ピクシブ百科事典

第3宇宙

だいさんうちゅう

『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空の宇宙。
目次[非表示]

概要

TVアニメ『ドラゴンボール超』に登場する架空の宇宙。
通称『精神の宇宙』。全王による格付けは第7位。対となるのは第10宇宙
DBの世界は全部で12の宇宙に分かれており、この第3宇宙はその中の一つにあたる。

この宇宙を管理するのは赤い眼鏡をかけた界王神エアとロボットの様な姿をした破壊神モスコ、モスコの電子音を翻訳する西洋風の天使カンパーリの三人。

サイボーグやアンドロイドなど改造戦士に力を入れているのがこの宇宙の特色。その為、力の大会では改造戦士達を中心に選考。結果代表選手のほとんどがサイボーグなどの改造戦士になり、試合前には場外対策として選手達に様々な改造が施された。

この第3宇宙と対になるのは第10宇宙。この第10宇宙は筋肉など修行による肉体改造に力を入れており、機械による肉体改造に力を入れている第3宇宙とは正反対のタイプの宇宙となっている。

神々

  • 界王神エア

赤い眼鏡をかけた少年の姿をした界王神。知的な事を好み自らの知識レベルには自信を持っている。その為、体育会系第2宇宙の界王神ペルとは相性が悪い。第3宇宙の特色であるサイボーグやアンドロイドの影響を少なからず受けている。

緑色のロボットの様な姿をした破壊神で人間の知性を超えているとされる。古いロボットであるため、言葉ではなく機械的な電子音で意思を伝える。そのため付き人兼翻訳家のカンパーリを通してコミュニケーションを取る。電子音を発する際には顔面の球体がオレンジ色に点滅する。
  • 天使カンパーリ
西洋風な高い鼻が特徴的な天使。天使としての業務の他にモスコの発する電子音を翻訳する業務も行っている。翻訳する際には必ず「モスコ様曰く…」から始まる。

住人

  • ニグリッシ

『力の大会』第3宇宙チームの一人。第3宇宙最高の改造戦士。改造により高い運動能力を誇り、アクロバティックな動きが可能。エネルギー波を掌から発射する。また迷彩技術を搭載していてる。力の大会では、序盤他の宇宙の戦士達と共に通常状態のベジータに殴り飛ばされ、その後第6宇宙ボタモマゲッタコンビに苦戦するベジータに挑もうとしたキャベ第10宇宙のムリサームと共に襲い掛かるが、返り討ちに遭い脱落した。

  • ナリラーマ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。スーパーサバイバル仕様の改造戦士。伸縮自在の腕の先に付いた長い爪「アイアンクロー」、肩に内蔵している大型の吸盤「スーパー吸盤」など場外を防ぐ為の様々な改造を施している。力の大会では、手足を伸ばし高速回転攻撃で周りの敵を薙ぎ払っていたが、ヒットバジルにより両手を地面に叩きつけられダウンした。その後もヒットに狙われて両腕を破壊され、瀕死に陥り最後の手段として胴体に装備された主砲を放とうとするが、時飛ばしを食らいその中でバランスを崩され自らの主砲の推進力で落下し自滅した。
  • ザ・プリーチョ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。背中に羽らしき装備を搭載しており、顔立ちは肉食獣のような印象を与える。力の大会では、第6宇宙ケールの攻撃で仲間達とはぐれ一人で行動していた亀仙人を狙うも萬國驚天掌を食らい動きを封じられ、助けに来た天津飯新気功砲を受け場外へと脱落した。
  • マジ=カーヨ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。ブウベビーの様に自由に変えられるスライム状の肉体を持つ。その肉体は、物理攻撃はもちろん気功波による攻撃も受け付けず、大きさや形も自由に変える事ができる変幻自在な性質を持つ。子供の様な喋り方をするが冷酷かつ残忍な性格で、第11宇宙ディスポからはただならぬ性格と評されている。力の大会では、中盤第4宇宙ガノスにやられていた亀仙人を助けにこうとする悟空を阻止し超サイヤ人の力を触手で抑え込むが超サイヤ人ブルーに変身した事で拘束を解かれてしまう。その後、今度はエアの命令で第11宇宙ジレンの能力を知る為に襲い掛かり、それを阻止しようとしたディスポと対峙し、自身の肉体の特性を活かし彼を拘束する。そして手をハサミに変えディスポの大きな耳を切断しようとするが、狙っていたジレン本人が動き出したのに油断し取り逃がしてしまう。その後、当初の目的通りジレンと対峙し、腕を何十倍にも大きくし殴りかかるが、なんとジレンの拳の拳圧だけで吹き飛ばされ場外負けとなった。脱落後は観客席にて、攻撃で小さくなってしまった肉体で「マジかよ…」とその余りにも大きな戦闘力の差に驚いていた。その後、ジレンは自身にしか手に負えないであろう相手しか手を出さないという趣旨の発言をしており、彼もまたかなりの実力者だったことが伺える。
  • パパロニ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。外見は白髪リーゼントの老人で、紫色の肌をしている点を除けば地球人に近い外見をしている。手に持っている杖を武器に戦い、また同じチームのメンバーを操る能力を持つという。力の大会では序盤一人で18号を狙うもあっさり踏んづけられる。その後、第2宇宙のザーロインとの戦いの最中、第11宇宙のジレンと悟空の戦いを目の当たりするとその激しさに驚きの表情を見せる。だがジレンが悟空を破った後もなお第3宇宙を優勝させ生き残りる為にジレンに立ち向かおうとする勇気を見せる。
  • ボラレータ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。伸縮可能な腕や強力なエネルギー波を放てる目を持つ改造戦士。カニのように突き出た目が特徴的。裏声の様な甲高い声で喋り語尾に必ず「ボラ」とつける。力の大会では、中盤悟飯と衝突し目からのエネルギー波と伸縮可能な腕のコンボで追い込もうとするも途中で逃げられてしまう。その際、悟飯からは一筋縄ではいかないと評価されている。その後、悟空を破った第11宇宙のジレンにパパロニらと共に挑もうとするが、作戦を変えコイツカイやパンチアと共に、敗れてエネルギーを大量消費した悟空の方を狙う。しかし第6宇宙のカリフラの邪魔が入り遠くへ蹴飛ばされしまう。
  • カトペスラ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。第3宇宙の平和を守るポリスマンで戦隊ものの様な特殊なロボットスーツに身を包む。神Pad上に表示された素顔は青い肌と白いリーゼント風の髪型で、サングラスを着用している。ベルトのバックルが光ると体色を変え、通常の300倍で動ける赤のスピードモードなど様々なモードにチェンジする事が出来る。力の大会では、序盤第9宇宙ホップと激突。また中盤には第6宇宙のヒットを倒し瞑想に入った第11宇宙ジレンを狙いビアラとのコンビネーションでトッポディスポの隙をつき、ジレンに襲い掛かるもあまりにも戦闘力の差が大きすぎた為、彼のあふれ出る気のバリアを破れず弾き飛ばされビアラにキャッチされる。その後、ターゲットを変えそこら中にエネルギー波を放っていたフリーザに勝負を仕掛け変身しようとするも、第6宇宙のケールの攻撃で飛ばされてきた悟空にあたり、またしても吹き飛ばされる。その後も、めげずにスピードモードに変身し、ついてくるよう促すがフリーザは悟空とケール達の戦いを観戦することを優先した為、一人走り去ることになった。
  • ビアラ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。筋肉質で巨漢な改造戦士で、素早い動きもこなす。力の大会では、第4宇宙のシャンツァと対決した後、カトペスラと共に瞑想に入った第11宇宙のジレンを狙い、彼の周りに待機していたトッポとディスポを出し抜く為の囮となるがカトペスラの攻撃は失敗に終わり、吹き飛ばされた彼をキャッチする。
  • コイツカイ
『力の大会』第3宇宙チームの一人。小さな胴体に対して大きなモノアイの目と腕が特徴的な改造戦士。腕はボラレータ同様に伸縮する。電子音のような声も特徴。力の大会では悟空を破った第11宇宙のジレン相手にパパロニらと共に挑もうとするが、作戦を変えボラレータやパンチアと共に、敗れてエネルギーを大量消費した悟空の方を狙う。しかし第6宇宙のカリフラの邪魔が入り遠くへ蹴飛ばされしまう。
  • パンチア
『力の大会』第3宇宙チームの一人。コイツカイ同様、電子音的な声をしており、また、同じくジェット噴射のような推進力を利用した飛行が可能。力の大会では第2宇宙のリブリアンの敵を魅了する技「愛の光」を他の戦士達と共に食らうが改造戦士な為か動じていなかった。その後は悟空を破った第11宇宙のジレン相手にパパロニらと共に挑もうとするが、作戦を変えボラレータやコイツカイと共に、敗れてエネルギーを大量消費した悟空の方を狙う。しかし第6宇宙のカリフラの邪魔が入り遠くへ蹴飛ばされしまう。

関連イラスト

破壊神モスコ
EA looking good


カンパーリさん
Maji=Kāyo and Nigrisshi / ニグリッシ


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超
宇宙サバイバル編 第10宇宙

pixivに投稿された作品 pixivで「第3宇宙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4910

コメント