ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガーリックJr.

がーりっくじゅにあ

アニメ『ドラゴンボールZ』の登場人物。原作漫画『ドラゴンボール』には一切登場しない。
目次 [非表示]

概要

CV:神谷明(劇場版『ドラゴンボールZ』)

  千葉繁(アニメオリジナルエピソード「魔凶星編」)


ドラゴンボールシリーズの劇場版第4弾『ドラゴンボールZ』にて初登場した。


300年前に先代の神から心の奥底に秘めていた野望を見抜かれ、現在の神が後継者に選ばれたことを逆恨みして神に反旗を翻して封印され、絶命した男(実は魔族)・ガーリックの息子で、ピッコロ(マジュニア)同様初代ガーリックの生まれ変わりでもある。


ガーリックJr.

普段はメイン画像のように、誕生時のピッコロやピラフ並みに小柄な体格だが、本気を出すことで体の色が変化して筋骨隆々のスーパーガーリックJr.に変身しパワーアップする。ゲームによってはただの「変身」という形態として扱われることも。



作品別の活躍

劇場版『ドラゴンボールZ』

父の無念をはらすべく、ジンジャーニッキーサンショのガーリック3人衆を率いて姿を現し、神の分身であるピッコロを急襲した。一味はピッコロ大魔王とその部下たち同様に全員魔族である。

その後本拠地の宮殿に戻るとドラゴンボールを集めて神龍を呼び出し、永遠の命を得ることに成功した。

神が死んだらドラゴンボールが消滅することまでは知らなかったようである。

ドラゴンボールを集める際に部下が浚ってきた孫悟空の息子・孫悟飯を見てただならぬ潜在能力を感じ取り、利用を目論んでいる。


永遠の命を得た後、自分の野望を阻止すべく姿を現した神を返り討ちにして殺害しようとしたが、不意打ちの報復に来たピッコロ、そして我が子を取り返しに来た悟空の二人と戦うことに。


お前達ほどの者が薄汚れた神などに手を貸しおって!!

本気を出して悟空とピッコロを圧倒するが、重い道着を脱いで身軽になった二人に形勢を逆転されてしまう。

あらゆるものを吸い込み、一条の光も射さぬ暗黒の異空間「デッドゾーン」を作り出して邪魔者全てを葬り去ろうとするが、無意識のうちに潜在パワーを解放した悟飯に力を跳ね返され自らが作ったデッドゾーンに吸い込まれてしまった。


皮肉な事に、永遠の命を得た事により自らの作り出した牢獄に永遠に閉じ込められることになってしまった。

物語のラストでは海底に残ったデッドゾーンの破片の中から「出してくれ」と言わんばかりにもがき続けるガーリックJr.の姿が映される形で締め括られている。


戦闘力に関しては、本気を出した悟空とピッコロの二人掛かりで押されていた事を踏まえると、どう見積もってもラディッツ未満なのは間違い無く、恐らく1000前後程度と思われる。


アニメ『ドラゴンボールZ』魔凶星編

・・・と思われていたが、後に『ドラゴンボールZ』のオリジナルストーリー「魔凶星編」にてまさかの再登場。

彼も地球人ではなく魔凶星出身である事が判明し、魔凶星人は全員魔族で、それまで登場した部下は全て彼同様魔凶星人だった。魔凶星の5000年に一度の接近により力を得て、デッドゾーンからの帰還に成功。魔族四天王を率い、アクアミストで地球人を魔族に変え、地球を魔族の王国に変えようと企んだ。

しかし、悟飯達の活躍により力の源である魔凶星を破壊され、再びデッドゾーンに封印された。


不死身の肉体込みとはいえ、ナメック星での戦いを経験した悟飯達を苦戦させており、戦闘力は復活前と比べて爆発的に上がっており、フリーザ第二形態と互角以上のピッコロとも渡り合える事を踏まえると戦闘力100万以上は間違い無いと思われ、その倍率約1000倍である。

いくら何でもインフレし過ぎだろ・・・。


ちなみに、初期のベジータフリーザ数多くのDBの悪役が目論んだドラゴンボールの力で永遠の命を得ることに成功した最初の悪役でもある。ザマスが登場するまでは唯一の悪役だったが、それでもZ唯一であることには変わりない。


ゲームでの扱い

ファミコン用ソフト『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』に中ボスとして登場。

本作ではラディッツ撃破後、ベジータ達が到着するまでの間はガーリック一味とのドラゴンボール争奪戦が主軸になり、このパートの締めに戦う事となる。

初めは通常状態で戦闘になり、撃破するとスーパーガーリックJr.へと変身しもう一度戦うことになる連戦仕様。

ゲーム中での戦闘力は、通常時が2500、スーパー時で3500となっている。


PS2用ソフト『ドラゴンボールZ Sparking! NEO』『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』にプレイアブルキャラとして登場。声優は千葉繁。

デッドゾーンはスーパーガーリックJr.のアルティメットブラスト(超必殺技)になっている。

ストーリーモードでは劇場版の再現はなく、「魔凶星編」のみ。


アーケードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』にはギャラクシーミッション8弾より登場。声優は神谷明。

部下のジンジャー、ニッキ―、サンショも同時に登場。

また、オリジナル形態として、赤色のガーリックJr.とバビディに洗脳された破壊王ガーリックJr.(姿はスーパーガーリックJr.)が登場している。


余談

後に『ドラゴンボール超』に登場し、超ドラゴンボールでガーリックJr.と同じく永遠の命を得たザマスは、アニメ版においては肉体が消滅してもなお魂だけの存在となって生き延びていたが、最終的に全王の手で存在自体を消滅させられている。

このケースにおいて全王は超ドラゴンボールによる不老不死も無視してザマスを消滅させている為、ガーリックJr.についても全王の全てを消す力が有れば完全消滅も可能であると考えられる。

まぁ、それ以前にもう一度神龍を呼んでガーリックJr.の不老不死を取り消してしまえば済む話であるが。

(ドラゴンボールで付与した不老不死をドラゴンボールで取り消す事はゲーム『超悟空伝覚醒編』で立証されている)

もっとも、『ドラゴンボール超』は原作の続き、対する『ドラゴンボールZ』の劇場版は原作やアニメとはパラレルワールドの世界であるので、比較のしようは無いだろう。


関連イラスト

ガーリックJrじゅにあさま


関連タグ

ドラゴンボール(劇場版) ドラゴンボールZ ガーリック

ジンジャー(ドラゴンボール) ニッキー(ドラゴンボール) サンショ


ザマス…同じく不死身となったキャラクター。


バビディ…オマージュ要素を持つキャラクター。


不老不死…分不相応に得てしまった者は大変な目に遭う事が多い。

関連記事

親記事

オラの悟飯をかえせッ!! おらのごはんをかえせっ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309060

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました