ピクシブ百科事典

第4宇宙

だいよんうちゅう

『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空の宇宙。
目次[非表示]

概要

TVアニメ『ドラゴンボール超』に登場する架空の宇宙。
通称『陰謀の宇宙』。全王による格付けは第9位。対となるのは第9宇宙
DBの世界は全部で12の宇宙に分かれており、この『第4宇宙』はその中の一つにあたる。

この宇宙を管理するのは神として高い意識を持つ界王神クルとネズミの様な姿をした破壊神キテラ、ガタイの良い天使コニックの三人。

この第4宇宙と対になるのは第9宇宙。全王の格付けの順位は基本的に対となる宇宙が並ぶようになっているが、この二つの宇宙間だけは第9位と第12位とで差があるものになっている。
2つの宇宙の共通点はどちらも姑息で策略じみた性質を持ち第4宇宙は『陰謀の宇宙』、第9宇宙は『姑息の宇宙』の名で呼ばれている。

力の大会では『陰謀の宇宙』の名に恥じぬ策略家達を代表選手に選考。普段からスパイ活動を行うガノス、格上の敵だけを狙い自滅を図ろうとするニンク、死んだ振りが得意なショウサなど力ではなく作戦勝ちを狙った構成になっている。

神々

  • 界王神クル

オレンジ色の肌をした界王神。尊大な性格の持ち主で神としての意識が非常に高い。キテラが第7宇宙ガノスをスパイとして送り込んだ際には全王にバレルのではないかと心配していた。普段キテラの事を「キテラ殿」と呼び、丁寧語で話している。

黄色いネズミの様な姿をした破壊神。ずる賢い性格で他の宇宙の内情を探るべくスパイを送り込んでいる。第7宇宙の破壊神ビルスを敵視しており、ビルスからは苦手にされている。力の大会開催直前には同じく破壊神である第9宇宙のシドラすら騙し、兵士達を第7宇宙へ差し向けるきっかけを作った。
  • 天使コニック
大きな前髪が特徴的な大柄な天使。『陰謀の宇宙』担当に相応しく洞察力が非常に優れており、天使としても有能な働きぶりを見せる優れた天使。

住人

名前の由来は、香辛料のアナグラムであり、由来もハーブ類の第9宇宙とは対に成っている。

第4宇宙のスパイ兼戦士。キテラの命令で第7宇宙を始めとする他の宇宙を潜伏し、その宇宙の内情を調査している。また筋肉質な鳥型の肉体へと変身する能力を持つ。若く血気盛んな戦士でキテラはその成長性に期待している。
  • ニンク
「力の大会」第4宇宙チームの一人。鬼のような形相をした巨漢の戦士。第11宇宙ジレンに気を取られていた悟空に不意打ちで絞め技を決め、そのまま道連れにしようとしたが悟空が超サイヤ人ブルー化し絞め技を抜け出した事で一人自滅する形となった。
  • ショウサ
「力の大会」第4宇宙チームの一人。赤紫色のチャイナ服に身を包んだ人狼の戦士。死んだ振りで相手の油断を誘い、騙し討ちを行う卑怯な性格の持主だが、力の大会の参加への責任を感じていたり、仲間を励ますような部分も。この騙し討ちで18号を場外負け寸前まで追い込んだがクリリンに阻止され、最後は二人の気弾を使った連携プレイを前に敗北した。
  • マジョラ
「力の大会」第4宇宙チームの一人。狐の姿をした盲目の戦士。無い視力を補って余りある優れた嗅覚を頼りに行動を取る。目をつぶっていても効果があるクリリンの100倍太陽拳を、初めから視覚に頼らないという個性を活かし破ったが、それを逆手にとられ鼻に靴をかけられその悪臭で嗅覚を奪われて動けなくなってしまった所をかめはめ波で狙われ場外負けとなった。
  • キャウェイ
「力の大会」第4宇宙チームの一人。緑色の肌をした地球人の女性の様な姿をした戦士。気をハンマーなどに加工し武器にする能力や女性特有の色仕掛けを得意とする。力の大会ではこの色仕掛けで亀仙人を誘惑し一時は成功したかに見えたが、亀仙人はプーアルと煩悩を捨てる修行を行っていたためこれを耐えきり、逆にMAXパワーの筋肉質な体形で脅され怯えて自ら武舞台から落下した。
  • ダーコリ
「力の大会」第4宇宙チームの一人。魚の尾びれの様な耳、皺のよった皮膚、とても大きな手足を持つ緑髪の女戦士。気をお札の様に加工し、それを使って相手に幻覚を見せる札術使い。光がほとんど入らない暗い星の出身で、光の当たらない場所でフルパワーを発揮できるとされ、亀仙人は自分よりも強いと評している。力の大会ではこの能力を駆使して亀仙人を翻弄し影の中に釘付けにする。しかし亀仙人が突如として放った魔封波で小瓶に封じ込まれ、能力は解除され小瓶ごと場外に投げ出された。
  • モンナ
「力の大会」第4宇宙チームの一人。緑色の肌をした肥満体の女性の様な姿をした戦士。下半身の黒い部分を肥大化させ、相手を押し潰したり、強力な回転攻撃を繰り出す。また肥満体に伴うパワーを持ち、超サイヤ人に変身したキャベの攻撃に耐えるなどの耐久力も有する。力の大会では、ヒットが脱落して第6宇宙の戦士の数が減ってきたことから、同宇宙のカリフラケールを倒そうとしたが、そこに乱入してきたキャベと交戦する。最初は自身の肥大化させた体の攻撃でキャベを苦戦させ、後一歩で場外負けにまで追い込んだが、ベジータに救出されたために失敗し、同時に彼の気功波によって吹き飛ばされる。その後、キャベと再戦したが、その際にベジータを侮辱する発言をしたが為にキャベの怒りを買い超サイヤ人2に覚醒するきっかけを作ってしまい、最終的にはファイナルフラッシュに似たキャベの気功波に吹き飛ばされて脱落した。
「力の大会」第4宇宙チームの一人。背中と臀部の間から突き出た4本の管からジェット噴射して飛行できる能力を持つ。
  • ダモン
「力の大会」第4宇宙チームの一人。
  • ガミサラス
「力の大会」第4宇宙チームの一人。

外部リンク


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編
第9宇宙

pixivに投稿された作品 pixivで「第4宇宙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23688

コメント