ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パイクーハン

ぱいくーはん

パイクーハンは、TVアニメ『ドラゴンボールZ』に登場するオリジナルキャラクター。
目次 [非表示]

概要

CV:緑川光


アニメ『ドラゴンボールZ』に登場するアニメオリジナルキャラクター。

初登場は、セルゲーム終了後のアニメオリジナルストーリー「あの世一武道会」から。


既に故人だが、西の銀河最強の戦士。

礼儀正しくクールな性格で、悟空曰く「ピッコロみてえなやつ」。

外見は鋭い目つきの赤い瞳と厚い唇が特徴で、緑色の肌や筒状の耳、鼻がないなど異星人をおもわせる容貌をしている。悟空やピッコロ同様、身に着けている道着はかなりの重量がある。


名前の由来は台湾料理の排骨飯(パイコーハン)(中華風カツ丼)と思われる。

2021年には『ドラゴンボールゼノバース2』にてプレイアブル化した。


活躍

西の銀河最強の戦士で、地獄で暴れまわるセルをたった二発で戦闘不能に追い込み、フリーザコルド大王に至っては一撃で倒すほどの実力者。あの世一武道会では、悟空と決勝で激戦を繰り広げた。

魔人ブウ編では突如大界王星に現れた純粋ブウと対峙し、同じくあの世の戦士であるオリブーとともに立ち向かうものの軽く退けられた。そのため、彼の実力はセル以上純粋ブウ以下の物だと思われる。

あの世では悟空とタッグを組むことが多く、劇場版『ドラゴンボール 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』ではジャネンバによって封鎖された地獄を取り戻すために共闘する。ジャネンバが生み出した結界が「悪口」で破壊できると気づくと、悪口の連射砲を浴びせまくった(ドサクサに紛れて閻魔大王への悪口まで言っている)。終盤では悟空とベジータがフュージョンをする時間稼ぎのためジャネンバと交戦する。悪口が弱点と見抜き早速言い放ったが、一瞬怯ませただけにとどまり、ジャネンバからこめかみを拳で挟まれてダウンしてしまう。だが悟空とベジータのフュージョンは成功し、それを見たパイクーハンは決着を二人に託し気絶した。


超戦士撃破!!勝つのはオレだ』にもエピローグで名前のみ登場している。地獄で暴れるブロリーの鎮圧を界王から依頼されていた。


ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』では、『スーパーパイクーハン』という強化形態が登場。

新衣装の胸にはかつて悟空の胸にも入っていた界王のロゴが入っており界王もしくは大界王に修行をつけてもらった姿なのだと思われる。アニメPVでは超サイヤ人4ブロリーの攻撃をキックで一時的に止め悟空を救っている。必殺技はサンダーフラッシュ(このゲームでは通常のパイクーハンの技はハイパートルネードになっている)。


必殺技は高速回転で攻撃する「ハイパートルネード」と炎の気弾を撃ち出す「サンダーフラッシュ」。

サンダー要素は発射前の閃光の部分でありメインは炎である。

悟空によると彼の必殺技サンダーフラッシュは隙のない攻撃らしいが、視聴者の視点からだと無駄な動きがばかりで隙だらけにしか見えずどこが隙のない技なのかは謎である(ただし、よく見ると視線が視聴者、すなわち悟空から全く離れていない)。またこの無駄な様に見える動きはゲームなどでも厳密に再現されていることが多く、他の必殺技に比べて打つまでの時間が少々長い。また、発音の関係か一部から「サンダーラッシュ」と間違えられることも。


余談

担当声優の緑川氏はパイクーハン以前に人造人間16号を演じていたが、そちらはセルに破壊されるという最期を遂げている。そのため、中の人的にはセルへのリベンジを果たしたことになる。


関連イラスト

パイクーハン西の銀河の


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ

アニメオリジナルキャラ

復活のフュージョン!!悟空とベジータ


排骨:(パイクゥ、パイコーなどと発音)は、中国語で豚などの骨付あばら肉(スペアリブ)のこと、またそれを使った揚げ物料理のこと。揚げたものを醤油味のタレとともに白飯に乗せたのが排骨飯(パイコーハン)である。

関連記事

親記事

第7宇宙 だいななうちゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266223

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました