ピクシブ百科事典

ナックルズ・ザ・エキドゥナ

なっくるずざえきどぅな

ナックルズ・ザ・エキドゥナとは、セガゲームスの『ソニックシリーズ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「まるでジェットコースターだぜ!」
CV:神奈延年(OVA版のみ松本保典

概要

ハリモグラを擬人化したキャラクター。
ソニックシリーズのレギュラーキャラクターの1人でソニックのライバルであり仲間(OVAでは自らを「ソニックのダチ(友達)」と称したことも)。
スピードのソニックに対してパワーキャラで、ソニックの「自由気ままな」に対して、ナックルズは「不動の」の象徴とされる。

初登場は1994年に発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』。
同作品ではDr.エッグマンに騙されてソニックとテイルスの前に敵として立ちはだかり、続編の『ソニック&ナックルズ』ではプレイヤーキャラクターとして操作することが可能になった。
海外市場では一時期、ソニックを上回る程の人気キャラクターになった事もあり、スーパー32X用ソフト『カオティクス』で初めて主役の座を獲得した。

古代の戦闘民族・ナックルズ族の最後の1人で、族名がそのまま彼の名前になっている。
普段は空に浮かぶ島・エンジェルアイランドで独りマスターエメラルド(カオスエメラルドを制御できる宝石)を護り、現時点で唯一、カオスエメラルドが暴走した時にそれを制御できる存在である。
トレジャーハンターを自称しているが、そのような描写を匂わせるのは『ソニックライダーズ』やOVA版ぐらいであり、アニメ『ソニックX』ではそのことを指摘されたこともある。

ソニックが彼を呼ぶときにそう聞こえることから 「ナッコーズ」「ナッコー」「ナッコ」「ナコ」と呼ばれることもある。なお『ソニックトゥーン』のナックルズは見た目のインパクトから別の名称で呼ばれることも(容姿変更の理由は当該項目を参照)。

プロフィール

本名ナックルズ・ザ・エキドゥナ
英名Knuckles the Echidna
通称ナックルズ
性別
年齢16歳
体重40kg
身長110cm
好きなものフルーツ・ニラ饅頭(アニメ『ソニックX』のみ)
嫌いなもの女の子・弱い人・お化け(『ソニックアドベンチャー2』など)
特技穴掘り・壁登り・滑空・パンチ


性格

良くも悪くも生真面目で融通が利かない頑固な性格。
その性格が災いして、Dr.エッグマンには度々騙されたり、方法論の違いからソニックたちと対立してしまうことがあり、煽てられると調子に乗る性格でもあるため、エッグマンやソニック、ルージュなどに良いように利用されることも少なくない。
直情型で短気な性格ではあるが、根は優しく純粋な心の持ち主であり、時折ツンデレな一面を見せることも。

女の子の扱いに苦手意識があるらしく、エミーやルージュからは「デリカシーが無い」「乙女心が分からない」などと酷評され、頭を回転させることも苦手なようで、テイルスの専門用語のオンパレードな難しい話にはついていけず、「要するに○○なんだろ?」などと勝手に端折る事もあり、それだけではなく、機械の扱いにも苦手な機械オンチ。

真面目さを強調してきたキャラクターだったが、『ソニックアドベンチャー2』からお化けに怖がったり、マスターエメラルドを自らの手でバラバラにしたり、空気を読まずに迷言してしまったりなどコミカルな面が目立つように(OVA版にもその片鱗は少なからずあった)。
しかし、『ソニッククロニクル 闇次元からの侵略者』では従来の性格が強調され、『ソニックフォース』ではその性格からレジスタンス軍の大隊長に抜擢された。

アニメ『ソニックOVA』

「お前達とは長い付き合いだからな、貸しにしといてやるさ」

トレジャーハンターとして世界を放浪する最中で、闇の大地でソニック達とブラックエッグマンの戦いに遭遇してからはソニック達と行動を共にするようになり、彼とも見事なチームワークを見せた。
マスターエメラルドの守護はどうしたとかツッコんではいけない。

この作品のナックルズは中の人の声も相まって、頼れる兄貴分のキャラクターなのでとてもかっこいい。
しかしながら、横に逃げれば良いベルトコンベアにいつまでもはまっているなど、上述の通り、この頃からコミカルなキャラクターの片鱗を見せている。

アニメ『ソニックX

「あぁ…! 好物のニラ饅頭がぁ…!」

最初はゲーム版同様の真面目を強調したキャラクターで、人間世界に飛ばされた原因はソニックにあると思い込み、後にエッグマンの策略でソニックと対決してからは誤解も解け、以降は人間世界の方でもソニック達と行動するようになった。

しかし話が進むにつれて、

  • 「ニラ饅頭!!」と大声で叫ぶ
  • 大統領達に乗せられて大会に出場し子供達にサインを描く
  • デコーボコーを追いかけていかがわしい店に入って赤面
  • ベクターらのいたずらで顔に落書きされコスモ相手の操り人形にされる

など、そのコミカルさに拍車がかかり、中の人のアドリブも多くなった。

アニメ『ソニックトゥーン

「(別世界の自分自身に対して)誰だこのマッチョ?」

本家以上にコミカルな性格であり、ヒーロー願望があるためか困った人をすぐに助けようとする、仲間思いでかなりのお人好しのムードメーカー癒し要因として描写されている。
しかし言葉や単語の意味を知らなかったり、脳筋思考のために空回りな行動をするなど、お馬鹿キャラの位置づけになっているが、アニメ日本語吹替版による中の人のコミカルな演技もあって、こちらのナックルズも別の魅力を放つキャラクターになった。

ある話では別世界のナックルズ(本家の方ではない)が登場しており、こちらはかなり真面目で賢く、悪を許さない正真正銘のヒーローだった。

詳細は「マッスルズ」を参照。

人物関係

全作品を通してソニックの仲間という立ち位置ではあるが、ソニックたちと別行動をとることが多く、基本的には一匹狼。
しかし、ソニックたちと仲が悪いわけではなく、時にはソニックと息の合ったコンビネーションを見せることも見せる。

アニメ『ソニックトゥーン』ではソニック達と一緒に遊ぶ程の関係になり、特にソニックとはお互いに悪ふざけし合う悪友のような関係として描かれている。
また、村の住人とも仲良く打ち解けていて、「ゴミバケツダンディ」として一時期有名人になった回では、彼に憧れる子供に同じゴミバケツを被らせてあげたり、積極的にメディア露出するなどのファンサービスを行っていた。

ルージュとは初登場時から対立する機会が多いが、ルージュのことを内心嫌っているわけではなく、時には彼女に好意を寄せるような描写も存在する(特に『ソニックX』では顕著)。
しかし『新ソニ』以降はそのような描写はあまり見られなくなった。

余談

海外版『ソニックアドベンチャー』において、「OH NO!」という彼の殆ど感情が込められていない棒読み発言があり、(腹筋崩壊的な意味で)海外ファンの語り草になっている。
非公式キャラクターであるウガンダナックルズにも「OH NO!」と言わせているほどで、日本で言えば「まるでジェットコースターだぜ!」に通ずるものがあり、例えとしては分かりやすいのかもしれない。

関連タグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソニック(ゲーム)

pixivに投稿された作品 pixivで「ナックルズ・ザ・エキドゥナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233349

コメント