ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

界王拳

かいおうけん

界王拳は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場する技の一つで、いわゆるパワーアップ技。
目次[非表示]

概要

界王拳(かいおうけん)とは、漫画『ドラゴンボール』に登場した戦闘力を高める手段の一種である。
2倍以降○倍界王拳となり、○には2以上の整数が入る。

物語中盤、孫悟空サイヤ人に対抗するために界王様の元で伝授された奥義の一つ(もう一つは元気玉)。
名前の由来は考案者である界王様から(元気玉と共に理論を確立しただけで使用はできない)。
ナメック星でのフリーザとの戦いで超サイヤ人になれるようになり、戦闘力が通常時の50倍と効果が界王拳よりも上回るため、以後原作の漫画では使用されることがなくなった。
なお考案者である界王自身は身体能力的な問題でもあったのか、極めることが出来ずにいたため、直接指導を受けた悟空以外に習得者はいない。

効果

自身の戦闘力を界王拳の倍率分上昇させる能力で、体から赤いオーラが出る。ただし、フリーザ戦で使った10倍界王拳ではオーラが出ていないが、実は最初から使っていた(アニメではオーラの描写があるが、フリーザに反撃されるたびにオーラが消えているので、使用していないように見えるという演出がされた)。
悟空いわく「上手くいけば力・スピード・破壊力・防御力が全部何倍にもなる」とのこと。
なお、理屈では100万倍界王拳などと無茶をすればフリーザセル魔人ブウすら圧倒できる戦闘力になるが、限界を越えた倍率の界王拳は短時間の使用でも体への反動があるため、悟空が耐えられるかどうかという問題になる。
実際、ベジータ戦での4倍界王拳やフリーザ戦での20倍界王拳では、元々それまでの戦闘で体力や気を消耗していたとはいえ、肉体に痛みが発生したり体力を使い果たして相手に抵抗できなくなってしまった。

ドラゴンボール超』では、老界王神から「体に負担のかかる超サイヤ人状態で更に界王拳を使おうとするなど、命を捨てるようなもの」と称され、これまで併用しなかった理由が明かされた(アニメ『ドラゴンボールZ』のあの世一武道会にてパイクーハンを相手に超サイヤ人の状態で界王拳を使った「超界王拳」が登場しているが、死んでいて肉体への負担がないためにできたもの、すなわち超サイヤ人3の体力消耗がないのと同じ理由だと解釈できる)。
その後、悟空本人は強く穏やかな心を持ちながら気のコントロールを極めた超サイヤ人ブルーなら併用できるのではと考え、破壊神ビルスと戦うために時間をかけて極めるつもりだった。だが、ヒットの時飛ばしの成長でそれに対抗するためにぶっつけ本番で併用を試みて、10倍に膨れ上げるのに成功。狙いは図に当たり身体への負担は軽減されたものの、繊細極まる気のコントロールを強いたことで今度はそちらに反動が生じ、試合後には一時的な後遺症を残すことになった。食欲がなかったり、気のコントロールが不安定などの症状が起きた。
そんなリスクが高い技であったはずなのだが、未来トランクス編以降は使用頻度が何故か増えている。
どうやら後遺症が残るのはあくまで10倍という高倍率で使用したときのみのようだ。

逆を言えば悟空でさえ10倍か20倍の界王拳を使うのも大幅な体力消耗を強いられるので、超サイヤ人との併用は危険すぎるということになるので、正に最後の手段とも言うべき技になりつつある。

ゲーム作品では『ドラゴンボールZ 舞空闘劇』にてクリリンが、『ドラゴンボールゼノバース』シリーズにてクリリン及び主人公(プレイヤーアバター)やヤムチャも使用が可能。

ニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンボールフュージョンズ』では、超サイヤ人4の状態で併用する「最大界王拳」なるものも存在。
倍率がわからないのもあってか、相当凄まじい反動がありそうである。
アーケードゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではなんとベジット:ゼノが超界王拳を習得(表記は超サイヤ人界王拳)。対パイクーハン以来の超界王拳の登場である。

作中で使用したシーン

ナッパ:界王拳
ベジータ:2~4倍界王拳(4倍を使ったのは一瞬。しかもかめはめ波発動時のみ)
ギニュー:界王拳(ただし発動してすぐやめた)
フリーザ:10倍界王拳と20倍界王拳

アニメオリジナル

劇場版

Dr.ウィロー:3~4倍(4倍界王拳はかめはめ波発射時のみ)
ターレス:10倍界王拳
スラッグ100倍界王拳(一瞬のみ。ちなみにこの映画は『超サイヤ人だ孫悟空』というタイトルだが時系列はナメック星編以前もしくはフリーザを超サイヤ人にならずに倒した後であり、超サイヤ人化はせず、フリーザも台詞の中でしか登場しない。悟空が通常より大きな力を発揮し、その際白目になっている場面があるため不完全な超サイヤ人化とも解釈できる)
クウラ:10倍界王拳
メタルクウラ:20倍界王拳
パイクーハン超界王拳(超サイヤ人の状態で界王拳、倍率は不明)

ドラゴンボール超

超サイヤ人ブルー界王拳にて解説

ゲームオリジナル

  • 最大界王拳(超サイヤ人4の状態で発動、倍率不明)
  • ベジットブルー界王拳(ベジットブルーの状態で発動、倍率不明)
  • ゴジータ4界王拳(ゴジータ:ゼノが超サイヤ人4の状態で発動、倍率不明)


ドラゴンボールゼノバースシリーズ

変身技として登場。プレイヤーアバターもパラレルクエストに登場する悟空を倒すことで界王拳を確率で会得できる。
倍率は界王拳→4倍→20倍の三種類で、超サイヤ人と同じく気力ゲージ(回避技などを使うのに使用、究極技を妨害されたり、スマッシュを喰らうとブレイクし、一定時間受け身も防御もできなくなる)を一本ずつ使用して一つづつ段階を挙げていく方式(解除にはゲージを使用しないが一気に通常形態に戻る)。
ただし使用中は高倍率であるほど技力(かめはめ波等を放つために消費され、攻撃を当てたり気を高める事でチャージ出来る)が激しく減り、ゼロになると変身が解けて硬直し、大きな隙が生じるため、原作悟空さながらに発動したり解除したり、隙を見てチャージを行い、ある程度ゲージを回復させたりととゲージ状態への注意が必要。
ゴールデン化が出来るフリーザ型やお馴染み超サイヤ人やSSG以降の「ゴッドシリーズ(それぞれ独立しているため、段階上げがない)」があるサイヤ人と違い
筋斗雲にのって如意棒を振り回したり、巨大化したり、純粋化したりと大きくモーションや見た目が変わってしまう地球人、ナメック星人、魔人のキャラではモーション変化のない貴重な変身技だが、ほぼデメリットがなく、界王拳より強力な「潜在能力解放(現代大人悟飯の使用するアルティメット化と同一)」に活躍の場を取られがち

『ゼノバース2』では、気力ではなく技力、消費ではなく参照(技力が溜まってさえいれば消費なしで何度でも変身、解除が出来る)に変更されたため、発動しやすくなったが減るのが気力になったことで任意にリチャージ出来ず乱用すると防御も受け身も取れなくなるリスクが跳ね上がった。
SSGSSやその進化、超サイヤ人3のような技力が減るタイプは必殺技が撃ちにくくなるデメリットこそあるが技力が0になったところで変身が解けるだけなので、反動的にも性能的にも完全に下位互換と言っていい

「界王拳アサルト」「20倍界王拳かめはめ波」など(見た目だけ)界王拳状態で攻撃する技が追加された。界王拳で変身する必要はないため、超サイヤ人中にこれらの技を使えば超界王拳やブルー界王拳が再現できる(界王拳と超サイヤ人化は同じ変身技のため一緒にセットはできない)。
総評してフリーザ型やサイヤ人では固有変身が強いため使われることはなく、他の三種族でもキャラ付けでもなければ使われず、その場合でも技を使う前に一瞬だけ発動して即解除のような使い方しかされない不遇な変身である。

また、Ver1.35アップデートで潜在開放の更に上位互換であるビースト化(この変身は今作唯一の発動時技力「消費」型、必要技力500)が追加されたことで更に肩身が狭くなる憂き目に遭うこととなった。

ただし、特定クエストで特定の条件を満たした上での周回が必須だがやろうと思えば開始直後に手に入れられる変身(種族固有の変身は種族クエストを進める必要があり、上位互換の潜在能力解放はサイヤ人のバリエーションを除くと大抵最後に手に入る変身)であり、また変身に必要な技力が最低100と非常にお手軽(300あると3倍、500あると10倍に出来る、潜在能力解放は500)なため、発動できるレベルになるまでは種族問わずお世話になる場面はあるだろう。

超ソウル(様々な条件下で能力を発揮する装備品、例えばかめはめ波を使っている時気弾の威力が上がったり、界王拳や超サイヤ人など覚醒技を使っている時火力が上がるモノなど、何も効果がないものもある)の「界王拳…これがオラの奥の手さ!(SSGSS界王拳初使用時のセリフ)」を使えば通常倍率までなら気力の自然回復が減少を上回り反動を受けなくなるように出来、3倍までなら殴り合っているうちは完全拮抗する、また技力が溜めやすくなり通常攻撃や通常気弾の火力を上げる効果も得られる、どうしても界王拳でやりたいという生粋の界王拳ファンなのであれば試してみよう。(ただし、3倍は殴り合っている場合文字通り微動だにしなくなり、ぼさっとしていると減り始めてしまうためリカバリーが効きづらくなり、10倍は消費が勝ってしまうので倍率に注意すること)

関連イラスト

20倍界王拳かめはめ波
かい~お~うけ~ん!!!! 3倍だ~~~っ!!!!


3倍界王拳
界王拳ーー!!



関連タグ

界王 孫悟空 元気玉 かめはめ波

その他作品

ウォーズマン理論:パワーを何倍も上げる演出の先駆け。体力の消耗が激しい、体に負担がかかる点も同じ。
TRANS-AM(ガンダムシリーズ):同じくスペックが倍加するリミッター解除の手段で、使用後に性能が低下するアフターリスク、外見が赤く発光する切り札繋がり。後年ではアフターリスクは幾分改善されているが。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1462966

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました