ピクシブ百科事典

ソニックX

そにっくえっくす

「ソニックX」とは、ゲーム「ソニックシリーズ」を題材にしたテレビアニメである。
目次[非表示]

概要

ゲーム「ソニックシリーズ」を題材にしており、ソニックチーム監修の下、日本で製作されたアニメ。
アニメ「ソニックX」は、2003年4月6日から2004年3月28日までテレビ東京系列で放送された。全52話。
海外では後に第2期(第53話~第78話)が放送され、日本語版も制作されたが日本国内では放送されていない。しかし、2009年8月6日より第2期のweb配信が開始され、日本国内でも正規の方法で視聴することが可能になった。

ストーリー

第1期

伝説の7つの宝石カオスエメラルドを巡り、悪の天才科学者Dr.エッグマンと激闘を繰り広げていたソニックたちは、その戦いの最中にカオスエメラルドが揃ったことで発生した大規模な時空の歪みに巻き込まれ、別の世界(人間の世界)に飛ばされてしまった。そして、一緒に飛ばされてきた仲間やその世界で出会ったクリストファー・ソーンダイク(クリス)の力を借りて、「世界征服できるならどこでもいい」と人間の世界で世界征服を始めたエッグマンに立ち向かっていく。

第2期(国内未放送)

ソニックたちの世界にある日、突如として謎の機械生命体「メタレックス」が現れた。メタレックスの飛来によって7つのカオスエメラルドは宇宙に飛散し、更に星の生命の源である「プラネットエッグ」をメタレックスに奪われてしまう。ソニックはカオスエメラルドを集め、プラネットエッグを取り戻すべくいつもの仲間と、時を同じくしてやってきた少女コスモ、そして人間の世界から転送装置を使ってやってきたクリスと共に、宇宙へと旅立つ。

第2期の視聴方法

アニメを制作した東京ムービー(現:トムスエンタティメント)の公式動画配信サイト「東京ムービーONLINE」から有料で購入することで視聴が可能。DVDやBDの販売、レンタルは行われていない。

登場人物

メインキャラクター

詳細については各キャラクターの個別ページを参照してください。ここでは本アニメにおけるキャラクターとして紹介します。

お馴染みの世界最速のハリネズミ。そのクールさで人間の世界でも一躍人気者に。だが20話では・・・
アニメオリジナルキャラクターにしてもう一人の主人公。通称:クリス。12歳。大金持ちの家の一人っ子として両親の手厚い愛情を受けながら育つ。動物が好き。自宅のプールに落ちてきたソニックを助けたことからソニックやその仲間たちと仲良くなり、ソニックたちと触れ合うことで彼もまた成長していく。
第2期では18歳になり、自身が製作した転送装置を使ってソニックたちの世界へやってくるも、転送装置のエラーで体は12歳のときの状態になってしまう。しかし、頭脳や技術力は18歳のときのままであり、それらを使ってソニックたちをサポートしていく。
機械いじりが得意な子キツネ。第2期ではブルータイフーン号の艦長として活躍すると同時に、コスモに思いを寄せていく。
ソニックのことが大好きなハリネズミの少女。多少わがままなところがあるが、時にはしっかりとした一面を見せることも。
ソニックの自称ライバルなハリモグラ・・・だが本作では三枚目な扱いとなっており、話が進むにつれてネタキャラ化が進行してゆく。ニラ饅頭が好物というのはこのアニメだけの設定。
礼儀正しく、好奇心旺盛なウサギの女の子。第1期では留守番役が多いものの、第2期では戦闘機を操縦するなどして戦いに加わることもあるなど、戦闘能力は意外に高い。
クリームの親友。「チャオ」としか言わないがクリームだけは何を言っているのかが分かる模様。
本作の悪役。自分の野望達成のために他人の迷惑を顧みず悪事の限りを尽くす。しかし、その一方でクリスに説教をしたり、ソニックを説得したりなど悪役とは思えない一面を見せることも。特に第2期の後半からはカッコイイ場面が多くなる。
アニメオリジナルキャラクター。エッグマンに製作されたエッグマンの手下ロボ。博多弁を話す。ボコーとは兄弟的な存在。マヌケな面を見せることが多いが、エッグマンのボディーガードを兼ねてることもあり戦闘能力は意外に高い。
アニメオリジナルキャラクター。デコー同様エッグマンに製作されたエッグマンの手下ロボ。名古屋弁を話す。デコーの弟分的存在。やはりマヌケな面が多いが、戦闘能力は意外に高い。
アニメオリジナルキャラクター。エッグマンのメッセンジャーロボで、エッグマンからのメッセージをソニックたちへ運ぶのが仕事。小悪魔的なキャラクターで悪戯好きだが、寂しがり屋な一面もあり、時には泣いたりソニックのことを応援したりなど意外な一面も見せる。第2期ではとあるキャラクターに恋をしており、ルージュにそれがバレてしまう。
第2期にのみ登場するアニメオリジナルキャラクター。植物の種族である『コスモ族』の最後の生き残りの少女。献身的だが少々ドジなところがあり、本人も気にしている。話が進むにつれて明るさを取り戻していくと同時に、テイルスのことを意識するように。そして、終盤では自身に隠された秘密を知ることになる。
プロフェッサー・ジェラルドによって作り出された究極生命体。第1期ではゲスト的な扱いだったが、第2期では準レギュラーとして活躍する。第2期では原作と異なる形ではあるが、原作同様に記憶喪失となっている。
セクシーな女コウモリ。第1期では大統領直属のエージェントとして活躍する。第2期ではエッグマンやシャドウと共に行動する。

その他のキャラクター

クリームの母親。作中ではカオティクス探偵事務所に2度、依頼をする。

のんびりとした性格の巨大なネコ。
エッグマンが開発したE-シリーズの2号機。原作同様、エッグマンを裏切ることになる。
カオティクス探偵事務所の所長を務めるワニ。思い込みの激しい行動が目立つ。ヴァニラにはめっぽう弱い。
カオティクス探偵事務所のご意見番なカメレオン。ベクターを止めるツッコミ役だが、何故かやられ役になることが多い。
カオティクス探偵事務所のマスコット的存在なミツバチ。まだ子供なせいか空気を読まない発言が目立つが、ベクターよりはしっかりした描写が多い。
クリームによって拾われたロボット。他人の技をコピーするというスキルを持つ。

以下はいずれもアニメオリジナルキャラクター
クリスの祖父。クリスの良き理解者で、年齢不相応な好奇心と行動力を持つ。テイルスと一緒にメカを開発してソニックたちをサポートする。
クリスの父親。大企業の社長を務め、忙しい毎日を送っている。そのため、一人っ子のクリスに寂しい思いをさせているのではないかという心配からか、かなりの親バカでクリスが行方不明になったときはGUNを出動させると発言し、チャックに叱られたことも。
クリスの母親。世界的に有名な大女優で、ネルソン同様に忙しい毎日を送っている。やはりかなりの親バカである。料理の腕はかなり低い。ソニックたちのことを着ぐるみだと信じてやまない。
クリスの叔父でリンゼーの弟。F1マシンのようなマシンを操る超高速機動警邏隊「Sチーム」のリーダー。「自分は何もかも速い(早い)」と自称するほど、かなりせっかちな性格。自分より速いソニックをライバル視している。
ソーンダイク家の家政婦。料理の腕はかなりのもの。大柄な体格でチャーミー曰く「怖そうなのがいるよー」だが普段は温厚な性格、だが怒ると本当に怖い。
ソーンダイク家の執事。通称:ミスター.タナカ。サムライムービー(時代劇)が好きで、空手が得意な日本人風のキャラクター。空手をやってるだけあって政府のエージェントを簡単にあしらう実力はあるが、エッグマンのメカに戦いを挑んだときはあっさりと負けた。
クリスのクラスメートで車椅子に乗っている少女。第2期ではクリスが思いを寄せている様子。
クリスの親友で色黒な少年。バスケットボールが得意。
クリスの友達で活発な少女。せっかちな性格。
クリスの担任教師。その一方で、連邦政府のスパイという裏の顔を持つ。ソニックたちの秘密を探るべくクリスの担任教師となったが、政府の指示を無視して教師としての使命を果たそうとする場面も見られた。SA2編では政府の指示で教師を解任され、記者となっていた。
大統領。だがエッグマンの脅しに屈するなど少々頼りない性格。
大統領直属の女エージェント。ルージュの相棒となる。
SSTVの人気レポーターでかつジャーナリスト。

以下はいずれも第2期のみの登場。いずれもアニメオリジナルキャラクター。
第2期における黒幕。機械生命体『メタレックス』のボスであり、スーパーソニックにも引けを取らないほどの高い戦闘能力を持つ。宇宙の星々から『プラネットエッグ』を奪うがその目的とは…。
  • イエロー・ゼルコバ
メタレックス四天王の1人。かなりの怪力を持つが頭の回転は悪く、ナックルズをハリネズミと何度も間違える。
  • ブラック・ナルキッソス
メタレックス四天王の1人。残忍で冷酷な性格で、ソニックを本気で怒らせてしまう。
  • ペイル・ベイリーフ
メタレックス四天王の1人。ブラック同様に残忍な性格だが自信過剰家なところがあり、その結果エッグマンの策略にまんまと引っかかってしまう。
  • レッド・パイン
メタレックス四天王の1人。大量のメタレックスを束ねてソニックたちをピンチに追い込む。
  • コスモ族
メタレックスによって滅ぼされたとされている植物の種族。男性は木を、女性は花をモチーフとしたデザイン。

主題歌

オープニングテーマ

「SONIC DRIVE」(第1話 - 第78話)
作詞 - 相田毅 / 作曲・編曲 - 渡部チェル / 歌 - 影山ヒロノブ&高取ヒデアキ

エンディングテーマ

「ミ・ラ・イ」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲・編曲 - 馬場一嘉 / 歌 - RUN&GUN
「光る道」(第14話 - 第39話、第53話 - 第78話)
作詞 - 田口俊 / 作曲・編曲 - 松任谷正隆 / 歌 - 廣重綾
「T.O.P」(第40話 - 第52話)
作詞・歌 - KP / 作曲・編曲 - URU

関連タグ

ソニック ソニックX

外部リンク

TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニックX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108077

コメント