ピクシブ百科事典

筋斗雲

きんとうん

『ドラゴンボール』に登場する雲。上に乗って自由に空を飛べ、持ち主が呼べばどこからともなく飛んでくる。
目次[非表示]

筋斗雲(きんとうん)は、『ドラゴンボール』に登場するの乗り物である。
モチーフは『西遊記』に登場する觔斗雲

概要

上に乗って自由に空を飛べる雲。持ち主が呼べばどこからともなく飛んで来る。飛行速度はマッハ1.5。ただし、心の清らかな者しか乗れず、そうでないものが乗ろうとするとすり抜けてしまう。(劇中で、乗れなかった様子がハッキリと描かれた者は、亀仙人・ブルマ・クリリン)本人が直接乗ることが出来なくても、ぴちぴちギャル探しの時のように乗れる者にしがみついたり、逆に、占いババ編のように乗れる者に掴んで貰えば一緒に飛ぶ事は出来る。

カリン様のもとで修行をした亀仙人が貰い、孫悟空に授ける。
レッドリボン軍シルバー大佐のバズーカ砲で破壊されたが、ジングル村の村長たちから「筋斗雲は壊されてなくなったりはしない」と教えられたことで、筋斗雲を再び呼びだすことが出来た。しかし、ピッコロ大魔王の配下のタンバリンの気功波で破壊された際は、復元されず、本当に消滅してしまう。
後に悟空は、ピッコロ大魔王との決戦に向かう際、カリン様が呼び出した巨大筋斗雲から、少量を契り、それを新たな筋斗雲とした。

序盤は移動手段として大いに活躍した。より高速で飛行できる舞空術が登場してからも登場回数こそ減ったが、平常時や戦場に向かう際も筋斗雲で移動する描写は存在した。少なくとも、ナッパ・ベジータ戦の戦場に一刻も早く駆け付けようとしている悟空が、あの世から戻るなりすぐに筋斗雲に乗っており、自力で飛ぶことを選択していなかった点から考察すると、当時の悟空(戦闘力8000以上)の舞空術の飛行速度よりは、筋斗雲の方がまだまだ速かった、ということらしい
悟空が瞬間移動を覚え、能力的に完全に用済みになったと言えた後も息子の悟飯が通学で使用している。
その後も、表紙イラストで描かれたり、目次のページでベッド代わりにされたり、悟飯に飛ぶ速さを競うのに利用されたり(その際、驚きを表す漫符を出していた。意志があるのか?)、何かと孫家の人々に愛されている。

完全版コミックスの最終巻(34巻)では描き下ろしとして、悟空がウーブに筋斗雲を与えている。
上述のように、セル編完結~魔人ブウ編までの間、悟空が死亡していた時には、息子の悟飯が所有権を相続したような形になっており、そこから更に悟天へと贈与され、悟天の立場から見れば一度もらったモノを取り上げられた事になるのだが………思えば悟空死亡時の悟飯への所有権移動も、セルゲームのドサクサ紛れで当人同士の意思の疎通がなされぬまま既成事実が成立したようなトコロがあるし……あるいは孫家の家族全員に共同所有されていたという考え方が正しいのかもしれない。

GTの最終回エピローグでも登場し、悟空を乗せて、何処かに飛んでいった。

ちなみに筋斗雲の色は、漫画では紫色、アニメでは黄色である。

例外として、GBAソフト「アドバンスアドベンチャー」ではクリリンを操作するモードがあり、代用品として『黒筋斗雲』なるものが登場している。

筋斗雲に乗れる人物

かつては乗れた人物

  • 亀仙人 昔は乗れたらしい
  • ジングル村(レッドリボン軍に制圧された北国の村)の老人たち


原作以外で

ファミコンジャンプII 最強の7人より

悟空を含めたプレイヤーキャラクター7人。
作中、亀仙人に「エッチなビデオ」を贈ることで筋斗雲を入手する。

CROSSEPOCHより

お台場冒険王
ルフィは乗ることができた反面、両津は性格の問題上、筋斗雲から突き抜けてしまい、「何でわしだけ乗れないんだ!」と叫び嘆いて落ちていった。

ドラゴンボール改からONE PIECEへの受け渡しスポット
悟飯と共に筋斗雲に乗っている。

関連タグ

 ドラゴンボール 孫悟空(ドラゴンボール) 飛行 舞空術
觔斗雲 雲山 くもじい ギズモ 白雲朧 ジュゲム

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「筋斗雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362887

コメント