ピクシブ百科事典

リブリアン

りぶりあん

TVアニメ「ドラゴンボール超」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:北川里奈

TVアニメ「ドラゴンボール超」に登場するキャラクター。宇宙サバイバル編から登場。
第2宇宙の魔女っ子女戦士で、特攻火の玉リーダー/乙女戦隊のリーダーとされる。本名は「ブリアンデシャトー」。

地球人の様な容姿をした緑髪の美女。日常生活でアイドルと勘違いされる程の美貌を持つが、それとは違うもう一つの顔を持ち「フォーメーション」という掛け声を合図に、「ブリアン・ブリアン・ブリブリアン」と唱えながら頭のカチューシャから出る大量のハートを浴びて変身をする。

変身すると水色の肌をした肥満体型の魔女っ子戦士と姿を変え、ザーボンの様に変身前の美貌から大きく姿を変えるが、その代わりに強大な戦闘能力を手に入れる。
攻撃方法は猪突猛進、突っ込み、パンチの連打などで、無数のハートをばらまいてその香りで相手を魅了する技も持つ。必殺技は手でハート型を作り、そこからエネルギー波を放つ「プリティキャノン」。

一人称は「わたくし」で「かしら」「ですわよ」などのお嬢様口調で話す。
名前の由来はヒレ肉ステーキシャトーブリアン・ステーキ」から。

活躍

第91話にて初登場。第2宇宙の選手のオーディション会場に颯爽と現れ、その場にいたオカマ達に「アイドルのオーディションと勘違いしてるんじゃないの?」と非難されるが、リブリアンに変身し彼らを瞬殺、その実力を見せつける。

力の大会本戦では、第3宇宙のナリラーマの回転攻撃で吹き飛ばされるが脱落は免れる。

第102話にて本格的に動き出し、仲間のサンカ・クー(カクンサ)とスー・ローズ(ロージィ)と共に変身しようとするが、ある意味空気を読んだ17号の攻撃で変身を阻止され「変身には全部のプロセスに意味があるの。邪魔するなんてありえない!」と激怒。

トッポはおろか悟空にまで批判されたことで呆れ顔となった17号は攻撃を中断し、気を取り直して無事変身完了したのだが、変身後の姿を見たクリリンは「変身する前の方がかわいかったような…」と視聴者の気持ちを代弁してくれた。
一方ウイスは「感性は人それぞれ。宇宙それぞれですから」と述べており、反応を見る限り他の宇宙からはそれなりに高評価であった。

魅了攻撃を防がれた後は超サイヤ人のベジータと互角の戦いを繰り広げるが、回転突進攻撃を仕掛けた際には「あまりにも気色悪い」と避けられている。だがその勢いで第10宇宙のジラセンを場外に吹き飛ばすことには成功した。

その後ビカルとカクンサが倒されたことで、変身を邪魔されたことの恨みもあり17号に本気の怒りを向ける。

第109話の前編で超ドラゴンボールで全人類に愛される女神になることが大会で優勝した際の夢だと悟空に話した。←全人類に愛される新世界の女神になるのだと言わんばかり。ちなみに、ジャンプ作品ではあるが彼女のモットーに努力は入っていない(拝借情報)。

ゲームシリーズ

スーパードラゴンボールヒーローズ

6弾にて初登場。やはりあの変身姿で戦う。SRのカードは必殺技で攻撃した相手を大きな気力ダメージを与え、サポーターにした時の気力回復量を大幅ダウンする。CPのカードでは最新の「カウンターラッシュ」を使う。



余談

彼女の変身シーンはドラゴンボールとは毛色が違うプリキュアの様な変身であり両方の作品を制作している東映才能の無駄遣いが垣間見える。
他にも中の人キュアハニーと同じ人だったり、必殺技の「プリティキャノン」が「ハッピーシャワー」と似たような技だったりとプリキュアを連想させる要素が多い。

また第2宇宙と対になっている第11宇宙は「戦隊ヒーロー」的な雰囲気であり、第2宇宙のそれは「美少女ヒーロー」になっているという指摘もある。

また、味方からエネルギーをもらい受けて至る更なる変身の際は、自身を覆った卵状のエネルギーが割れていくという派手な変身の割には、見た目の違いは背中に小さな羽が生えるだけである。

関連イラスト

ブリアン・デ・シャトー
ツイッターにあげた絵


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超
宇宙サバイバル編 第2宇宙

pixivに投稿された作品 pixivで「リブリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13689

コメント