ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

漫画『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変身形態「超サイヤ人」の強化形態。「超サイヤ人2」の更に上位の段階であり、その強さは「2」の4倍とされ、原作におけるサイヤ人の最強形態にして最終形態でもある。


これまでの超サイヤ人と同様に髪と瞳が変色し、金色のオーラを纏うところまでは同じだが、「3」では更に髪が腰のあたりまで伸び、眼窩上隆起が起き眉毛が消えた強面(ゴテンクス曰く「悪人面」)になる。なお、変身が解けるとこれらの特徴は元に戻る。


原作でこの形態になったのは天界で修行し体得した孫悟空と、合体戦士であるゴテンクスの二名のみだが、後年の一部ゲームタイトルでは他のサイヤ人たちもこの形態に到達した姿が登場している(後述)。今のところ、前述の特徴から大きな変化があるのは『ドラゴンボールヒーローズ』『ゼノバースシリーズ』の女サイヤ人(目元部分の変化がおきない)、ラディッツ(地面につくほどに髪が伸びる)、ナッパ(髪は生えず、髭が伸びる)の3人。


戦闘力の倍増こそ凄まじいが、エネルギーの消耗も凄まじく体力切れを起こしやすいという弱点がある。また死人(この場合は悟空)が使った場合でも著しく体力を減らし、現世にいられる時間が一気に削られてしまう。そもそもこの形態は、あの世の住人となった悟空が編み出したものであり、あの世限定の強化形態とも言える。



劇中での活躍編集

悟空が魔人ブウ(無邪気)との戦いで、変身した際に初登場。魔人ブウと互角の戦いを展開するが、悟空の目的は「トランクスドラゴンレーダーを回収するまでの時間稼ぎ」だった為、トランクスがレーダーを回収したことを感じると、戦闘を中断・撤退した。だが、変身の影響で現世に滞在可能な「時間エネルギー」を著しく減らしてしまい、本来の24時間と経たずに、あの世に戻る事になってしまった(ちなみに悟空は「あのまま戦っていれば勝てていた」と述べている)。

この時、あまりにも大きな気ゆえに、はるか界王神界に居た孫悟飯達にまで、悟空のパワーが届き、驚かせたほどである。話の流れから考えれば、これより以前にあの世で変身した時に、地球に居た悟飯達や、界王神界に居たであろう界王神達に、超サイヤ人3の気を察知されていそうなものなのに、そんな様子は全くない・・・地球⇒界王神界には届いても、あの世⇒地球や、あの世⇒界王神界には届かないという設定なのだろうか?アニメ版では変身するまでのシーンがかなり長い。

その後、老界王神の命と引き換えに完全復活した悟空は、魔人ブウ(純粋)戦でも超サイヤ人3を使用。ベジータが時間稼ぎをしてくれている間に気を高めてブウを倒そうとするが、エネルギー切れにより超サイヤ人3が解けてしまう。


同様に、ゴテンクスも変身していられる時間は5分程度と短く、魔人ブウ(悪)を追い詰めるものの、すんでのところで変身が解けてしまい、とどめを刺すに至らなかった。修行中トランクスは変身が解けるとフュージョンまで解けるというような発言をしていたが、魔人ブウとの戦いではフュージョンは解けずに普通の状態のゴテンクスへと戻った。この際、悟空と同じような「気力を使い果たしてヘトヘトになった」という様子は、少なくとも見た目の印象上では殆どなかったとも言える。


原作においてこの形態は悟空やゴテンクス共に時間のある地上や肉体がある生者での変身しか描かれておらず、完全に活かす事の出来る死者かつあの世や界王神界といった時間のない場所での変身はこの形態を開発成功から本編で天下一武道会に参加するまでの修業中と、悟飯にゼットソードの修業の合間に頼まれた事に承諾して見せた描写されてすらいない場面のみとなった(原作以外では下記の劇場版『復活のフュージョン』にて悟空が変身してジャネンバと戦闘した)。


劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では肥満体のジャネンバを圧倒したが、変身後には逆に圧倒されてしまう。しかし劇場版『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』ではゴテンクスが通常状態、悟空が変身状態のヒルデガーンを倒している。


ドラゴンボールGT』では究極ドラゴンボール編では一度も登場せず、ベビー編にて満を持して悟空が変身したが、肉体が縮んだ影響で身体への負担がより倍増しすぐ解除されてしまい、2回連続で敗れてしまった。その後は超サイヤ人3より強くエネルギー消費も抑えられた超サイヤ人4が登場したことにより、一切登場しなくなった。


ONE PIECE』と『トリコ』とのコラボ回にも登場し、此方では珍しく敵のボスキャラを倒している。


魔人ブウ編後が描かれる劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』及び『ドラゴンボール超』の破壊神ビルス編では超サイヤ人3の悟空が破壊神ビルスと戦った際には二発でやられてしまった。その後も“未来”トランクス編で超サイヤ人2の未来トランクスに勝ったり宇宙サバイバル編カリフラに紹介するシーン程度しか見せ場はなく、全体的に不遇な扱いとなっている。

なお超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ブルーよりもエネルギー消費が激しいとされ、『ドラゴンボール超』ではほとんど使われなくなった。

ただし、漫画版に限り初期の方は超サイヤ人ブルーは3並かそれ以上のエネルギー消費とされていたが“未来”トランクス編でその弱点が解消された為、今現在登場している超サイヤ人の中でもダントツでエネルギー消費が激しいと思われる。



変身可能な方々編集

原作編集

後年のゲーム作品編集



関連イラスト編集

一蹴ゴテンクスSS3

超サイヤ人3 ベジータギガンティック



別表記編集

超3 SS3 SSJ3 スーパーサイヤ人3


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール超 ドラゴンボール改 ドラゴンボールヒーローズ

サイヤ人 超サイヤ人 超サイヤ人2 超サイヤ人4

伝説の超サイヤ人3 魔人ブウ 不良 眉なし

超サイヤ人ロゼ3


我儘の極意:眉毛なしのベジータ。

関連記事

親記事

超サイヤ人 すーぱーさいやじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1114923

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました