ピクシブ百科事典

トワ(ドラゴンボール)

とわ

トワは、漫画「ドラゴンボール」のゲームオリジナルキャラクター。原作には一切登場しない。
目次[非表示]

概要

声:勝生真沙子

暗黒魔界出身で、高度な技術を持つ冷徹冷酷な女科学者
原作の漫画「ドラゴンボール」には一切登場しないゲームオリジナルキャラクター。

ダーブラの妹で、ダーブラを「お兄様」と呼び慕う。
自分が造った人造人間の戦士・ミラや謎のサイヤ人戦士・仮面のサイヤ人を常に従えている。

元々は鳥山明監修のオンラインゲーム「ドラゴンボールオンライン」に登場する悪役で、日本でサービスが始まる前に終了してしまったため、ミラ共々長らくお蔵入りしていたキャラクター。
近年ドラゴンボールゼノバースなどで取り上げられ知名度を上げている。

活躍

ゼノバースシリーズ

「ドラゴンボール」の歴史を改変することで得られる「キリ」というエネルギーを集め、ミラを最強の戦士にし暗黒魔界の新たな王に据えようと画策。これだけなら故郷のために戦っている戦士になるのだが、本性は目的のためにはどんなものでも利用する悪女。しかも暗黒魔界が復活すれば世界の半分が悪に染まってしまう危険性がある。
様々な時代でプレイヤーやトランクス(ドラゴンボール)達と争うが、その戦いの中でミラが敗北し撤退。エンディング後にはかすかに残っていたミラの核を回収しその復活を目論んでいた。以降はストーリーには登場しないが、DLC追加ストーリーを最後まで進めると「ワームホールから現れたトワとミラ」と戦うことができる。クリアすると二人を仲間として連れて行けるが、元々が敵であるため好意的な発言はしない。

そして「ゼノバース2」ではミラの復活に成功し再び動き出す。前作とは異なり本作では原作の時空に劇場版のキャラ達を送り込むという別の方法で時空改変を行った。また新たに仮面のサイヤ人を味方につけ、密かにダメージエネルギーを回収させていた。
終盤では主人公たちを時空の狭間に幽閉しようとするが、仮面のサイヤ人の洗脳が解けたことでミラを道連れにされる形で時空の狭間へと放逐されてしまう。切り札として洗脳していた前作主人公をけしかけるがこれも失敗。追い詰められたトワは前作主人公がドラゴンボールで呼び出される時間へと移動し、神龍を殺害する。これにより歴史がめちゃくちゃになるが主人公によって神龍の殺害を改変・阻止され、前作主人公が復活してしまう。しかし、トワの真の目的は「トキトキ」の卵を奪い、そのエネルギーを用いて暗黒魔界を復活させることにあった(このため前作主人公に取り付けていた仮面を通じて時の巣に乗り込むことができた。また前作主人公を洗脳した際に情報も得ていた)。更にはその力を用いて次元の狭間からミラを帰還させ、共に世界を作り変えようと企む。だがミラは仮面のサイヤ人との戦いで自我に目覚めており、主人公との決着に執拗にこだわっていた。そのためリミッターを外して暴走してしまい、トワも卵も、宇宙そのものが大爆発に巻き込まれる危険性があった。そこでトワは主人公に手を貸し、共にミラを征圧することに。「肝心な時に役に立たない」と毒づいた瞬間、ミラに取り押さえられ、トキトキの卵諸共吸収されてしまった。その際は「お前なんて失敗作……」と吐き捨てた。その後、ミラは主人公によって倒され、吸収されていたトワも運命を共にした。DLCでは、トキトキの卵を奪った際に兄ダーブラを助け出していたことが判明。妹を殺されたダーブラの復讐劇が幕を開けたが、主人公とフューによって阻止された。
なお、フューは残されたミラとトワの細胞から生まれた変異体となっている。ドラゴンボールオンラインではミラとトワの子という設定。

コントン都にいる悟空に頼んでトワに贈り物(セクシーな水着)を届けてもらうことができるのだが、悟空曰く「渡したらめちゃくちゃ怒り出して殺されそうになった」という。ちなみに件の水着を着たトワを仲間として連れて行くこともできる。意外とツンデレなのかもしれない。

ヒーローズシリーズ

GDM4弾よりカード化。本作では「オンライン」や「ゼノバース」に登場しない「暗黒トワ」「魔神トワ」などオリジナル形態が登場する。

GDM4弾の暗黒魔界侵略編では地球軍と対峙。兄のダーブラやミラなど部下達と共に戦うが、激闘の末ヒーロー達に打ち破られる。その後ダーブラの手を借り暗黒魔界に帰還しGDM5弾のヘルゲート進撃編で暗黒トワに進化した。そしてその力で地獄を支配し、再び地球軍と戦うが、またしても敗北。さらに突如現れた超サイヤ人4フルパワーブロリーの奇襲に合い姿を消した。

その後も「ハッチヒャックベビー編」ではハッチヒャックベビーが生まれるきっかけを作り出しGDM10弾では再起の準備に入っている姿が描かれている。
そしてスーパードラゴンボールヒーローズではダーブラ達と共に魔神に覚醒し「メチカブラ」の暗黒帝国軍を率いて暗黒ドラゴンボールを集めまわっている。

ワールドミッション

スーパードラゴンボールヒーローズの派生作品。原作と同様に暗黒帝国の先兵として地球に現れ、シーラスが起こした「異変」を利用してメチカブラの復活を目論む。中盤ではブロリーダークの攻撃を受けて瀕死となり、それを見たミラが「お前を失うくらいなら……!」と吸収するという結末を辿った。この内容はメインストーリーには絡まない番外編のため、見ないでクリアすることも可能。
サブイベントでは異変の影響で現れたトワが登場。上記のトワとは異なる歴史から現れた別人に当たる。暗黒魔界を復活させるためヒーロータウンの調査をしている時にビートと遭遇し、説得されそうになったので拒否するべく戦いを挑む。その後、地獄に落ちたダーブラから力をもらった暗黒トワになって再登場。自分たちの内部事情に詳しいビートを抹殺対象として見なし戦いを挑むが再度敗北。しかしビートには女性を殺すことはできず、見逃してもらう形で暗黒魔界へと帰って行った。

フュージョンズ

ミラと二人で登場。本編では裂け目から呼び出され、主人公たちに手を貸し、共に暴れているブロリーを止めに向かうが、なんと彼女らはブロリーを大猿ブロリーにパワーアップさせてしまい、キリを集めようと画策。
苦労して大猿ブロリーを倒してもまったくダメージを受けておらず、主人公たちも疲労困憊。トワの思惑通りになるかと思われたが、突如降りかかった破壊神ビルスの猛攻により大猿ブロリーは撃退され、その隙ににミラと共に逃走している。しかし、物語を進めると普通に登場しギネやアラレを連れてくるミッションを受けることができたりする。
また、超サイヤ人3のブロリーを撃破後にも登場し、疲労困憊の状態の悟空とブロリーを無理やりフュージョンさせ、カロリーを意のままに操ることを企んだが、悟空とブロリーの闘志がトワの洗脳に勝り、カロリーとなった二人にボコボコにされてしまい、逃げ出した。

ちなみにサポート性能がかなり優れているギネとEXフュージョンしたトワネは更に優れたサポート性能を持つようになる。また、則巻アラレとEXフュージョンするとトワレにもなれる。
その際のイベントではギネからあまり力がないと言われて戸惑ったり、アラレとEXフュージョンすることになってまた戸惑ったり、おばさん呼ばわりされたりと、なかなか見られないコミカルな彼女を見ることができる。

関連イラスト

ゼノバース
梅雨入り


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールゼノバース ドラゴンボールヒーローズ
ダーブラ ミラ 時の界王神

関連記事

親記事

暗黒魔界 あんこくまかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トワ(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231553

コメント