ピクシブ百科事典

龍球

どらごんぼーる

ドラゴンボール(龍球)は、「ドラゴンボール」シリーズに登場する架空のアイテム。「龍球」は公式の漢字表記。中華圏だと「龍珠」表記。
目次[非表示]

概要

その惑星に散らばった7つの球をすべて揃えて呪文を唱えると神龍が現れ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるという。願いを叶えると球は世界中に飛んでいってしまい、その後1年はただの石になる。1年経てば元通りになり、また集めれば願いを叶えることができる。

もとはナメック星にあったもので、大きさもバスケットボールほどのもの。ナメック星滅亡危機の際に地球へやってきたナメック星人・通称「カタッツの子」が地球の神になった時に、これに似た球を作ったため、地球にも存在することになった。地球にある球の大きさは野球ボールくらい。
近年ではさらにその元となった惑星サイズの「スーパードラゴンボール」なるものが登場した。

鈍い光を放ち、中に星が1~7粒まで入っており、星の数ごとに、「一星球(イーシンチュウ)」「二星球(アルシンチュウまたはリャンシンチュウ)」「三星球(サンシンチュウ)」「四星球(スーシンチュウ)」「五星球(ウーシンチュウ)」「六星球(リュウシンチュウ)」「七星球(チーシンチュウ)」と呼ばれている。
その中でも四星球は、主人公・孫悟空ゆかりのもの(じっちゃんの形見として所有していた)のため、よくイラストに好まれて描かれることが多い。

また、ドラゴンボールはそれなりに頑丈でもあり、作中では孫悟空桃白白どどん波の直撃を食らって負けてしまうも、
服の中に四星球を入れていたため一命を取りとめた上に桃白白どどん波を受けた四星球には傷一つつかなかった。

種類

全てのメディア展開を合わせれば、現時点で四組のドラゴンボールが登場している。

地球のドラゴンボール

作中で最も多く使用された、地球で生み出されたドラゴンボール。制作者は地球の神で、後にそれを継いだデンデが管理者となる。中の星の色は赤で、大きさは野球ボール大。呼び出されるのは「神龍」。叶えられる願いは当初一つだったが、デンデが管理者となってからは二つあるいは三つとなっている。

ナメック星のドラゴンボール

ナメック星で生み出されたドラゴンボール。制作者はナメック星人最長老で、後にムーリ長老が後を継ぐ。中の星の色は赤で、大きさはバスケットボールほど。呼び出されるのは「ポルンガ」。三つの願いを叶えられるが、召喚の呪文と願いはナメック語で言わなければならない。当初は一つの願いにつき一人しか蘇生できなかったが、これも管理者が変わった際に強化され、一度に複数人を蘇生させられるようになっている。

究極のドラゴンボール/ダークドラゴンボール

ドラゴンボールGTに登場。地球の神ピッコロと分離する前に作成した、いわば試作品。中の星の色は黒で、大きさは野球ボール大。呼び出されるのは「究極神龍」。叶えられる願いは一つだが、通常のドラゴンボールより強い力を持つとされる。その関係か、このドラゴンボールで叶えた願いは上記二つのドラゴンボールで無効化できない。使った後はボールが宇宙全体に飛び散り、それらをもう一度集めて神殿に安置しなければ、使用者のいた星は一年後に消滅するという凄まじいデメリットが存在する。最終的にはピッコロの死により失われることとなった。

超ドラゴンボール

ドラゴンボール超に登場。龍神ザラマによって生み出された、全てのドラゴンボールのオリジナル。中の星の色が赤なのは同じだが、そのサイズは直径37,196.2204kmと、地球よりも大きい。また、中の星はどの角度から見ても星型に見えるようになっている。呼び出されるのは「超神龍」。第6宇宙、第7宇宙にまたがって存在する。叶えられる願いは一つだが、他のモノと異なり制約が一切無く、文字通りどんな願いでも叶えられる。ただし、召喚の呪文と願いは神の言語で言わなければならない。

デメリット

原作ではドラゴンボールの使用に対して具体的なデメリットは設定・描写されなかったが、老界王神が「大自然に混乱を招く反則技」「真面目な種族であるナメック星人にのみ使用を許した」としてドラゴンボールを危険視していた。
TVアニメ『ドラゴンボールGT』では、この老界王神が示唆した危険性について掘り下げが行われ、ある重大なリスクがあることが設定された。

そのリスクとはドラゴンボールは願いを叶えることで、その願いの分だけマイナスエネルギーが充填されてしまうというもの。
本来なら長い時間をかけて自然に浄化されるマイナスエネルギーだが、悟空たちが数十年の間に何度もドラゴンボールを使ってしまったために浄化が追いつかず、マイナスエネルギーが限界に達してヒビが入ってしまう。(一つの願いでも浄化に100年はかかるらしい)
それでも願いを叶えようとした悟空たちだが、マイナスエネルギーの塊である邪悪龍たちが誕生、ドラゴンボールに頼った悟空や地球に裁きを与えるかのごとく、新たな脅威として襲い掛かってしまう。
老界王神がドラゴンボールの使用を忌避していたのはこれが原因で、かつてドラゴンボールと同じような道具を持つ星が、願いを叶えすぎてマイナスエネルギーが溢れてしまい滅亡していることも明かされた。

また、地球の神が最初に創った究極のドラゴンボール(Zや本編のものと異なり、中に埋め込まれた星が黒くなっているもの)は、マイナスエネルギー以前に、願いを叶えた場所=星が1年以内に爆発し滅亡するというリスクもあり、それを防ぐには1年の間に究極のドラゴンボールを集めなおさなければならない。しかも本編に登場している地球やナメック星のものと違い、その星全体ではなく、全宇宙にドラゴンボールが散らばってしまうので、普通なら再回収は不可能…つまり確実にその星が破滅するのは免れない。その代わり効果は地球とナメック星のものよりも強力ゆえに、地球の神の力を超えた存在に対しても効力を発揮することができる。もしこの究極のドラゴンボールから邪悪龍が誕生したら、超サイヤ人4のゴジータでさえ手が付けられない可能性もあったかもしれない。

ただし、邪悪龍と究極のドラゴンボールの設定は『ドラゴンボールGT』のアニメオリジナル設定な為、原作ではこれらのデメリットは確認されていない。またGTより後に放送され原作者も深く関わる『ドラゴンボール超』もそれは同じである。

他に存在するデメリットといえば、悪人でも使用できるため、邪悪な脅威を誘引する…というところが間接的なデメリットと言えるだろう。現に作中のピラフ一味レッド総帥ピッコロ大魔王、悪人時代のベジータナッパフリーザたちがそうであり、ドラゴンボールのことを知った彼らは私利私欲のために使おうとした。
ピラフはウーロンの咄嗟の機転で失敗しているが、原作では唯一悪人で使用に成功したピッコロ大魔王は、使用後に神龍を殺害し他の人間がドラゴンボールを使わないようにするという卑劣な保険さえかけている。
また、『Z』の劇場版作品では度々悪人が願いを叶えている。
『超』では界王神の一族であるザマスも歪んだ正義のためにスーパードラゴンボールを使い、ある悪事を働くこととなった。


関連イラスト

かあびぃといーしんちゅう
ねこタワー



別表記

ドラゴンボール 龍珠
ドラゴンボール(道具)…本タグは道具としてのドラゴンボールの正式表記というわけでは無い事に加え、別の意味で使われてる例も散見されるため、道具としてのドラゴンボール用のタグとして実用する場合はこのタグが適当かもしれない。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改
神龍 ポルンガ ナメック星人 地球の神 最長老 デンデ ムーリ
ドラゴンレーダー ギャルのパンティ 邪悪龍
孫悟空(ドラゴンボール) ブルマ(ドラゴンボール) ピラフ一味
電撃戦隊チェンジマン…同名の魔球が出てくる。
トヨタマヒメ ヴィーヴル 如意輪観音…こうした「龍が持つ不思議な宝珠」に南総里見八犬伝七人の侍のイメージを加えてこのアイデアが生まれた。

その他


  • コロッケ!:バンク(いわゆる貯金箱)に金貨を限界まで詰めることで、あらゆる願いを叶える魔人『バン王(キング)』を呼ぼうと、作中のバンカーたちが戦うバトル漫画。食べ物の名前がそのままキャラ名として使われているのも共通である。

関連外部リンク

ドラゴンボール (架空の道具) - Wikipedia

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「龍球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97814

コメント