ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

界王

かいおう

『ドラゴンボール』の登場人物。複数存在するが、専ら「北の界王」を指す。
目次 [非表示]

「ふふふ…わしは… ポリポリ… う~ん かい~よ~~ かい~お~~ かいおう… 界王じゃ!」


概要

声:八奈見乗児龍田直樹(『ドラゴンボール超』14話-)


地球を含む北の銀河を管轄している神様。「界王様」とも呼ばれる。アニメZでは全宇宙の神様の頂点に立つ存在と語られる。

※厳密には「界王」とは管轄エリアの各惑星の神を束ねる神族の上級職(後にさらに上の階級として大界王界王神が登場したことで中間管理職的立ち位置であると判明)であり、劇中でも複数の界王が登場するのだが、基本的にシンプルに「界王」「界王様」と呼ばれる場合は本項で扱う人物のことを指す。


人物

あの世の「蛇の道」の終点にある、地球の10倍の重力があるこぢんまりとした惑星「界王星」に、猿のバブルスとバッタのようなグレゴリー(アニメオリジナル)とともに住んでいる。

ゴキブリのような触覚ドジョウのような口ひげ、丸サングラスをかけ、青肌にぽっちゃり体型のちょっとうさんくさめな外見。


地球の神によれば閻魔大王よりもすごいとのことだが、あまり偉ぶった態度は取らない。ただしセル自爆に巻き込まれて死亡した際は、悟空に対して「地球という小さな星のために界王を殺しおって」と苦情を述べており、自分が高位の存在という自覚はあるようだ。


しかしその実力は本物で悟空に自身の戦闘能力を何倍にも引き上げる界王拳他人や動植物等生きとし生けるもの全ての気を集めて凄まじい気弾を生み出す元気玉等作中屈指のチート技を伝授している(ちなみにこれらの技を使用しているのは悟空のみであり、同様に界王の元で修行した天津飯らに伝授したかは不明。また界王本人はどちらの技も自身が会得することはできなかったと独白している)。


戦闘力ラディッツ以上ナッパ以下。一部資料では3500。

また触覚を使って銀河の動向を察知したり、自身を介して個人の声を全宇宙に届ける能力を持つ。

アニメ版ではリクームらを前にしても余裕を見せており、勝てる見込みがある態度を見せている。


趣味はドライブだが、アニメのアイキャッチでは毎度車が悟空にぶつかって壊れている(原因の大半が、瞬間移動してきた悟空だったりする)。


声優は、アニメ『ドラゴンボール』シリーズの無印第1話からナレーションを担当していた八奈見乗児が兼任、四半世紀演じていたが、『ドラゴンボール超』放送中の2015年9月に高齢と体調不良で降板(その後、一度も復帰することなく2021年12月3日に死去)、ウーロン役の龍田直樹がナレーションと界王役を引き継いでいる。


能力

 レンガなどの物体を手の動きに合わせて浮遊・操作することが出来る。速度を上げて超スピードでも動かせる。


 遠く離れた場所にいる相手の脳に直接話し掛ける能力。東の界王神でも出来ない貴重な能力。

 逆に他者の声を特定の人物に伝えることも出来る。ドラゴンボールGTでは他の銀河の界王たちと協力して悟空の声を全宇宙規模で伝えた。原作では界王の背中に触れることで他者に声を届けるが、GTではその描写はなく使用可能。


 遠くの光景を見ることが出来る能力。これにより悟空とフリーザの激突を観戦していた。見る場面の切り替えに触角を用いているような描写がある。ちなみに老界王神も同様の能力を持っているようで覗きに悪用している。


活躍

サイヤ人編

初登場。ラディッツとの戦いで死んだ悟空が1年後に地球に襲来するサイヤ人に負けない様修行するために界王の元を訪れた。


界王の元ではそのひょうきんな性格から、「ふとんがふっとんだ」「はなくその秘密をそっとはなくそう」といったダジャレで界王を笑わせなければならない入門テストがあったが悟空はすんなりと合格した。そして1年足らずで悟空に界王拳と元気玉を伝授したのみならず基本戦闘力も大幅に(戦闘力値を基準とした単純計算で8倍以上)パワーアップさせた。その結果悟空は一年前ではどうあがいても勝ち目のなかったベジータ達を、ほぼ痛み分けに近い形ではあったがなんとか追い返すことに成功した。

…が、悟空が現世に帰還するためには蛇の道をもう一度通る必要がある事にサイヤ人が地球に襲来する前日に気づくという超ド級のうっかりをかました結果、悟空が戦場に到着した頃にはZ戦士悟飯クリリンを除いて全滅してしまった。


フリーザ

サイヤ人編後も悟空たちの戦いに陰ながら尽力。フリーザ戦では、復活した地球のドラゴンボールを使った奇策で、ナメック星のドラゴンボールをも甦らせる活躍をした。また悟空達がナメック星で激闘を繰り広げている裏で、サイヤ人との戦いで死亡したヤムチャ達に修行を付けている。

…が、この時もナメック星の消滅に悟空が巻き込まれていくのを「見ちゃおれん」と最後まで見届けるのをやめてしまったため、悟空が無事脱出できたことに気づかないといううっかりをかましてしまった。幸い、今回は人的被害は出てないが。


アニメ版では閻魔に頼んでギニュー特戦隊の内、ジースバータリクームグルドを界王星に連れて来させ、ヤムチャ、天津飯、餃子の対戦相手とした。

彼らはこの事実を知らないためリクームたちは界王星を支配しようとしており、ヤムチャたちは阻止するべく立ち向かうという構図となった。

当の界王は悟空とフリーザの激突を観戦中のためほぼノータッチ。ただし「ベジータ以上の実力者たち」を前にしり込みするヤムチャたちに「攻めるんじゃ!」とアドバイスした。


人造人間・セル編

ピッコロ神様の融合によって失われた地球のドラゴンボールを復活させるために新ナメック星を探す悟空の訪問を受け、大体の位置を教えた。その後、セルゲームにおいて「ここしかなかった」との理由で、瞬間移動で悟空が連れてきたセル自爆の巻き添えを食らって死亡してしまう(そもそも瞬間移動が相手の「気」を探知してワープする方法の為、どうやっても被害を出す事は避けれなかった。もう少し決断が早ければ界王様達を連れて脱出できた可能性はあるが)。

元々あの世の住人のため、この一件以降も復活させた界王星で変わりなく暮らしている(アニメでは死亡した直後の頃には蛇の道周辺の岩山に仮住まいをかまえていたことが描かれている)。

ヤムチャが「セルに殺された人たちを生き返らせてほしい」と神龍に願った際には生き返る事が出来ない悟空に付き合い神龍の願いを自ら断っている。

しかし、これがきっかけで劇場版『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』にて、かつて四人の界王が力を合わせ封印した「ボージャック」の封印が解けてしまうことになった。


その後は悟空のあの世での生活に付き合う為に生き返らずに過ごしていたが、悟空は老界王神の命を貰った為、結局彼のみ死んだままになった。その為、『ドラゴンボール超』では悟空に頼み神龍の願いで生き返ろうと考えるが結局失敗に終わる。因みに『ドラゴンボールGT』になっても死んだままである。

ウイスに生き返らせてもらった方が良いんじゃないのか』と思うのは禁句である。


ゲームにて

一応それなりの戦闘力はもつものの、戦闘シーンがほとんどないためシナリオのみの登場や、サポートキャラとしての登場がほとんど。しかし原作でも主要なキャラの1人の為、ボイス付きのストーリーがあるゲームにはかなりの頻度で出演している。


そしてゲーム『ドラゴンボール改 アルティメット武闘伝』ではプレイヤーキャラとして参戦。趣味のドライブは単体技で最強クラスの火力を持つが、地上でないと発動できない。

これの界王出演のIFストーリー「北の銀河から」三部作「初恋」「時代」「遺言」は一見の価値あり。

魔人ブウ:善と初恋の人が似ているという話をしたり、いつも通り調子に乗る超サイヤ人3ゴテンクスを注意したり、なぜか界王星に来たブロリーと共にカカロットを探したりとドタバタである。


関連イラスト

孫悟空 界王様 バブルス君 完全版15巻表紙さて・・・


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超

界王星 大界王 界王神 界王拳 元気玉

孫悟空 ザマス(第10宇宙の北の界王)

関連記事

親記事

界王神 かいおうしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209323

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました