ピクシブ百科事典

ウイス

ういす

ウイスは、「ドラゴンボール」シリーズの登場人物。破壊神ビルスの付き人。
目次[非表示]

概要

声:森田成一

漫画『ドラゴンボール』の劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 神と神』『復活の「F」』やTVアニメ『ドラゴンボール超』に登場するキャラクター。

第7宇宙破壊神ビルスの付き人で、ビルスの武術の師匠。第6宇宙の破壊神シャンパの付き人ヴァドスは姉。全王に仕える大神官は父。
ビルスの身の周りの世話や彼が暴走した際の余計な破壊を防ぐための周囲への配慮などが主な役目だが、ときにはビルスの行動に苦言や茶々を入れるなど「付き人」と言うより保護者のような立ち位置。神の言語など、他言語で話す時は「ホーミー」のような独特の発声をする。

容姿は地球人に近い中性的な顔立ちの長身で、青肌に逆だった白髪が特徴。
衣装は導師や僧侶をおもわせるダークカラーのローブ姿。手には常に杖を持っており、杖を使い過去の出来事の探索、惑星の民との交信などができる。また、時間を3分だけ巻き戻す能力を持つ。
他にも、杖の中に物を保管したり人を閉じ込めたりすることも出来る。杖の中は精神と時の部屋と性質が似ているが、神の気を持った者でないと金縛りに遭ってまともに動けなくなるという奇妙な構造となっている。悟空とベジータはこの杖の中で神の気の扱いを覚えた。

その正体は天使であり、従事する神が身罷ると次の神が誕生するまで機能を停止するという。

ズボラで子供っぽいビルスとは対称的に上品で常に冷静な性格。
真面目に見えて案外お茶目なところもある。口調も基本的に敬語で、声の抑揚や立ち振舞は若干女性寄り。ビルス曰く音痴らしい。

そしてグルメ。ビルスの暴走時もバトルそっちのけで屋台やバイキングに並ぶ料理を食べ続けていた。それ以来ビルスと同じく地球の食べ物を大変気に入っており、ときにはブルマたちからおいしい食べ物を交換条件に無理難題を引き受けることも。現在まで様々な御馳走を食べているが意外にも一番のお気に入りとなったのはカップラーメンである。

名前の由来はウイスキー

活躍

神と神

ビルスの武術の師匠であり、真の第七宇宙最強の男
だが彼自身は戦いが嫌いらしく、強さの一端を見せたのはワサビに悶絶したビルスを諌めたときぐらいなものである。時間を巻き戻すことができるというレベル。
鳥山明先生いわくゴッド悟空が6、ビルスが10ならば彼は15ぐらいの強さ」らしい。それでも、全王やその付き人、それに父親である大神官には足下にも及ばないらしい。

復活の「F」

ビルスの師匠である事を知った孫悟空ベジータがウイスのいる星に押しかけ、修行を受けている。
悟空とベジータの衣装の左胸に描かれた謎のマークは、二人の同時攻撃をかわしながら書いたウイスによる落書き(ウイスはこれをサインと言っている)。
また復活のFにおいてもドラゴンボール超においても、身体の各部位が勝手に判断して行動できるようになる、という技術を会得しており、これはビルスですら完璧ではないとのこと。

ドラゴンボール超

劇場版に比べ、それとなくビルスによる地球の破壊を回避しようとする行動が見られる。
ビルスと悟空の戦いによる世界の終わりを止める程の力はない……らしい。
また、ビルスの師匠である事実を知ったブルマからはビルスより強いと推測されたが、本人は「それはどうでしょう」と返している。

漫画版では天使の立ち位置が解説されており、絶対中立かつ神の鍛錬以外での戦闘は禁止されている。奔放な全王もこのルールには厳しいようで、破ればその宇宙全体が全王によって消滅させられる事になっている。
実質的にはウイスたち天使が戦力になる事はなく、ビルス死亡による機能停止とは無関係に、ウイスがゴクウブラックを止める事は不可能。

関連イラスト

「いけません」
ウイスのサイン


ビルス様〜〜
ウイス。



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 神と神 復活の「F」 ドラゴンボール超
破壊神ビルス ヴァドス 天使(ドラゴンボール)
孫悟空(ドラゴンボール) ベジータ フリーザ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1393535

コメント