ピクシブ百科事典

龍球

どらごんぼーる

ドラゴンボール(龍球)は、「ドラゴンボール」シリーズに登場する架空のアイテム。「龍球」は公式の漢字表記。中華圏だと「龍珠」表記。
目次[非表示]

概要

その惑星に散らばった7つの球をすべて揃えて呪文を唱えると神龍が現れ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるという。願いを叶えると球は世界中に飛んでいってしまい、その後1年はただの石になる。1年経てば元通りになり、また集めれば願いを叶えることができる。

もとはナメック星にあったもので、大きさもバスケットボールほどのもの。ナメック星滅亡危機の際に地球へやってきたナメック星人・通称「カタッツの子」が地球の神になった時に、これに似た球を作ったため、地球にも存在することになった。地球にある球の大きさは野球ボールくらい。
近年ではさらにその元となった惑星サイズの「スーパードラゴンボール」なるものが登場した。

鈍い光を放ち、中に星が1~7粒まで入っており、星の数ごとに、「一星球(イーシンチュウ)」「二星球(アルシンチュウまたはリャンシンチュウ)」「三星球(サンシンチュウ)」「四星球(スーシンチュウ)」「五星球(ウーシンチュウ)」「六星球(リュウシンチュウ)」「七星球(チーシンチュウ)」と呼ばれている。
その中でも四星球は、主人公・孫悟空ゆかりのもの(じっちゃんの形見として所有していた)のため、よくイラストに好まれて描かれることが多い。

デメリット

TVアニメ『ドラゴンボールGT』でドラゴンボールには、ある重大なリスクがあることが設定された。

そのリスクとはドラゴンボールは願いを叶えることで、その願いの分だけマイナスエネルギーが充填されてしまうというもの。
本来なら長い時間をかけて自然に浄化されるマイナスエネルギーだが、悟空たちが数十年の間に何度もドラゴンボールを使ってしまったために浄化が追いつかず、マイナスエネルギーが限界に達してヒビが入ってしまう。
それでも願いを叶えようとした悟空たちだが、マイナスエネルギーの塊である邪悪龍たちが誕生、ドラゴンボールに頼った悟空や地球に裁きを与えるかのごとく、新たな脅威として襲い掛かってしまう。
老界王神が、大自然の混乱を招くものとしてドラゴンボールを快く思っておらず、ナメック星人にしか使用と許さなかったのはこれが原因で、かつてドラゴンボールと同じような道具を持つ星が、願いを叶えすぎてマイナスエネルギーが溢れてしまい滅亡していることも明かされた。

また、地球の神が最初に創った究極のドラゴンボール(Zや本編のものと異なり、中に埋め込まれた星が黒くなっているもの)は、マイナスエネルギー以前に、願いを叶えた場所=星が1年以内に爆発し滅亡するというリスクもあり、それを防ぐには1年の間に究極のドラゴンボールを集めなおさなければならない。

ただしこれらの設定は『ドラゴンボールGT』のアニメオリジナル設定な為、原作ではそういったデメリットは確認されていない。またGTより後に放送され原作者も深く関わる『ドラゴンボール超』もそれは同じである。

関連イラスト

四星球
かあびぃといーしんちゅう
ねこタワー



別表記

ドラゴンボール 龍珠
ドラゴンボール(道具)…本タグは道具としてのドラゴンボールの正式表記というわけでは無い事に加え、別の意味で使われてる例も散見されるため、道具としてのドラゴンボール用のタグとして実用する場合はこのタグが適当かもしれない。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改
神龍 ポルンガ ナメック星人 地球の神 最長老 デンデ ムーリ
ドラゴンレーダー ギャルのパンティ 邪悪龍
孫悟空(ドラゴンボール) ブルマ(ドラゴンボール) ピラフ一味
電撃戦隊チェンジマン…同名の魔球が出てくる。

関連外部リンク

ドラゴンボール (架空の道具) - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「龍球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45581

コメント