちらの方がエネルギー消費が激しいのかは語られていない。

変身可能な方々

原作

後年のゲーム作品


関連イラスト

一蹴
ゴテンクスSS3


超サイヤ人3 ベジータ
ギガンティック



別表記

超3 SS3 SSJ3 スーパーサイヤ人3

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT
ドラゴンボール改 ドラゴンボールヒーローズ
サイヤ人 超サイヤ人 超サイヤ人2 超サイヤ人4 
伝説の超サイヤ人3 魔人ブウ 不良 もふもふ 眉なし

pixivに投稿された作品 pixivで「超サイヤ人3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280405

コメント