ピクシブ百科事典

界王拳

かいおうけん

界王拳は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場する技の一つ。気を限界まで高めて一時的に戦闘能力を底上げする、いわゆるパワーアップ技。
目次[非表示]

界王拳(かいおうけん)とは、『ドラゴンボール』に登場した戦闘能力を高める手段の一種である。
表記は「界王拳(2倍以降○倍界王拳となり、○には2以上の整数が入る)」。

概要

物語中盤、孫悟空サイヤ人に対抗するために界王様の元で伝授された奥義の一つ(もう一つは元気玉)。
名前の由来は考案者である界王様から(ただし元気玉と共に理論を確立しただけで使用はできない)。
ナメック星編終了直前に超サイヤ人(戦闘力が通常時の50倍になる)になれるようになったこともあり、以後使用されることがなくなった。

効果

体から赤いオーラが出る。ただし、フリーザ戦で使った10倍界王拳のオーラは出ていないが、実は最初から使っていた。
自身の戦闘力を界王拳の倍率分上昇させる(単に「界王拳」とした場合は1.5倍と2倍の二つの説がある)。(実際にベジータ戦の界王拳は悟空が「界王拳」と発言した後のナレーションに「2倍の界王拳」とハッキリ記載されている。またギニュー戦の界王拳も2倍説が有力。)
悟空本人によれば「上手くいけば力・スピード・破壊力・防御力が全部何倍にもなる」とのことで、ヒット戦を観戦していた時のベジータ曰く、「界王拳は、戦闘力の増強に引き換え、体力をもっていかれてしまう」というハイリスクを伴うとのこと。

なお、理屈では100万倍界王拳などと無茶をすればフリーザセルすら圧倒できる戦闘力になる(悟空に耐えられるかどうかという問題になるが)。

ドラゴンボール超では、老界王神から「体に負担のかかる超サイヤ人状態で更に界王拳を使おうとするなど、命を捨てるようなもの」と称され、これまで併用しなかった理由が明かされた。その後、悟空本人は強く穏やかな心を持ちながら気のコントロールを極めた超サイヤ人ブルーなら併用できるのではと考え、破壊神ビルスと戦うために時間をかけて極めるつもりだった。だが、ヒット飛ばしの成長でそれに対抗するためにぶっつけ本番で併用を試みて、10倍に膨れ上げるのに成功。狙いは図に当たり身体への負担は軽減されたものの、繊細極まる気のコントロールを強いたことで今度はそちらに反動が生じ、試合後には一時的な後遺症を残すことになった。
そんなリスクが高い技であったはずなのだが、未来トランクス編以降は使用頻度が何故か増えている。
どうやら後遺症が残るのはあくまで10倍という高倍率で使用したときのみのようだ。

ゲーム作品ではクリリンなど他の戦士が使用する事もある。
3DSソフト『ドラゴンボールフュージョンズ』では、超サイヤ人4の状態で併用する「最大界王拳」なるものも存在。
倍率がわからないのもあってか、相当凄まじい反動がありそうである。

作中で使用したシーン

ナッパ:界王拳
ベジータ:2~4倍界王拳(4倍を使ったのは一瞬。しかもかめはめ波発動時のみ。)
ギニュー:界王拳(但し発動してすぐにチェンジされたため攻撃することはなかった)
フリーザ:10倍界王拳(最終的に20倍界王拳かめはめ波を使用)

アニメオリジナル

Dr.ウィロー:3~4倍(4倍界王拳はかめはめ波発射時のみ)
ターレス:10倍界王拳
スラッグ100倍界王拳(一瞬のみ。ちなみにこの映画は『超サイヤ人だ孫悟空』というタイトルだが時系列はナメック星編以前もしくはフリーザを超サイヤ人にならずに倒した後であり、超サイヤ人化はせず、フリーザも台詞の中でしか登場しない。)
クウラ:10倍界王拳
メタルクウラ:20倍界王拳
パイクーハン超(スーパー)界王拳超サイヤ人の状態で界王拳、倍率は不明)
ヒット:超サイヤ人ブルーと10倍界王拳の併用
合体ザマス:超サイヤ人ブルーの状態で使用。ただの界王拳なので倍率は不明だが十数秒で倒れてしまった。
ベルガモ:同じく超サイヤ人ブルーの状態で使用。ただの界王拳なので倍率は不明。

ゲームオリジナル

最大界王拳(超サイヤ人4の状態で発動、倍率不明)

関連イラスト

20倍界王拳かめはめ波
かい~お~うけ~ん!!!! 3倍だ~~~っ!!!!


3倍界王拳
界王拳ーー!!



関連タグ

界王 孫悟空 元気玉 かめはめ波
TRANS-AM フレアドライブ

八門遁甲……NARUTOにおける同質とされる奥義。

pixivに投稿された作品 pixivで「界王拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 487334

コメント