ピクシブ百科事典

トワ(ドラゴンボール)

とわ

トワは、漫画「ドラゴンボール」のゲームオリジナルキャラクター。原作には一切登場しない。
目次[非表示]

概要

声:勝生真沙子

暗黒魔界出身で、高度な技術を持つ冷徹冷酷な女科学者
原作の漫画「ドラゴンボール」には一切登場しないゲームオリジナルキャラクター。

ダーブラの妹で、ダーブラを「お兄様」と呼び慕う。
自分が造った人造人間の戦士・ミラや謎のサイヤ人戦士・仮面のサイヤ人を常に従えている。

元々は鳥山明監修のオンラインゲーム「ドラゴンボールオンライン」に登場する悪役で、日本でサービスが始まる前に終了してしまったため、ミラ共々長らくお蔵入りしていたキャラクター。
近年ドラゴンボールゼノバースなどで取り上げられ知名度を上げている。

活躍

ゼノバースシリーズ

「ドラゴンボール」の歴史を改変することで得られる「キリ」というエネルギーを集め、ミラを最強の戦士にし暗黒魔界の新たな王に据えようと画策。様々な時代でプレイヤーやトランクス(ドラゴンボール)達と争うが、その戦いの中でミラが敗北し撤退。エンディング後にはかすかに残っていたミラの核を回収しその復活を目論んでいた。

そして「ゼノバース2」ではミラの復活に成功し再び動き出す。前作とは異なり本作では原作の時空に劇場版のキャラ達を送り込むという別の方法で時空改変を行った。また新たに仮面のサイヤ人を味方につけミラ共々時空改変を行わせた。
終盤仮面のサイヤ人の洗脳が解け敵対関係となり彼によりミラを時空の狭間へと失ってしまう。しかしその後「トキトキ」の卵を奪い、ミラも帰還し世界を作り変えようと企む。だが仮面のサイヤ人との戦いで感情が目覚めたミラに「トキトキ」の卵に吸収され、その計画は彼女もろとも崩れ去った。

ヒーローズシリーズ

GDM4弾よりカード化。本作では「オンライン」や「ゼノバース」に登場しない「暗黒トワ」「魔神トワ」などオリジナル形態が登場する。

GDM4弾の暗黒魔界侵略編では地球軍と対峙。兄のダーブラやミラなど部下達と共に戦うが、激闘の末ヒーロー達に打ち破られる。その後ダーブラの手を借り暗黒魔界に帰還しGDM5弾のヘルゲート進撃編で暗黒トワに進化した。そしてその力で地獄を支配し、再び地球軍と戦うが、またしても敗北。さらに突如現れた超サイヤ人4フルパワーブロリーの奇襲に合い姿を消した。

その後も「ハッチヒャックベビー編」ではハッチヒャックベビーが生まれるきっかけを作り出しGDM10弾では再起の準備に入っている姿が描かれている。
そしてスーパードラゴンボールヒーローズではダーブラ達と共に魔神に覚醒し「メチカブラ」の暗黒帝国軍を率いて暗黒ドラゴンボールを集めまわっている。

フュージョンズ

ミラと二人で登場。本編では裂け目から呼び出され、主人公たちに手を貸し、共に暴れているブロリーを止めに向かうが、なんと彼女らはブロリーを大猿ブロリーにパワーアップさせてしまい、キリを集めようと画策。
苦労して大猿ブロリーを倒してもまったくダメージを受けておらず、主人公たちも疲労困憊。トワの思惑通りになるかと思われたが、突如降りかかった破壊神ビルスの猛攻により大猿ブロリーは撃退され、その隙ににミラと共に逃走している。しかし、物語を進めると普通に登場しギネやアラレを連れてくるミッションを受けることができたりする。
また、超サイヤ人3のブロリーを撃破後にも登場し、疲労困憊の状態の悟空とブロリーを無理やりフュージョンさせ、カロリーを意のままに操ることを企んだが、悟空とブロリーの闘志がトワの洗脳に勝り、カロリーとなった二人にボコボコにされてしまい、逃げ出した。

ちなみにサポート性能がかなり優れているギネとEXフュージョンしたトワネは更に優れたサポート性能を持つようになる。また、則巻アラレとEXフュージョンするとトワレにもなれる。
その際のイベントではギネからあまり力がないと言われて戸惑ったり、アラレとEXフュージョンすることになってまた戸惑ったり、おばさん呼ばわりされたりと、なかなか見られないコミカルな彼女を見ることができる。

関連イラスト

ゼノバース
梅雨入り


悪魔 - トワ
魔神トワちゃん



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールゼノバース ドラゴンボールヒーローズ
ダーブラ ミラ 時の界王神

pixivに投稿された作品 pixivで「トワ(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14774

コメント