ピクシブ百科事典

全王

ぜんおう

アニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:こおろぎさとみ

宇宙の神々の頂点に君臨するドラゴンボール世界の最高神。
第1宇宙から第12宇宙まで存在する全ての宇宙を統べる神々の王
界王神破壊神界王など各宇宙の神々を臣下として従え、長身の付き人とあらゆる雑務、代行を請け負う天使大神官を側近としている。鳥山明曰く各宇宙に派遣されている天使の本当の指導者でもあるという。


界王神破壊神共に頭が上がらない存在なのだが、身分関係なしに誰にでも気さくに話せる悟空を気に入り、友だちとなる。最初こそ「孫悟空君」と呼んでいたが、「悟空だけで良い」と言われてからは「悟空」と呼んでいる。悟空からは「全ちゃん」と呼ばれているが、悪く思っておらず、むしろ気に入っている。


実力

ビルス曰く「戦いこそしないが、最強」シャンパ曰く「マジモンの神」、界王神曰く「何者であっても全王様は倒せない」と評されている。
自由に浮遊できる他、青の全王スイッチが押された場所に瞬間移動できる能力がある。
最大の特徴は絶対的な消滅の能力
発動させる際には青白い光を両手に纏う。そして全王が「消えちゃえ」と消滅の意思を露にすると、その光は一瞬にして全宇宙に及ぶ程の超スピードで拡散、光に触れたものは全て消滅してしまう(標的と見なされていなければタイムマシンなどで逃げることは可能)。また、個人単位の消滅も可能。
この力は宇宙はおろか、概念にさえも有効で、文字通りdb世界の森羅万象を一瞬にして無に帰すことができる。消滅の光は時空を超え並行世界にさえ行き届き、超ドラゴンボールによる不死身の力も彼の前では無力。宇宙を消滅させた後は虚無の空間となり、彼はそこでも生きていくことができる。
悟空たちがゲーム内のキャラクターの強さならば、さながらゲームマスターとして自由自在に廃すことができるのが全王といえる。

性格

純粋で崇高な性格。しかし、前述の能力により、純粋であり、それ故に残酷な性格。幼い子供のような舌足らずな喋り方で、外見もそれに準ずるように非常に小柄。
一人称は「ぼく」。語尾は「~のね」。ただし機嫌が悪くなると冷たい口調で喋る。
人間の成長を重んじているため、12の宇宙全てを「人間レベル」と呼ばれる独自の基準で格付けしている。しかし、自身が望む人間レベル7以上を満たす宇宙はわずか4つであり、宇宙が12あっても意味がないと感じていた。それによって悟空の発言も相まって「力の大会」を開催することとなった。
トランクスの未来世界を宇宙ごと消し去ったり、おはじきで遊ぶように惑星を崩壊させたり、力の大会では敗退した宇宙を一切の躊躇なく消したりと恐ろしい面も少なくなく、冷酷なフリーザですら「エグい」と評するほど。

宇宙を消滅させる時は天使だけは助けるなど天使に対しては比較的寛容。ただし天使が他者の指導以外で戦うことを禁じており、これを破ると天使は宇宙ごと消滅させられる。
実は悟空達が力の大会で優勝したら、超ドラゴンボールで消滅した宇宙を元に戻すことは最初から見通していた。大会で勝ち残る人間は他の宇宙を考えるだけの徳を持っていると信じる一面もある。
しかし自分本位の願いを言っていたら、優勝した宇宙も消滅させるつもりでいた。

全王の宮殿

彼の宮殿は12の宇宙とは別の場所にあり、界王神・破壊神とその従者(天使)しか行く事ができない(ウイスは時間がかかるが、界王神は瞬間移動で行ける。また、後に悟空も彼から貰ったボタンで行ける)。
老界王神でさえ3回しか入った事がなく、キビト界王などはこの世界に足を踏み入れた事さえない。
超巨大な青いクラゲの上に、「全」という文字を模した宮殿が立っている。
宮殿の周囲には12本の石柱が立っており、石柱の上には12の宇宙がそれぞれ浮かぶ(既に消滅させられた宇宙のものらしき何もない石柱も並んでいる)。
住まうのは全王、大神官、全王の付き人達。


余談

  • テーマ音楽が怖い

サウンドトラック第二弾発売に伴い、宇宙サバイバル編における劇伴BGMのサブタイトルが判明した。その中で全王にも多くのキャラクター同様に専用テーマとなるBGMが存在する。
しかし、その音楽が非常に恐ろしい。作中で用いられたのは1シーンのみ。
実は大神官が各宇宙の人間レベルという概念を発表した際に流れる重厚な音楽が「全王のテーマ」なのである。

  • 未来トランクスの世界を消滅させたことについて
ただでさえ当初、物心つく前に父親のベジータや悟空の仲間たちを失い、師匠である悟飯も人造人間に殺され、ようやく平穏な日常を手にした矢先にザマスとゴクウブラックのせいで実母であるブルマも殺害されてしまうという不幸の連鎖続きのトランクスに、ザマスを完全に消し去るためとはいえ『未来トランクスの世界の消滅』というさらなる止めを刺してしまったため、全王については賛否が別れている。
しかしフォローを入れると、この全王の行いのそもそもの元凶は、度が過ぎる正義(と思い込んでいる悪行)に走ったザマスに他ならない。

  • 全王の海外表記
ドラゴンボールゼノバースで用いられる「ゼノ」(Xeno)とは「未知の領域」などの意味があるが、全王様の英語表記である「Zen-Oh」も「ゼノ」と読めるため、あえてこのような名前になったのではないか、と考察する者もいる。そのまま「Zeno」が用いられている国もある。


ゲームではドラゴンボールゼノバース2で名前は出てきている。
スーパードラゴンボールヒーローズではSPカードで登場。アビリティは「全王の威光」。アタックエリアに置くと、敵アタッカーが2人以上の時、一番パワーの高い敵アタッカーが攻撃できなくなるというもの。ただし、サポートエリアに置いた時のアビリティは無く、アタックエリアの効果もバトルで2回しか使用できない。
また、ユニバースミッションのプロモーションアニメではハーツに命を狙われている。

関連グッズ


全ちゃんクッションを抱きかかえ…



関連イラスト

ツイッターろぐ
2人の全王様



関連動画

ドラゴンボール超 第41話予告 「出でよ神の龍 そして願いを叶えてちょんまげ!」(2016年4月25日公開)

※東映アニメーション公式YouTubeチャンネルより

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超
 最高神 宇宙 無敵 消滅  純真無垢
界王神 破壊神 全王の付き人 ショタジジイ

別表記・表記揺れ

 全ちゃん

関連記事

親記事

ドラゴンボール超 どらごんぼーるすーぱー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「全王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367491

コメント