ピクシブ百科事典

筋斗雲

きんとうん

『ドラゴンボール』に登場する雲。上に乗って自由に空を飛べ、持ち主が呼べばどこからともなく飛んでくる。
目次[非表示]

筋斗雲(きんとうん)は、『ドラゴンボール』に登場するの乗り物である。
モチーフは『西遊記』に登場する觔斗雲

概要

上に乗って自由に空を飛べる雲。持ち主が呼べばどこからともなく飛んで来る。飛行速度はマッハ1.5。ただし、心の清らかな者しか乗れず、そうでないものが乗ろうとするとすり抜けてしまう。

カリン様のもとで修行をした亀仙人が貰い、孫悟空に授ける。
その筋斗雲は、ピッコロ大魔王の配下のタンバリンの気功波によって破壊されてしまう。
しかし、カリン様のもとで修行した時に、悟空は許しを得て巨大な元の雲から少量をちぎって持っていく。

序盤は移動手段として大いに活躍した。より高速で飛行できる舞空術が登場してからも登場回数こそ減ったが、平常時や戦場に向かう際も筋斗雲で移動する描写は存在した。悟空が瞬間移動を覚え、能力的に完全に用済みになったと言えた後も息子の悟飯が通学で使用している。
その後も、表紙イラストで描かれたり、目次のページでベッド代わりにされたり、悟飯に飛ぶ速さを競うのに利用されたり(その際、驚きを表す漫符を出していた。意志があるのか?)、何かと孫家の人々に愛されている。

完全版コミックスの最終巻(34巻)では描き下ろしとして、悟空がウーブに筋斗雲を与えている。

ちなみに筋斗雲の色は、漫画では紫色、アニメでは黄色である。

例外として、GBAソフト「アドバンスアドベンチャー」ではクリリンを操作するモードがあり、代用品として『黒筋斗雲』なるものが登場している。

筋斗雲に乗れる人物

かつては乗れた人物


関連タグ

 ドラゴンボール 孫悟空(ドラゴンボール) 飛行 舞空術
觔斗雲 雲山 くもじい ギズモ

pixivに投稿された作品 pixivで「筋斗雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231579

コメント