ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジャネンバ

じゃねんば

ジャネンバは、アニメ『ドラゴンボールZ』の劇場版アニメの登場キャラクター。
目次 [非表示]

概要編集

CV:玄田哲章


映画『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』に登場する敵キャラクター。

あの世で、地獄行きの魂を浄化する装置(スピリッツ・ロンダリング装置)に溜まった悪の気の塊が、閻魔大王の館で働くサイケ鬼を媒体に変化した姿。ちなみにこのサイケ鬼、装置のタンク係として管理を任されていたのだが本編ではヘッドホンを付けて音楽を聴きながら仕事をサボっており「これ以上給料下げられたら給料タダになっちゃうオニ」とぼやいているので普段から勤務に不真面目だったようであり、装置のタンクに悪の気が限界まで貯まっていたにもかかわらずタンクを交換せずに更に仕事をサボっていたのでこの映画で起きた事件はこいつの職務怠慢が原因である


閻魔大王の館を結界で封じ込め、死人が蘇るなどあの世とこの世の秩序をメチャクチャにしてしまう。

大界王星にも異変が出始めたため、調査のため閻魔界に来た孫悟空パイクーハンの前に現れる。

すっとぼけた顔をしてると言われたが、実際には相手の気を感じ、動きを読む事に長けている。


キャラクターデザインは、過去に同作のゲームのボスキャラクター・ハッチヒャックも手がけたアニメーターの山室直儀。


一部のゲームでは魔人ブウ(純粋)と会話可能(他の者には何を言っているのか不明)な他、フュージョンでジャネンブウという合体まで披露した。


映画の放映から時間が経っているということもあり、後述のアニメ版やゲームでは変身後の声音が大分変わっており、アニメ版では玄田氏特有の野太く低い声音で喋るのに対して、ゲームでは変身前に近いやや高めな声音で喋る。


形態編集

弱点は「バカ」「アホ」「デキソコナイ」「トーヘンボク」とかいった罵詈雑言で、ジャネンバ自身はもちろん結界にも影響が出る。


変身前編集

ジャネンバ


巨体で精神はまるで無邪気な子供。「ジャネンバ」としか喋らない。

分身を作ったり空間を越えるパンチを放ったり相手の分身を作って気功波を相殺したりとまるで「魔法使い」のような能力を持つ。

そのため、悟空も超サイヤ人3に変身、圧倒することになった。


変身後編集

【DRAGON BALL】ジャネンバ


超サイヤ人3に圧倒され、身体を液状にしながら変身、人間サイズになりスリム化。

単にジャネンバと言えば大体こちらを差し、前述の変身前と区別されて『スーパージャネンバ』と呼ばれる事もある。

こっちもこっちで奇声しか発しない。

超サイヤ人3孫悟空ですら歯がたたない強さ。また劇場版に登場する中で最強の敵だと明言されているためブロリーヒルデガーンを凌駕し、もしかしたら魔人ブウさえ上回るかもしれないとされている(ただし、前述の三者とは異なり、ジャネンバには悪口という明確な弱点が存在する。尤もそれを補う程の圧倒的なパワーを持っているので格下の者が使ったとしてもほぼ無効だろう)

相手が放った気功波をワープさせたり体をキューブ状に分解して瞬時に移動したりと相変わらずトリッキーな能力をもつ。

その中でも、拾った棍棒に変化させて振るう姿は、Pixivでももっぱら画題にされている。


超サイヤ人3が解けてしまった悟空を助けに来たベジータすらも歯牙にかけず、二人を追い詰める。

奥の手として2人はフュージョンするが、合体の失敗で誕生したベクウには、動きを読むことができず、合体し直して誕生したゴジータによって浄化され元のサイケ鬼に戻りゴジータを見るなり怖がって逃げていった。


その後、サイケ鬼の処遇は不明だが、事件の原因が原因なのでもはや減給程度では済まない可能性もある。


編集

技名は全て『ドラゴンボールファイターズ』から記載。


  • 影脚

次元の穴を繋げて相手に蹴りを食らわす。

劇場版本編では変身前の形態が悟空にパンチとキックを交互して使用した。


  • 影弾

影脚の応用で、次元の穴を繋げて相手の前方に気弾を食らわす。

劇場版ではなく『ZENKAIバトルロイヤル』が初出。


  • 鬼刃閃

棍棒から変形させた剣で前方へ大きく振って切り裂く。

劇場版本編で超サイヤ人3に変身した悟空に使用した。


  • 無間砕

腕を伸ばして相手を掴み、後方へ向かって叩き付ける。

劇場版本編では瞬間移動を先読みしたベジータに使用した。


  • 地獄門

口を大きく開けてエネルギー波を発射。

劇場版本編では超サイヤ人3の悟空に使用した。


  • 魔道穴

前方に次元の穴を開けて相手の気弾を受け流し、その気弾を相手の背後に出現させて奇襲を仕掛ける。

劇場版本編では超サイヤ人3の悟空に使用し、奇襲に成功する。


  • 幻夢身

ジャネンバ版瞬間移動とも言える技。

肉体を分解し、移動した先で肉体を再構成させるという、悟空が使うそれとは性質が異なる。

劇場版本編では悟空やベジータに何度か使用して不意を突かせたが、ベジータに分解の途中で気弾を撃ち込まれてしまい、移動を先読みされてしまった。

それでも実力者のパイクーハンが混乱して背後の奇襲に気付かないくらいの隠密性がある。


  • 羅刹爪

剣からの斬撃波を放ち、追撃する。

劇場版本編では血の池地獄に落ちた悟空に使用した。


  • 獄襲突

石柱の一部を採取して質量を増幅、膨大化させて圧殺する。

劇場版本編ではベクウに使用して追い詰めるも後一歩のところで融合が解除され、悟空とベジータの反撃を食らってしまった。


  • 鬼神光衝波

無数の光の破片を作り出し、前方に高速乱射する。

劇場版本編では針山地獄に避難していた悟空とベジータに襲撃する際に使用した。

ジャネンバを代表する技であり多くの媒体で必殺技として扱われているにもかかわらず、ライトニングシャワーレインやディメンションレイ等とも呼ばれ、扱いに対して名称が安定していない技でもある。


ゲームでは編集

  • ドラゴンボールヒーローズ

ギャラクシーミッション2弾で初登場。


ギャラクシーミッション3弾では、ベビーに寄生され、ジャネンバベビーとなる。


邪悪龍ミッション5弾では、通常のジャネンバとジャネンバベビー共々バビディに洗脳される。


スーパードラゴンボールヒーローズビッグバンミッション3弾では、改造された姿で登場。

フューの計画に加担するDr.ダブリューによって超サイヤ人4孫悟空:ゼノベジータ:ゼノの戦闘データをもとに改造され、驚異的なパワーアップを遂げる。

超サイヤ人ゴッドssの孫悟空と超サイヤ人4の孫悟空:ゼノの攻撃すら受け付けない程の戦闘力であったが、超フルパワーサイヤ人4・限界突破となった孫悟空:ゼノ、ベジータ:ゼノの龍拳で粉砕される。


余談編集

ジャネンバを演じた玄田哲章氏は銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴ボージャックも演じており、クウラブロリーのような同一キャラでの連投はあるが違うキャラで劇場版のボスキャラを2回演じたのは現時点で彼のみである。


関連動画編集

PS4/ Xbox One「ドラゴンボール ファイターズ」ジャネンバ /キャラクターPV

※バンダイナムコエンターテインメント 公式YouTubeチャンネル“876TV”より


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

地獄 孫悟空 ベジータ ベクウ ゴジータ パイクーハン

クウラ ブロリー ボージャック ヒルデガーン

フリーザ セル 魔人ブウ

関連記事

親記事

復活のフュージョン!!悟空とベジータ ふっかつのふゅーじょんごくうとべじーた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1268821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました