ピクシブ百科事典

ゴジータ

ごじーた

ゴジータは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」のアニメシリーズに登場するキャラクター。 原作には登場しないアニメオリジナルキャラ。
目次[非表示]

オレは悟空でもベジータでもない……
オレは貴様を倒す者だ!!

概要

声:野沢雅子堀川りょう(2人同時に喋る)

ドラゴンボール』シリーズに登場するキャラクター。
孫悟空ベジータフュージョンという技によって合体した姿。
初登場は『ドラゴンボールZ』の劇場版「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」で、後に『ドラゴンボールGT』や『ドラゴンボール超』にも登場している。

サイヤ人特有の黒髪を持ち、M字の生え際と垂れた一本の前髪が特徴的。
衣装はフュージョンを編み出したメタモル星人の民族衣装に変化する。
性格はZでは出番が少なかった為、口数の少ないクールな性格に見えるが、GTでは一変してゴテンクスの様に明るく調子に乗りやすい性格として描かれている。

原作にはこのゴジータは登場せず、代わりに悟空とベジータがポタラの力で合体したベジットが登場する。これは原作より先に「悟空とベジータのフュージョン」を劇場版でやってしまった為、その代わりにポタラによる合体を登場させたという制作秘話がある。

原作内では悟空がベジータに対しフュージョンを持ちかけるシーンがあるが、あの世から悟天トランクスのポーズを見ていたベジータは、そのあまりのみっともなさにこれを拒否している。一方でGTでは逆にベジータの方から「フュージョンするぞ、カカロット」と誘っており、それを聞いた悟空は「最高だぜ、ベジータ」と笑みを浮かべていた。ただし、やはり恥ずかしいらしく何度も妨害された際、「本当はあんなみっともないポーズしたくないんだぞ」と憤っていた。

名前の由来は悟空(クウ)とベジータから取っている。
またフュージョンが失敗した場合は南の界王のジョークで別の名で「ベクウ」と呼ばれているが本人は「ゴジータ」と名乗っている。

容姿・形態

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

ゴジータ初登場となる作品。
衣装のカラーは腕の輪っかや襟はオレンジ、帯の色は青、ズボンの色は白。
悟空もベジータも死人の状態でフュージョンした為、頭には天使の輪が浮いている。

通常時

作中では未登場。ゴジータの失敗バージョンであるベクウの時は黒髪姿で登場したが、成功した際には既に超サイヤ人に変身した状態で現れた為、登場していない。その為、ゲームにも一切出てこない貴重な姿である。
公式展開としては唯一フィギュアシリーズ『ドラゴンボール改 アルティメットディフォルメマスコット5』でストラップ化されている。

ゴジータ 詰め合わせ
黒



超サイヤ人

ジャネンバとの最終決戦にて登場。
フュージョンと超サイヤ人の重ね合わせにより非常に高い戦闘力を持ち、その気は時空を超越し、この世にいる悟天トランクスに一瞬感じさせる程のものだった。
超サイヤ人3の悟空でも敵わなかったジャネンバを圧倒し、最後は虹色に光り輝くエネルギー弾を生成して、それをジャネンバにヒットさせた。するとジャネンバの体は崩れ落ちていき、元のサイケ鬼の姿に戻っていった。ゲームではこの技を「ソウルパニッシャー」または「スターダストブレイカー」と命名し扱っている。

無題



その他

ゲーム「ドラゴンボールヒーローズ」シリーズではアニメ内では登場しなかったゴジータの超サイヤ人2超サイヤ人3が登場する。
超サイヤ人2は原作で叶わなかったブウの体内での合体をアニメPVで見せた他、超サイヤ人3はGTの超サイヤ人4と繋がる様にか、ここから更に大猿に変身する黄金大猿のカードが存在する。

ドラゴンボール 超サイヤ人3 ゴジータ




ドラゴンボールGT 七匹の邪悪龍編

第60話で登場。ゴジータ唯一のTVアニメ登場回。
衣装のカラーはZと同様で、悟空とベジータは超サイヤ人4の状態でフュージョンした為、超サイヤ人4以外の形態は出てきていない。(というのもGTの悟空は子どもの姿になってしまい、超サイヤ人4の状態のみ大人の体に戻るため、超サイヤ人4でないと体格差が大きくてフュージョンできない)

超サイヤ人4

超一星龍戦にて登場。
悟空やベジータの超サイヤ人4とは異なり、赤い髪色をしている。
超一星龍を軽々とあしらうほどの戦闘力を有するが、エネルギーの消費が激しい超サイヤ人4同士のフュージョンのためか、10分程しか持たないのが弱点。
必殺技はビッグバンアタックかめはめ波の合体技「ビッグバンかめはめ波」だが、1発目では倒しきれず2発目ではエネルギー切れを起こし放つことが出来なかった。

【MUGEN用カットイン】超サイヤ人4ゴジータ
ゴジータSS4



ドラゴンボール超 ブロリー(BROLY)

超シリーズは原作者・鳥山明が考える魔人ブウ編後の物語な為、本作のゴジータはある意味、原作の時空におけるゴジータとなる。
その為、ブロリーを初め、バーダックベジータ王パラガスなどZの時代のアニメオリジナルキャラクター達は設定やデザインなどに大きく手が加えられており、ゴジータもまた一部がアレンジされている。

衣装の配色はゴテンクスのものと近く、腕の輪っかや襟は彼と同じ黄色になり、異なる点は帯と靴の紐の色がゴテンクスのエメラルドグリーンに対しゴジータは青藍色、ズボンの色がゴテンクスの真っ白に対しゴジータは薄い灰色などの点がある。

Zの頃と比べると感情表現等は些か増えたが根本の性格は変わっておらず、戦闘時は一切の容赦をかけずに攻め立てて(外的要因で刺し切れなかったものの)とどめを刺すときもしっかりと刺している。
名前は既にベジットがある為、それと被らない名前を考えた結果、自らをゴジータと名乗った。
ベジットに比べ、悟空を 「カカロット」ではなく、悟空と呼んだり、ウイスをさん付けしたり、必殺技もかめはめ波を使うなど悟空の特徴が多く見られた。

劇場版以外ではスーパードラゴンボールヒーローズのPRアニメで悟空やジレンヒット達が束になっても敵わない究極ハーツに対抗するために合体した。

通常時

Z及びGTでは出て来なかった通常時がアニメ初登場。
ピッコロの指導を受け、太ったベクウと痩せ細ったベクウという2回の失敗を経て誕生した。
戦闘シーンこそ無かったものの、超サイヤ人ブルーの悟空とベジータ2人がかりでも逃げ切るのがやっとだったブロリーの攻撃を華麗に躱したり弾き返したりと、通常時とは思えない程の機敏な動きを見せた。

ゴジータ 変身の瞬間
ゴジータ いろいろ



超サイヤ人

超サイヤ人のブロリーに対抗するため変身。
ブロリーの攻撃を受け流しカウンターを入れ、回避をさせない為広範囲の拡散型のエネルギー波を放つ等圧倒的な力を持ちつつも知的な戦闘スタイルで戦いを進める。
やがてブロリー相手に優勢になり、2人の本気のエネルギー波がぶつかり合った結果あまりの強大過ぎる力に時空そのものが耐える事が出来ず、空間が裂け2人は異次元へと突入。
そしてその異次元にてブロリーが緑髪のフルパワーへと変貌を遂げ、ゴジータに怒涛の攻撃を仕掛けるが……

ゴジータ
スターダストフォール



超サイヤ人ゴッドSS/超サイヤ人ブルー

超サイヤ人フルパワーとなったブロリーに対抗するため異次元の中で変身した姿。
最初こそブロリーもゴジータの動きについて行っていたが、次第に戦闘力の差が明らかになりゴジータが圧勝、一方的に攻撃していた。この際、懐かしの「ソウルパニッシャー(スターダストブレイカー)」や相手の体内に気を送り込んで内側から大爆発を起こす新技などを使っている。
またとどめの際には、GTのビッグバンかめはめ波ではなく通常のかめはめ波を使用している。
ブロリーを圧倒するそのパワーはウイスも賞賛する程のものだった。

SSGSSゴジータ
ゴジータブルー




ゴジータ:ゼノ


スーパードラゴンボールヒーローズ」でタイムパトロールである本来の2人とは別の時空の悟空:ゼノベジータ:ゼノがフュージョンした姿。
腕や肩回りの輪っかがオレンジ色から黄色に変わったり、劇場版では着ていなかった黒のインナーを着用しズボンも黒色になるなど黒で統一している。
通常時は依然存在せず超サイヤ人超サイヤ人3と変身していき、最終的に超サイヤ人4となった。また、超サイヤ人4に界王拳を上乗せするという荒技までしている。

ゴジータ:ゼノ
ゴジータ:ゼノSS3
ゴジータゼノ4
輝きの界王拳





EXゴジータ


ゲーム「ドラゴンボールフュージョンズ」では普通のフュージョンとは異なるメタモリングを使ったEXフュージョンで合体して誕生したEXゴジータが登場。服装は悟空の胴着とベジータのかつての戦闘ジャケットを組み合わせたような物を着用している。他のゴジータと違って制限時間は無く、いつでも分離可能。変身形態はなし。

EXゴジータ



必殺技

劇場版『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』にて超サイヤ人状態で使用。
掌を上に掲げ虹色のエネルギー弾を発生させ、握って光の粒子状にしたものを相手に向かって投げつける。
これを食らったジャネンバは内側から破壊されていき元のサイケ鬼の姿に戻った。

劇場版『ブロリー』では、アニメでは23年ぶりに使用。
こちらは虹色のエネルギー弾を生成し、握る事なく弾のまま相手に投げつけている。
作中ではブロリーに向けて放ったがジャネンバの時とは異なり、着弾と同時に虹色の火柱が立つ大爆発を起こした。

余談だが『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では左手で撃っているが、『ブロリー』では右手で撃っている。

名前は作中では語られておらずゲームによる命名で、ディンプス制作のゲームでは「ソウルパニッシャー」、スパイク制作のゲームでは「スターダストブレイカー」と呼ばれることが多い。

ドラゴンボールヒーローズでは「ソウルパニッシャー」で、「スターダストブレイカー」は別の技となっている。

『GT』にて超サイヤ人4ゴジータが使用。
悟空の「かめはめ波」とベジータの「ビッグバンアタック」の融合技。
両手を前に出してから気を溜めて発射する点が従来のかめはめ波と異なる。
ゲームでは『Z』や『超』のゴジータも使用している他、超サイヤ人4の究極技として「100倍ビッグバンかめはめ波」が存在する。

  • ブラフかめはめ波
『GT』にて超サイヤ人4ゴジータが使用。
かめはめ波を撃つと見せかけてどこからか取り出したクラッカーを破裂させる。
作中では超一星龍を驚かせる為に使用した。
名称はゲーム『ドドラゴンボールZインフィニットワールド』より。

劇場版『ブロリー』にて使用。
普段は悟空が使用しているヤードラット星人直伝の技。
使用時には悟空と同じように眉間に中指と人差し指を突く仕草を行う。

  • スターダストフォール
劇場版『ブロリー』にて超サイヤ人の状態で使用。
空高く飛翔し強力なエネルギー波を放射線状に放つ。放たれたエネルギー波は相手に向かって集結し一気に降り注ぐ。
名称はゲーム『ドラゴンボールZドッカンバトル』より。

ゲームなどでかめはめ波の発展技「超かめはめ波」を度々使用している。
アニメでは劇場版『ブロリー』で初めて使用した。
普段は悟空が使用している亀仙流の技。

  • ゴッドパニッシャー
ゲーム『ドラゴンボールゼノバース2』にて使用。
相手に向かって突進しながら気弾を投げつけ、命中するとさらに両手から気弾を連発して放つ究極技。
劇場版『ブロリー』でも似たような技がある。

劇場版『ブロリー』にて超サイヤ人ブルーの状態で使用。
自身の気を相手の体内に送り、内側から爆発させる技。
腕を交差させ、その後勢いよく振り上げる動作をする。
スターダストエクスプロージョンは『スーパードラゴンボールヒーローズ』、レゾナントエクスプロージョンは海外の『ドラゴンボール超カードゲーム』、メテオエクスプロージョンは『ドラゴンボールファイターズ』より。

  • アトミックかめはめ波 
カードゲームスーパードラゴンボールヒーローズにて超サイヤ人4のゴジータ:ゼノ使用。悟空:ゼノのかめはめ波とベジータ:ゼノのアトミックフラッシュの融合技。

  • メトロアタック
劇場版『ブロリー』の超サイヤ人形態で使用。※ドッカンバトルでは通常形態。
名称はゲーム『ドラゴンボールZドッカンバトル』より。

ゲームでの活躍

対戦ゲーム系

ベジットに比べると参戦作品はあまり多くなく、スーパーファミコン時代には1つもなく、プレイステーションセガサターン時代も1つずつで、本格的に参戦が増えるのはPS2のドラゴンボールZシリーズやSparking!シリーズ以降となる。

超サイヤ人状態であれば総じてベジットと同格の性能で、大体「超ゴジータ」名義で参戦している。やはり性能はトップクラスに高く、基礎能力が段違い。超サイヤ人4に至っては一人頭ひとつ抜けた性能になっていることも。
「Sparking!METEOR」では通常攻撃の手数が通常キャラの数倍もあり、攻撃力も高い。
「ゼノバース」では超サイヤ人4の状態で破壊神ビルスと戦わせると、彼から「凄いパワーだ。いい線いってるんじゃない?」と評価され、ゴジータからは「今ならビルス様にも勝てるかな?」と言っている。

「ドラゴンボールファイターズ」ではシーズン2のDLCキャラクターとして使用可能となった。こちらではSSGSS(超サイヤ人ブルー)の姿であるが劇場版15作目やGTにて使用していた技も使うことができる
無敵技やコマンド投げを持ち、通常技としてかめはめ波やギャリック砲を撃つことが可能、超必殺技も2ゲージ技と5ゲージ技を両方備える唯一のキャラであるなど破格の性能を持つ一方、技の癖が強く下段技の発生も遅いなど扱いづらい部分もあるキャラクターとなっている
ドラマティックフィニッシュも実装されており、対ジャネンバと対ブロリー(DBS)の2つがある。特に後者は劇場版における戦闘シーンを再編成した長編のものとなっており、スタッフの気合いが伺えるものとなっている

ソーシャルゲーム

ドラゴンボールZドッカンバトル

Z版、GT版、超版全てのゴジータがゲーム内に実装されている。

Z版は「超ゴジータ」名義でフェス限力属性と知属性の2種が、更に「超サイヤ人孫悟空(天使)&超サイヤ人ベジータ(天使)」が戦闘中に条件を満たすと合体するという形で、体属性の「超ゴジータ」が初のフェス限LRとして実装されている(超ベジットと同時実装)。

力属性は1周年記念でスーパージャネンバと共に実装され、その後半年間、超ベジットが実装されるまで「持っていないやつは去れ」と言わんばかりに最強の座に君臨していた。
性能はATK7000上昇と全属性に大して相性抜群の攻撃。この相性抜群の攻撃がとんでもなく、苦手な速属性には本来ダメージが半分以下まで減らされるのが、それを無視して効果抜群(逆に+1.5倍)するというぶっ壊れスキルであった。
その後ゲームのインフレが進み、定数上昇のパッシブは完全に時代遅れとなり、一強時代は過去のものとなっていたが、極限Z覚醒実装により大幅強化。
パッシブは「ATK・DEF77%アップ&虹気玉取得ごとに更にATK7%アップ&全属性に効果抜群」。割合パッシブに加えある程度の防御性能を獲得。倍率は一見低めに見えるが、このゴジータは潜在能力解放によるステータスの伸びしろが非常に大きく、カテゴリリーダー下では虹気玉の取得状況で若干増減はあるものの、概ねATK200万付近(全属性効果抜群があるため実際には300万超)の攻撃力をアベレージで叩きだす。
防御は盤石とはいえないものの、それでもDEF6~7万レベル。これに加えて必殺技に「ATK&DEF低下」が付いたため、ATK低下が通るイベントであれば防御面での貢献度も無視できない。
かつてのようなゲーム中一強とは流石に言えないが、相手を選ばない超万能アタッカーとして、どの所属カテゴリでも選択肢に入り得る性能に返り咲いた。

知属性版は超知属性の120%リーダー。
パッシブの効果そのものは極限前の力属性版と同様だが、基礎ステータスが上昇、必殺技効果に敵のATK&DEFダウンが追加、更にステータス補正はATK120%UPと当時の水準としては破格の割合補正を引っ提げた、強力なアタッカー。
インフレが進んだ現在では防御補正の全くないアタッカー専門キャラはだいぶ肩身が狭くなっているものの、バーチャルドッカン大乱戦のリーダー等、登板機会が全くないわけではない。

体属性LRは、変身前のキャラクタが「戦闘開始後6ターン&HP50%以下」という非常に厳しい条件を満たした際に登場。
フェス限LRの能力値でATK&DEF150%補正というステータスの暴力に加え、虹気玉取得1個につき気力+4という超必殺技の出しやすさ、更に超ゴジータ恒例の全属性効果抜群と、無茶苦茶な破壊力と安定した防御性能を兼ね備えた、フェス限LRに相応しい戦士となっている。
また合体時にHPが全快するという、ゲーム中を見渡しても非常に希少な能力も持っており、登場した暁には映画さながらの逆転劇を体感できることだろう。
ただ合体条件の厳しさはかなりのネックであり、敵が非常に強力な長期戦が増えた現在の環境では登場・活躍の機会は大幅に増えたが、実装当時はせっかく入手したのにどのイベントでも合体する前に決着がついてしまってさっぱり雄姿が見られないなどということもざらであった。

GT版は「超サイヤ人4ゴジータ」として実装。史上初のカテゴリリーダーとして、「フュージョン」カテゴリを率いる。
ステータスはATK120%アップのアタッカー専だが、極系の敵のATK&DEFダウン、高確率で必殺無効など、バトルロード適性はなかなか。

超版は変身などのない「ゴジータ」がイベント産として、「超サイヤ人ゴッドSSゴジータ」に変身する「超サイヤ人ゴジータ」がフェス限速属性として、「超サイヤ人ゴッドSSゴジータ」に変身する「ゴジータ」がフェス限LRとして実装。
イベント産は極限Z覚醒も実装されており、編成を縛るものの「劇場版HERO」カテゴリなどでは力を発揮する。ゴジータ系お得意の全属性効果抜群は「劇場版BOSS」カテゴリに限定されるものの、特効抜きでも超激戦レベルのイベントであれば苦戦することもないレベルの実力の持ち主であるため、手駒の足りない初心者であれば作っておくのもよいだろう。

「超サイヤ人ゴジータ」は5ターンで「超サイヤ人ゴッドSSゴジータ」に変身する。
変身前でもATK&DEF100%と全属性効果抜群に加え中確率回避まで兼ね備えた高水準の万能戦士だが、変身後はステータス補正が130%アップに、全属性効果抜群は確定会心(属性およびDEF無視&ダメージ1.9倍)に、回避は高確率にと、あらゆる面でパワーアップを果たす、まさにオールラウンダー。
超サイヤ人のゴジータであっても名義が違うため、「超ゴジータ」と並べて新旧ゴジータそろい踏みを楽しめるのも嬉しいところ。
使い勝手とは全く関係ないが戦闘アニメのクオリティもすさまじいことになっており、性能面でもビジュアル面でも、映画さながらの大活躍を拝むことができる。

フェス限LR「ゴジータ」は4ターンで「超サイヤ人ゴッドSSゴジータ」に変身する。
最近のトレンドである長期戦に重きを置いた性能であり、変身後は攻撃するたびにステータスがどんどん上昇していく。仕上がった際の火力はトップクラス。全属性効果抜群および回避は隊列によってスイッチする形になっているほか、アクティブ必殺も搭載されているため、今までのゴジータのどこに置いても一定の実力を発揮する、といった特徴からは少々外れた、テクニカルな要素が増えている。
戦闘アニメは「超サイヤ人ゴジータ」を更に上回るという異常なクオリティになっており、映画さながらどころかほとんど映画まんま




関連イラスト

[模写]復活のフュージョン!!悟空とベジータ
天下無敵の合体おとうさんたち


ゴジータ超サイヤ人4
最強VS最強



関連タグ

ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール超
ベジット フュージョン 超サイヤ人 
ジャネンバ 超一星龍 ブロリー(ドラゴンボール超)

ゴジータ:UM

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4045828

コメント