ピクシブ百科事典

ドラゴンボール超

どらごんぼーるすーぱー

ドラゴンボール超(スーパー)とは、ドラゴンボールシリーズの18年ぶりのTVアニメである。
目次[非表示]

概要

2015年7月から2018年3月まで放送されたテレビアニメ。
公式ヒストリーにおける「宇宙の神々編」を描いたストーリー。全131話。
時期列は魔人ブウ編後から、原作最終回までの間にある空白の10年間にあたる。

本作のストーリーは原作漫画を補完するシナリオである「神と神」「復活の「F」」と一部設定が異なるが、一方で映画と原作とで矛盾している部分を解消している部分もある。
他にもアニメオリジナルの要素や話なども多数追加されており、劇場版を見た者もそうでないものでも楽しめるようになっている。

原案及び監修は原作の作者鳥山明
Vジャンプでは漫画版(作者:とよたろう)が掲載中。

2018年3月のTVアニメ終了にあたり鳥山先生は「テレビアニメは一旦終わってしまいますが、大人気のとよたろう先生の描く「DB超」の漫画はこのままずっと続きます。テレビアニメや映画とはまた違った展開もあると思うので、楽しみにしていてください。」とコメントしている。
また制作・放送局であるフジテレビも「シリーズが終了するわけではない」と説明しており、制作元である東映アニメーションも「ドラゴンボール」シリーズを主とする部署「第三映像企画部」を新設している。

2018年7月1日から“未来”トランクス編に登場した未来のトランクスマイのその後を描いたゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』監獄惑星編がPRアニメ化。TVアニメではなくネット配信される。
こちらは鳥山先生の関りは薄く、悟空達の衣装が『超』本編と異なっている他、『Z』の劇場版からクウラ、『GT』から超サイヤ人4、ゲームオリジナルキャラクターとして孫悟空:ゼノフューカンバーなどが登場する。

2018年12月14日には『超』としては初となる劇場版「ブロリー(BROLY)」(シリーズ第20作目)が公開予定。
内容はアニメ最終章となった宇宙サバイバル編のその後の物語で、テーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」。『Z』とは異なった時間軸で描かれるブロリーとの出会いと戦い、そして悟空、ベジータ、ブロリーという3人のサイヤ人の運命のいく果てと、そこに大きくかかわるフリーザ軍サイヤ人の新たな関係が描かれる。

あらすじ

神と神(破壊神ビルス編)【第1話~第14話】

魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後。ドラゴンボールの力によってブウの記憶は人々から消え去り、地球は平和を取り戻していた。生き返った悟空ベジータは更なる強さを求め修行に明け暮れていたが、その地球に伝説の戦士「超サイヤ人ゴッド」を求め破壊神ビルスとその付き人ウイスが現れる。そして同時に地球周辺では次々に星が消える不思議な現象が起こっていた…。

神と神(破壊神ビルス編)
はかいこんび2


復活の「F」(フリーザ復活編)【第16話~第27話】

ビルスとの戦いから半年以上経ったある日。フリーザ軍の残党であるソルベタゴマという二人の宇宙人が軍の再起の為にドラゴンボールでフリーザを蘇らせようと地球に舞い降りた。そしてその願いは叶えられ蘇ったフリーザは自分を地球の地獄に追いやった悟空達に復讐するべく修行に励む。四か月後、パワーアップし新たな形態を手に入れたフリーザは1000人の兵士達と共に地球に襲来。地球を守るべく兵士達と戦う悟飯ピッコロ達、そしてウイスの元で修行した悟空とベジータは再びフリーザとの宿命の対決へと挑む。

ドラゴンボール復活のF
悟空×ベジータ


破壊神シャンパ編【第28話~第41話】

再びウイスの元で修行を続けていた悟空とベジータの前にビルスの兄弟で第6宇宙の破壊神であるシャンパが現れた。グルメな星・地球を欲するシャンパはお互いの宇宙から5人の選手を選出し戦わせる破壊神選抜格闘大会の開催を宣言。そしてその報酬には地球と超ドラゴンボールが選ばれた。ビルス達はシャンパ率いる第6宇宙チームに対抗すべく第7宇宙チームを結成。第6宇宙・第7宇宙、2人の破壊神のプライドをかけた戦いが今始まる。

ドラゴンボール ログ
6


“未来”トランクス編【第47話~第67話】

第6宇宙との格闘試合終了後、未来から青年姿のトランクスが再びタイムマシンに乗ってやって来た。なんと悟空そっくりの謎の戦士「ゴクウブラック」の手によって、未来の世界がまた窮地に陥ってるという。悟空とベジータは未来の世界を救うべくゴクウブラックの正体を追うが、次第に別宇宙の神々の思惑が交錯している事が発覚。後に破壊神や全王さえも巻き込む大事件に発展していく…。

トランクスのパートナー~マイ~
DB :: ゴクウブラック


宇宙サバイバル編【第77話~第131話】

未来の一件が解決した後、悟空の呼びかけにより全王が主催する宇宙規模の武道大会「力の大会」が開催される事になった。しかし、それは宇宙消滅をかけた戦いの幕開けだった。敗北した宇宙は全王の手によって消滅させられるというルールが設けられたのだ。悟空は自らの宇宙である第7宇宙を守るべく大会に出場する最強の10人チームを結成する。果たして悟空達は第7宇宙を守り切れるのか!?

NARUTO  ONE PIECE DRAGON BALL
宇宙サバイバル編イラスト


ブロリー(BROLY)【劇場版】

「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に、これまで見たことがない謎のサイヤ人“ブロリー”が現れた。惑星ベジータの消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへと発展していく…。

DRAGON BALL SUPER
劇場版ブロリー



登場人物

※個別記事がある者を抜粋。

主要キャラクター


悟空の仲間達


破壊神ビルス編」からのキャラクター


フリーザ復活編」からのキャラクター


破壊神シャンパ編」からのキャラクター


“未来”トランクス編」からのキャラクター


宇宙サバイバル編」からのキャラクター


ブロリー(BROLY)」からのキャラクター


漫画版

Vジャンプで掲載されている『超』の漫画版。現在第6巻まで発売中。
作者はとよたろうで、監修はアニメ版同様、鳥山明が務める。

『超』の漫画版ではあるもののアニメ版のコミカライズというわけではなくアニメの脚本家の手が入る前の鳥山明氏が作成したプロットを元にとよたろう氏独自の設定や展開が組み込まれたストーリーとなっている。その為、超サイヤ人ゴッドを使うベジータや界王神に弟子入りした未来トランクスなどアニメ版と設定や展開が一部異なっている。

また、それらのとよたろう氏独自の要素は原作者である鳥山明氏の「とよたろう先生のオリジナルな部分が加わるともっとおもしろくなりそう」という考えもあり組み込まれているとのこと。基本的にはネームの段階から鳥山明氏のチェックが入っているため、それらの要素はアニメ版とはまた違った公式の設定の一つとなる。

話の構成は破壊神シャンパ編からをメインにしている為、破壊神ビルス編(神と神)は簡略化され、フリーザ復活編(復活の「F」)はまるまるカットされている。
ただし、とよたろう氏による『復活の「F」』が存在していない訳ではなく、映画公開前に宣伝としてVジャンプに映画途中までの話が短期連載されていた。

用語

第1宇宙 第2宇宙 第3宇宙 第4宇宙 第5宇宙 第6宇宙 
第7宇宙 第8宇宙 第9宇宙 第10宇宙 第11宇宙 第12宇宙
破壊神 天使 惑星サダラ 神チューブ 身勝手の極意

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール改 ドラゴンボールGT
オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!:前日譚
神と神復活の「F」:原作
Dr.スランプ・・・別作品だが43話で一瞬だけ則巻アラレが登場。更に69話にてアラレ・則巻千兵衛Dr.マシリトが登場。アラレ・千兵衛は悟空と面識有りでマシリトは故人の設定。

物語の流れ

魔人ブウ編神と神(破壊神ビルス編)→復活の「F」(ゴールデンフリーザ編)→破壊神シャンパ編(旧:第6宇宙編)→“未来”トランクス編宇宙サバイバル編ブロリー(BROLY)平穏な世界編(原作最終回)

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンボール超」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7056434

コメント