ピクシブ百科事典

ウイス

ういす

ウイスは、「ドラゴンボール」シリーズの登場人物。破壊神ビルスの付き人。
目次[非表示]

概要

声:森田成一

漫画『ドラゴンボール』の劇場版アニメ『神と神』『復活の「F」』『ブロリー(BROLY)』やTVアニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。

第7宇宙破壊神ビルスの付き人の天使で、同時に武術の師匠でもある。
第6宇宙の破壊神シャンパの付き人ヴァドスは姉。全王に仕える大神官は父。
ビルスの身の周りの世話や彼が暴走した際の余計な破壊を防ぐための周囲への配慮などが主な役目だが、ときにはビルスの行動に苦言や茶々を入れるなど「付き人」と言うより保護者のような立ち位置。神の言語など、他言語で話す時は「ホーミー」のような独特の発声をする。

口調は基本的に敬語で、声の抑揚や立ち振舞は若干女性寄り。ビルス曰く音痴らしい。
上品かつ常に冷静な性格。ビルス同様グルメであり、一度地球を訪れてから地球の料理に熱中している。時には悟空達からおいしい食べ物を交換条件に無理難題を引き受けることも。現在まで様々な御馳走を食べているが意外にも一番のお気に入りはカップラーメンである。

寝ることが好きなビルスとは対照的に一切寝ることがないが、天使の性質として従属する破壊神が死亡した際には次の破壊神が決まるまで活動を停止する。また寿命の概念があるのかは不明だが、中生代から現在の職に就いており、その事からかなりの長寿である事が予測される。

容姿は地球人に近い中性的な顔立ちの長身で、青肌に逆だった白髪が特徴。
衣装は導師や僧侶をおもわせるダークカラーのローブ姿。手には常に杖を持っており、杖を使い過去の出来事の探索、惑星の民との交信などができる。
他にも、杖の中に物を保管したり人を閉じ込めたりすることも出来る。杖の中は精神と時の部屋と性質が似ているが、気を放出し過ぎると金縛りに遭ってまともに動けなくなるという奇妙な構造となっている。悟空とベジータはこの杖の中で神の気の扱いを覚えた。

名前の由来はウイスキー

実力

戦闘力

ビルスの武術の師匠であり、その戦闘力は破壊神である彼をも凌駕する。
鳥山明先生いわく「超サイヤ人ゴッドの悟空が6、ビルスが10ならばウイスは15ぐらいの強さ」とのこと。作中ではワサビに悶絶し暴れだしたビルスを一撃でダウンさせたり、超サイヤ人ブルーの悟空やベジータの攻撃を軽く受け流すなどその高い実力の片鱗を覗かせた。
復活の「F」での発言によると破壊神達でも習得困難な身勝手の極意も習得済みの模様。

ただ天使には「常に中立」という原則がある為、ビルス絡みの騒動や修行や組手以外では自ら人間達の騒動に手を出す事はない。
また姉であるヴァドスは今から1000年以上前に稽古をつけてもらった師匠でもあり、ヴァドスはウイスより自分の方が実力は上だと自負している。(ただしウイス自身はこれを否定している。)
他にも父親である大神官についてはウイスでは足下にも及ばないレベルであり、この世界にはウイス以上の実力者も存在する。

技・能力

  • 時間の巻き戻し

杖を二回地面に突くことで、最大3分間時間を巻き戻す事が出来る。
ウイス本人とその周囲にいる人物だけ巻き戻す前の記憶を持ち越す事が可能。
連続して使用する事は出来ず、一度使用すると少しの間を置かなければならない。

  • 生成
無から物を生成する超能力
悟空に新たな道着をプレゼントしたり、気の刃でゴワスを殺そうとするザマスを止める為、彼の腕に肩たたきグッズを装着させるなどをした。
  • 蘇生
杖を高速回転させそれを死亡した相手にかざす事で蘇生させる能力。
占いババの力で24時間だけ現世に蘇ったフリーザをビルスの命により完全復活させた。
  • 高速移動
宇宙空間を高速で移動出来る能力。
ウイスに触れていれば他の者も中身で宇宙空間を移動できる。
ビルスの星から北の界王の星まで約26分かかり、地球までは約35分、地球から全王の星までは約二日間かかる。超では宇宙一のスピードを自称している。
  • 破壊の序曲
ゲームオリジナルの技。
指先から放つ青色の細いエネルギー波。
  • 破壊の交響曲
ゲームオリジナルの技。
指先から気の渦巻きを発生させ左右に揺り動かす。
復活の「F」」編でその存在が語られ、「宇宙サバイバル編」で正体が明らかになった。
本人曰く「意識と肉体を切り離し無意識に任せる」能力で、作中で披露はしていないが「復活の「F」編」での発言によるとウイスは既に習得しており、ビルスも不完全ながら習得しているのだという。
神々の能力である為、人間である悟空が覚醒した際には大変興奮していたが、完成系の負担の大きさには滅多に見せない動揺した姿を見せていた。

活躍

神と神で初登場して以降、最新作のブロリー(BROLY)まで全ての作品に登場している。

神と神

ビルスと共に初登場。
数十年振りに目覚めたビルスと共に彼が夢で見たという「超サイヤ人ゴッド」を追い求め悟空やベジータの元へ舞い降りた。そこでは地球のグルメを堪能し、ビルスがブウに怒り暴れてもなお食べ続け、超サイヤ人ゴッドとなった悟空とビルスが戦っていた際にはデザートのパフェを堪能していた。

最後にはビルスから彼の師匠である事が悟空に明かされ、悟空に更なる強さの高みがあることを知らしめた。ビルスの星へ帰還してからはお土産のお寿司についていたワサビを舐め暴れだしたビルスを手刀一発で鎮圧させた。

復活の「F」

ビルスの師匠である事を知った孫悟空ベジータがウイスのいる星に押しかけ、修行を受けている。悟空とベジータの衣装の左胸に描かれた謎のマークは、二人の同時攻撃をかわしながら書いたウイスによる落書きである(ウイスはこれをサインと言っている)。
またその修行の際「身体の各部位が勝手に判断して行動できるようになる」という技能を語っており、後にこれは身勝手の極意の伏線であった事が明らかにされる。

ゴールデンフリーザとの戦いでは悟空とベジータが瞬間移動で先に行ってしまった為、少し遅れて高速移動で地球へと到着した。そこではブルマが持ってきたいちごパフェを堪能するがフリーザが地球を破壊するとバリアを張り悟空達をそれから守る。その後、ビルスの命もあり3分間時間を巻き戻し悟空にフリーザへとどめを刺す機会を作った。

ドラゴンボール超

劇場版に比べ、それとなくビルスによる地球の破壊を回避しようとする行動が見られる。
ビルスと悟空の戦いによる世界の終わりを止める程の力はない……らしい。また、ビルスの師匠である事実を知ったブルマからはビルスより強いと推測されたが、本人は「それはどうでしょう」と返している。

漫画版では天使の立ち位置が解説されており、絶対中立かつ神の鍛錬以外での戦闘は禁止されている。奔放な全王もこのルールには厳しいようで、破ればその宇宙全体が全王によって消滅させられる事になっている。
実質的にはウイスたち天使が戦力になる事はなく、ビルス死亡による機能停止とは無関係に、ウイスがゴクウブラックを止める事は不可能。

関連イラスト

落書きウイス
プリンウィーーーーーッス☆


ドラゴンボール映画
はかいしんさま



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 神と神 復活の「F」 ドラゴンボール超
破壊神ビルス ヴァドス 天使(ドラゴンボール)
孫悟空(ドラゴンボール) ベジータ フリーザ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1707886

コメント