ピクシブ百科事典

界王

かいおう

漫画「ドラゴンボール」の登場人物。複数存在するが、専ら「北の界王」を指す。
目次[非表示]

概要

「ふふふ…わしは… ポリポリ… う~ん かい~よ~~ かい~お~~ かいおう… 界王じゃ!」

声:八奈見乗児龍田直樹14話-)

地球を含む北の銀河を管轄している神様。「界王様」とも呼ばれる。

あの世の「蛇の道」の終点にある、地球の10倍の重力があるこじんまりとした惑星「界王星」に、猿のバブルスとバッタのようなグレゴリー(アニメオリジナル)とともに住んでいる。
ゴキブリのような触覚ドジョウのような口ひげ、丸サングラスをかけ、青肌にぽっちゃり体型のちょっとうさんくさめな外見。

しかしその実力は本物で悟空に自身の戦闘能力を何倍にも引き上げる界王拳他人や動植物等生きとし生けるもの全ての気を集めて凄まじい気弾を生み出す元気玉等作中屈指のチート技を伝授している(ちなみにこれらの技を使用しているのは悟空のみであり、同様に界王の元で修行した天津飯らに伝授したかは不明)。
戦闘力はラディッツ以上ナッパ以下。一部資料では3500。
また触覚を使って銀河の動向を察知したり、自身を介して個人の声を全宇宙に届ける能力を持つ。

趣味はドライブだが、アニメのアイキャッチでは毎度車が悟空にぶつかって壊れている。

声優は、アニメ「ドラゴンボール」シリーズの無印第1話からナレーションを担当していた八奈見乗児が兼任、四半世紀演じていたが、「ドラゴンボール超」放送中の2015年9月に高齢と体調不良で降板、ウーロン役の龍田直樹がナレーションと界王役を引き継いでいる。

活躍

サイヤ人編」で初登場。
ラディッツとの戦いで死んだ悟空が1年後に地球に襲来するサイヤ人に負けない様修行するために界王の元を訪れた。

界王の元ではそのひょうきんな性格から、「ふとんがふっとんだ」「はなくその秘密をそっとはなくそう」といったダジャレで界王を笑わせなければならない入門テストがあったが悟空はすんなりと合格した。そして1年足らずで悟空に界王拳元気玉を伝授し戦闘力も数倍にまでパワーアップさせた。その結果悟空は1年前では絶対に無理であったベジータ達を追い返すことに成功した。

サイヤ人編」後も悟空たちの戦いに陰ながら尽力。ナメック星でのフリーザ戦では、復活した地球のドラゴンボールを使った奇策で、ナメック星のドラゴンボールをも甦らせる活躍をした。また悟空達がナメック星で激闘を繰り広げている裏でサイヤ人との戦いで死亡したヤムチャ達に修行を付けている。

人造人間・セル編では、セルゲームにおいて「ここしかなかった」との理由で、瞬間移動で悟空が連れてきたセル自爆の巻き添えを食らって死亡しているが、もともとあの世の住人のため、この一件以降も変わりなく界王星で暮らしている。しかしこれがきっかけで劇場版にて、かつて四人の界王が力を合わせ封印した「ボージャック」の封印が解けてしまうことになった。

その後は悟空のあの世での生活に付き合う為に生き返らずに過ごしていたが、悟空は老界王神の命を貰った為、結局彼のみ死んだままになった。その為、「」では悟空に頼み神龍の願いで生き返ろうと考えるが結局失敗に終わる。因みに「GT」になっても死んだままである。

ゲームにて

一応それなりの戦闘力はもつものの、戦闘シーンがほとんどないためシナリオのみの登場や、サポートキャラとしての登場がほとんど。しかし原作でも主要なキャラの1人の為、ボイス付きのストーリーがあるゲームにはかなりの頻度で出演している。

そしてゲーム「ドラゴンボール改アルティメット武闘伝」ではプレイヤーキャラとして参戦。趣味のドライブは単体技で最強クラスの火力を持つが、地上でないと発動できない。
これの界王出演のIFストーリー「北の銀河から」三部作「初恋」「時代」「遺言」は一見の価値あり。
魔人ブウ:善と初恋の人が似ているという話をしたり、いつも通り調子に乗る超サイヤ人3ゴテンクスを注意したり、なぜか界王星に来たブロリーと共にカカロットを探したりとドタバタである。

関連イラスト

孫悟空 界王様 バブルス君 完全版15巻表紙
さて・・・



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超
界王星 孫悟空(カカロット) 界王神 界王拳 元気玉
ザマス(第10宇宙の北の界王)

pixivに投稿された作品 pixivで「界王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58352

コメント